サッカーについて、いろいろ思うこと一覧

サッカーには、平和のメッセージがよく似合う。  ソーシャルイノベーションとしてのサッカー

FIFAワールドカップ開幕直前。日本代表の初戦はコートジボワール。ドログバが祖国の内戦を止めたように、サッカーには平和のメッセージがよく似合います。ソーシャル・キャピタルの役割りを持つサッカー。ワールドカップブラジル大会も、平和に終わりますように。

青山敏弘と森重真人が、ワールドカップブラジル大会を左右する

青山敏弘は、サンフレッチェ広島のキャプテン。森重真人はFC東京の選手ですが、広島出身。2人の広島に関わる選手が、ザンビア戦でわかったように、ワールドカップの結果を左右します。 もちろん、韓国代表でサンフレッチェ広島の選手、ファン・ソッコも応援します。

サンフレッチェ広島と一緒に生きていけるのも、サッカーやFIFAワールドカップを楽しめるのも、平和だから。それを実感した青山敏弘選手の見送りシーン

青山敏弘選手の代表合宿見送りシーンから思ったこと。平和の尊さを忘れてはいけない。第二次世界大戦時、召集された青年たちを見送りシーン的なものを感じ、平和の尊さを実感した。