V・ファーレン長崎の背中のスポンサーは、ユニセフだ


【今日の一言】
クラブを応援する意義とは?

数日前、V・ファーレン長崎の今季のユニフォームのニュースが飛び込んできた。
そして、改めて、V・ファーレンが昨年J1昇格を決めたホームのラストゲームでの高田社長の挨拶が蘇った。
「やはりですね、スポーツは素晴らしいです。
この長崎という地は、原爆を落とされた、広島と長崎、これは平和について、世界で唯一語れるクラブと 皆さん思うわけでございます。
ですから、長崎の力 V・ファーレンを通して、世界に平和を伝えていく役割を、このチームに、持っていこうでは、皆さん、ありませんか」
(詳しくは、本サイトのこの記事も参照してください) 続きを読む

紫系の服を着ていこう。なければ何か紫を……今年こそ、エディオンスタジアムに行こう 2018年度版


【今日の一言】紫の血が流れているから、紫を纏う

サンフレッチェ広島の応援にエディオンスタジアムに行くときは、少しだけファッションに気をつけていただきたいことがあります。少しだけ、ですが。
思いっきり楽しむために……^_^

寒さ、暑さ対策ができるように

何しろ、エディオンスタジアムはひとつ山を超えて、そしてまた山を登ったところにあります。平地の気候とは、明らかに違います。
旧広島市内などがちょっと寒いけど、大丈夫か……と思うくらいでも、エディオンスタジアムはわかりません。1枚か2枚、寒さを凌ぐものは持っていったほうがいいかもです。
逆に暑過ぎるときもありますからね。
臨機応変に、着脱可能なファッションで。

自由に動けるファッションで

応援ですから、当然ですが、動きやすい格好がいいですよ。服もそうですが、靴。ハイヒールとかはあまりお勧めできません。
エディオンスタジアムへの交通機関は、横川からのシャトルバスか、アストラムライン、あるいは自家用車で、ということになりますが、いずれにしても、それらの交通機関を降りてから、結構上ります。その上り坂は、そこそこ長いので、足元はスポーティなのが良いと思います。
スタジアムも階段が多いし、何か、私の感覚ですが踏み外しやすいんですよ。高さが微妙に違う段があったりして。
応援時も、思わず立ち上がって……ということもありますからね。

服装は紫っぽいもの、プラス、紫系の回すもの^^;

サンフレッチェ広島のクラブカラーは紫です。
だから、基本、紫ベースのものがベターです。
応援するクラブ(チーム)のユニフォームのレプリカを着て応援するのがベストですが、いきなりそこまでする必要はありません。(この辺りはまた、別の機会に説明します)

ただ、ひとつ気をつけて置かなければならないことがあります。
当日対戦する相手のクラブカラーに近い服装はNGです。

例えば、対戦相手が浦和レッドダイヤモンズ(レッズ)の場合、クラブカラーは赤。
カープのユニ持ってるからそれを着ていこう、同じ広島だからいいだろう、ということは絶対ありません。
実際、サンフレッチェ広島のサポーター席には、当日の対戦相手のクラブカラーを身に着けていると、そのエリアには入場禁止になります。
まあ、紫を着ていけば、間違いはないですけどね。

あと、サンフレッチェ広島は、コーナーキックの時は、サポーターみんなでタオルマフラーを振り回して応援します。
また、キックオフ直前の選手入場のときも、タオルマフラーを掲げて、スタンドを紫色に染める、という応援をします。
紫色のタオルを持っている人はほとんどいないでしょうから、グッズを購入する場合、先ずは、タオルマフラーかもですね。

ということで、今年は、エディオンスタジアムで会いましょう。

ファション含めたグッズ関連の購入に関しては、次の記事で。^_^

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

開催日は、だいたい土曜日か日曜日……今年こそ、エディオンスタジアムに行こう 2018年度版


【今日の一言】
開催日の情報は早めに

サンフレッチェ広島は、J1というカテゴリーに属しています。
Jリーグは、J1 J2 J3と3つのカテゴリーに分かれ、この順番で上位のカテゴリーなのですが(このJリーグのカテゴリーの構成に関しては、近いうちに、別の記事でご紹介します)J1の開催日は、
主に、土曜日、次に日曜日。
この2つを把握しておきましょう。 続きを読む

今年こそ、エディオンスタジアムに行こう 2018年度版……サッカーが面白くないはずがない


【今日の一言】
騙されたと思って行ってみよう

広島にお住まいで、まだサンフレッチェ広島のサッカーを見たことがない方、エディオンスタジアムに行ったことがない方は、一度くらいは行っても良いんじゃないか、と思うんですよね。
サッカーの面白さは、ゲーム自体が面白いというのがまずあります。
だって世界のどの国でもトップスポーツで、これだけ多くの人が熱狂しているわけですから、実は面白くないはずがないんです。
クラブサッカーにハマると、人生が豊かになります。人によっては、アウェイまでサンフレッチェ広島を追いかけて、日本を旅するきっかけになっている方もいらっしゃいます。
落としを召された方でも、スタジアムに足を運んで熱くなっている方々も。 続きを読む

スタジアムは家なんだ。基本中の基本。それを疎かにして、お客さんは増えないよ


【今日の一言】
スタジアム問題だけに、器が試される

新社長山本氏のインタビューの中で、新しいスタジアムに関しての回答があった。
回答の主旨は「専門の人に任せる」ということだった。

私はこのことを特に取り上げて、新社長山本氏を批判する気はない。
意図して、このような発言をされたのかもしれないし、彼が本当はどういう思いと戦略でいるのかは知らないし。 続きを読む

年初の雑感。第一ポイントは、5月6月くらい


【今日の一言】
じっくり見させていただきますよ

明けましておめでとうございます。
サンフレッチェ広島に関わるみなさま、昨年はなかなか厳しい1年でしたね。何とか残留できました。
さあ、今年は上位を狙おう、とは思いたいですし、もちろん必至で応援はしますが……。 続きを読む

行く選手、来る選手。大丈夫か……と新監督と新社長のことを不安に思いながら、今年は暮れていく


【今日の一言】
来年のテーマは2つ、残留とスタジアム

今思い出しても、今年のサンフレッチェ広島はキツかった。いや、もちろん私だけじゃなくて、サンフレッチェに関わる全員がキツかったのだと思います。

序盤戦は、なかなか勝てなくて……。でも、まあ、5月頃には調子が上がってくるでしょう、と多くの人が楽観視していたのではないでしょうか。かく言う私もその一人。
でも、ある姐御は、昨年から「うんにゃ、ヤバイよ。サンフレじゃなくなってきとる。ていうか基礎がからやらんとだめじゃろ、これ」と言っていて、正にその通りになった。
夏の埼スタでのあの敗戦。あの時は、何かが終わった、と感じて、森保一監督は辞任をした。 続きを読む

レアル・マドリード対FCバルセロナ 0対3の意外な結果に でも最高 !!


【今日の一言】
今日も、世界の何処かで、素敵なサッカーが行われている

はめたつもりが、はめられていた。
結果としてはそういうことなのでしょうかね……。

前半は、レアルが支配。バルサは手も足も出ない。ポゼッションすることもムズい。こんなに苦しむバルサを見るのは初めてかもしれない。ただ、焦ってないんですよ、バルサは。どこかにゆとりがある。DAZNの解説の水沼さんも、「こんなに押されていても、サッと得点して勝つのがバルサなんだよな」的なことを言ってましたが、正にその通りでしたよね。 続きを読む

エル・クラシコの夜 世界はサッカーで回ってる


【今日の一言】
なんて素敵な、クリスマスプレゼント。エル・クラシコ

今夜は、クラシコだ。

レアル・マドリードとFCバルセロナが、
そりゃ両クラブが、世界一だと思っている(ある意味事実)クラブが、一騎打ちするんだから。

フランコ統治時代の暗い歴史もあり、それぞれが様々な遺恨を抱き、一方で尊敬もし。 続きを読む

そりゃ、信用しろっていうのが無理だって、城福監督を。複雑な思いで、今年は暮れていく……


【今日の一言】
とりあえず、今夜はクラシコだ!!

今日は天皇杯の準決勝を観ながら、来年のサンフレッチェ広島のことを考えています。

決してディスっているのではありませんが。
今の段階で城福監督を信用しろ(信頼ではなく、信用)というのが、私にとっては無理なのです。
繰り返しますが、決してディスっているわけではありませんよ。
しかし、
実績を見直しても、昨日の監督就任記者会見を聞いても、期待するところがそれほどなく、なぜ、サンフレッチェ広島の監督が城福氏なのかの論理的な説明もなく(まあ、それは別に説明しなくてもいいとは思います。フロントがサポーターに対してどのようなスタンスを取るか、という問題ですからね。ああ、そういうスタンスなんだな、と思うだけですから)。
やっぱり信用するのは、現段階では無理ですよ。 続きを読む

川辺が帰ってくる 僕らはそれを、希望と呼ぶんだよ


【今日の一言】
魂を失うな

不信感が全く拭われたわけではなく、むしろ全く解消されてはいないけど。
勝てばいいというものではないし、観客が入ればいいというものでもない。
このあたりは難しいんだけど、砂上の楼閣を作ってはいけない、ということ。脈々とつながる魂を引き継ぎ、下からしっかりと積み上げていく。それこそが、広島らしい、広島に存在するクラブの意義となり、人気の定着した、広島の文化となるクラブになれるのだ。 続きを読む

城福監督決定。そして山本拓也氏が社長候補。それでも私は、応援するしかない


【今日の一言】
魂は、どこへ

城福監督就任でショックを受けていた私に、追い打ちでサプライズニュースが飛び込んできた。アサヒビールのナイキジャパンでキャリアを積んだ山本拓也氏が社長候補である、と。
候補、というってもあとは株主会議と取締役会での承認待ち。ほぼ決定の話だ。

私は、株主ではないが、サポーターである。年パスも買うし、グッズも買う。だから、ある意味株主のようなものだと思っている。サポーターがクラブの決めたことに意見してはならない、監督や社長を批判するのはおかしい、という意見には、それこそ反対だ。
批判するのも、賛同するのも、夫々の考え方次第。発言も自由。もちろん、発言の仕方には、発言の対象に対してリスペクトを払い、細心の注意をする必要はあるけれど。
逆に、誰も批判しないようなクラブは、マジ、マズいから、ほんとに。 続きを読む