死闘必至……コンディションを超えるしかない、サンフレッチェ広島……対清水エスパルス戦


【今日の一言】
ゲームが終わった時、どうなっているのだろうか

今日のゲームは死闘以外にはないだろう。
チアゴ、鄭大世が復活してくる。
我らサンフレッチェ広島は、3日前に天皇杯で横浜マリノスと120分の死闘を演じている。レンタル移籍の航平が出場しないのは、航平は本意ではないだろうけど、まあ、ありがたい。

勝手にゲームを予測すると、チアゴと鄭大世がハマってしまうと結構ヤバい。
サンフレッチェ広島が勝つとしたら、死闘は必至だろう。
それだけ水曜日の激戦からリカバリーは大変だろうな。
続きを読む

悔しいが、切り替えよう。清水戦勝利へ

【今日の一言】
残留へ集中

ウーゴ・ヴィエイラに3発。押しまくった前半。疑惑のPK……。
悔しさは一杯だ。勝てたゲームといえばそうだ。
でも、終わってしまった。
120分戦いきった敗戦。
やっぱり悔しい。 続きを読む

カープ優勝おめでとう。そしてプロスポーツによる、地域の活性化のことを思う


【今日の一言】
ディスるのはやめよう

カープがセリーグを連覇した。おめでとうございます。広島の街はそうとう盛り上がってるとのこと。
毎年ではないけど、不定期に街を訪れる歓喜。その街に暮らすもの、関わるものにとっては、生き甲斐にも通じる幸福な時間ですね。
その歓喜を広島で初めて経験した、今シーズンからサンフレッチェ広島でプレイをしている工藤壮人は、ツイッターで

「カープ優勝おめでとうございます!
どこもかしこも真っ赤に染まっています🎈笑
想像以上の盛り上がり!
町をあげて誇れるものがあるってこういうことなんだなー。本当に凄い。」

と発信しています。
その盛り上がりにびっくりしたのでしょう^_^
やっぱり、プロ野球も、街の活性化につながって行きますよね。 続きを読む

中国地方からJ1の灯を消すな……対セレッソ戦に11,726人


【今日の一言】
今はとにかく、みんなで、盛り上げよう

前節のセレッソ戦、エディオンスタジアムの入場者数は10,000人を切るのではないか。
正直覚悟していたところがあります。
勝てなくなってから観客動員数は減少傾向にあり、さらにこの日は、ズムスタで広島東洋カープのリーグ優勝の可能性があり、台風も近づいてきて……10,000人割れの可能性は、実際にあったと思うのです。
でも、何とか11,726人。私は都合で行けなかったんだけど、正直、嬉しかった。 続きを読む

間に合ったか? フェリペ・シウバ 9月16日対セレッソ大阪戦


【今日の一言】
掛本さん、もっとインタビュー勉強しよう

そこにいたのは、まるで新しい外国人。鋭く、疾く、長いパスをパトリックに通す。パトリックはキープ。そこに再び彼は顔を出す。キーパーの動きと重心の移動を見切って、逆を取ってパトリックからのパスを合わせてゴール。
彼の名は、フェリペ・シウバ。
うまい。そしてシンプル。
得点が入る時はそういうものだなあ。
70分から80分は、広島の、フェリペ・シウバの時間帯だった。 続きを読む

カープ優勝とセレッソ戦と台風と


【今日のひと言】
私の心は、どんより

明日、カープがリーグ戦の優勝をする可能性が高い。連覇。素晴らしい。まあ、いろいろあるけど、強いから愛される、ではなく、愛されるから強くなったチームですね。
多くの広島県の関係者が喜ぶことでしょう。

一方で、私たちのサンフレッチェ広島は、明日、ホームのエディオンスタジアムに上位のセレッソ大阪を迎え撃つ。
なかなか厳しい戦いです。カープのこともあり、スタジアムは何人入るのか、心配です。おまけに台風もやってきそうですし。 続きを読む

既に各クラブのパトリック対策は終わってるはず。さあ、どうする?


【今日の一言】
常に、全てのクラブが毎日進化しているのだよ

パトリックは凄い。しかし、一人だけ凄くても、Jリーグで勝ち続けることはできない。
今夜の、対ベガルタ仙台戦を見てそう思った。

前半は、広島の35分くらいまでは広島のペース。ボールを保持して相手のバイタルまで攻め込んでいた。
でも、点が入る気がした? 続きを読む

工藤壮人の覚醒を待つ……やっぱり工藤がエースでなくちゃ


【今日の一言】
攻撃のチームに戻ろう

久々の勝利となった先日のジュビロ磐田戦。
リーグ戦で、優勝がかかったゲームでもないのにあんなに喜んだことはあったかなぁ。
ヤン・ヨンソン監督になっての初めての勝利。
もちろん、まだまだ安心はできませんが……。

パトリックは凄い

あんなに凄かったんだなぁ、というのがパトリックの印象。強烈でしたね。思えばよく、ガンバ大阪と戦っていたなぁ、と。
もちろん、数年前のナビスコカップの決勝が典型だけどこっぴどくやられたときもあったけど。
味方でよかった、と改めて思う。 続きを読む

パトリック! パトリック! パトリック!  ヤマハスタジアムに寿人の幻を見た


【今日の一言】
さあ、工藤だよ、工藤。キーマンは工藤だ

凄い。
まさに、救世主降臨。パトリック。
これほど敵にすると怖く、味方にするとありがたい選手はいないのではないでしょうか。

6連勝中のジュビロ磐田に、先制勝ち越しを許しながらも、1点ずつ追いついて、最後は勝ち越し逆転。こんな気持ちのいいゲームはないですね。まあ、やっと3勝目ですが。これからですよ。一戦必勝。

それにしても、パトリック、ここまで凄いとは。いや、もちろん凄いとは思っていましたが、昨夜のパフォーマンを見る限り、Jリーグトップクラス。ということはワールドクラスということですね。
2アシスト1ゴール。全てのゴールはパトリック、ということなのですから。 続きを読む

ビバ 小柳ルミ子


【今日の一言】
いろいろあるかもしれないけど、いいと思う

一昨日2017/07/15の浦和レッズ対ドルトムント(Jリーグワールドチャレンジ)は、面白かったですね。もちろん、ドルトムントはコンディションはそんなにいいわけじゃなくて、特に守備に関しては、全く足が動いていないシーンや普段ではありえないミスも結構見られて、まあ、シーズンオフのゲームであるややネガティブな印象は否めなかったけど、
ゲーム自体はとにかく面白かったですね。

最初、浦和レッズが先制すという、海外のビッグクラブがこういうゲームを行う時にありがちな展開でしたが、モルはは凄かったですね。
浦和レッズのここんところのディフェンスの調子の悪さを差し引いても、あの2点は見ることができてよかったなあ、というゴールでしたね。
それぞれのゴールとも、槙野選手を置き去りにしたところの上手さとスピードも異次元だったけど、私的に一番スゲー、と感じたのは、フィニッシュ。 続きを読む

ヤン・ヨンソン監督と、共に戦おう


【今日の一言】
出会い、別れ、出会い

サンフレッチェ広島の新しい戦いが始まりますね。
新しい旅立ちは、別れと出会いを伴います。寂しくもあり、期待もあり。
しかし、今のサンフレッチェ広島のポジションを考えると、この旅立ちは厳しいものになることはもう分かっているのです。よっぽどの覚悟が必要です。それは、新しくサンフレッチェ広島を導くヤン・ヨンソン監督始め、全ての人に。

続きを読む

横浜F・マリノスサポのブーイングで確信した サポーターは12番目の選手として行動すればいいんだ


【今日の一言】
12番目の選手ということ

ゲーム終了のホイッスルが鳴った直後。F・マリノスサポーターからブーイングが起こった。
正直、おいおい、どういうことだよと感じてしまった。
確かに、今シーズンのサンフレッチェ広島は低空飛行が続いている。
確かにF・マリノスは80分あたりで齋藤学のいいパスから先制点を奪った。
あとはクロージングだけ。
ところがその10分後、サンフレッチェ広島の逆襲にあい同点にされてしまった。
勝利寸前からの、同点。そりゃ、マリサポからすれば面白くないだろう。
でも、ブーイングはないだろう。
ゲーム内容を見れば、一進一退。どちらもいいチャンスを作っていた。1対1はフェアスコアだろうよ。
「弱くて低迷するサンフレッチェ広島相手なんだから勝てよ」って、そりゃいくら何でもサンフレッチェ広島を舐めてるだろう、と思ったのだ。
(実際には、審判に対するブーイングであったというのが正解のようです)

で、ゲーム明けの昨日のことだ。
ふと頭に浮かんだことがある。
それが事実かどうかは別として。
横浜F・マリノスは、サンフレッチェ広島と引き分けるまでは、5連勝中だった。結果だけを見れば絶好調。
そしてこの夜は、6連勝が目の前でスルリと逃げた。

もしかして、F・マリノスサポは、戒めのブーイングを発したのではないだろうか?
いや、事実はわからないけど、もしそうだとしたら凄いなあ、と思ったのです。

私は、今期も既に何度もサンフレッチェ広島のホームゲームに足を運んでる。まだ勝利はないのはご存知の通り。
ゲーム終了後、サンフレッチェ広島のサポは2つに分かれる。ブーイングするサポと声援を送るサポと。
私は後者だ。
声援とブーイングに関しては、持論がある。
調子を落としている、落ち込んでいる対象には、ブーイングは絶対にしない。だってもう落ち込んでいるんだから、そこをさらに追求しても萎縮したり壊れたりするだけだと思うから。学術的な研究においてもそういう結果は既に得られている。
一方、ブーイングをする時は、調子に乗っている時。調子に乗りすぎて、ややいい気に成りかけている時。ラーメンのびっくり水のようなもの?

で、横浜F・マリノスのサポーターのこと。5連勝中。6連勝は目の前。相手は調子のの悪いサンフレッチェ広島……そこにF・マリノスの選手たちに油断は無かったか? そういう意味のマリサポのブーイングだったら……ね、凄いですよね。

12番目の戦士として

ほぼマンドリルさんという方が、twitterで発信されていたことがいんしょうにのこっています。
「サポーターは12番目の選手なんだから、選手たちにブーイングはないだろう。それって自分に自分がブーイングしているのと一緒だ」
そうですよね。サポーターは12番目の選手なんだから、どうすれば選手たちが一番励まされるか、力をもらうことができるかを考えて行動するべきでしょう。

だらしのない、やる気のないプレーをするような選手は論外ですが(そんな選手はサンフレッチェ広島始め、どのクラブにもいないと思いますが)
調子のいい時の、戒めのブーイングはあり。
落ちている時の、ブーイングはなし。

北風と太陽のようにね。

あ、北風と太陽の話は、北風がちょっと悪者扱いですが、調子にに乗って、ちょっと危ないな、という時には、北風が活躍するはずですよ。


◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村