ビバ 小柳ルミ子


【今日の一言】
いろいろあるかもしれないけど、いいと思う

一昨日2017/07/15の浦和レッズ対ドルトムント(Jリーグワールドチャレンジ)は、面白かったですね。もちろん、ドルトムントはコンディションはそんなにいいわけじゃなくて、特に守備に関しては、全く足が動いていないシーンや普段ではありえないミスも結構見られて、まあ、シーズンオフのゲームであるややネガティブな印象は否めなかったけど、
ゲーム自体はとにかく面白かったですね。

最初、浦和レッズが先制すという、海外のビッグクラブがこういうゲームを行う時にありがちな展開でしたが、モルはは凄かったですね。
浦和レッズのここんところのディフェンスの調子の悪さを差し引いても、あの2点は見ることができてよかったなあ、というゴールでしたね。
それぞれのゴールとも、槙野選手を置き去りにしたところの上手さとスピードも異次元だったけど、私的に一番スゲー、と感じたのは、フィニッシュ。 続きを読む

ヤン・ヨンソン監督と、共に戦おう


【今日の一言】
出会い、別れ、出会い

サンフレッチェ広島の新しい戦いが始まりますね。
新しい旅立ちは、別れと出会いを伴います。寂しくもあり、期待もあり。
しかし、今のサンフレッチェ広島のポジションを考えると、この旅立ちは厳しいものになることはもう分かっているのです。よっぽどの覚悟が必要です。それは、新しくサンフレッチェ広島を導くヤン・ヨンソン監督始め、全ての人に。

続きを読む

横浜F・マリノスサポのブーイングで確信した サポーターは12番目の選手として行動すればいいんだ


【今日の一言】
12番目の選手ということ

ゲーム終了のホイッスルが鳴った直後。F・マリノスサポーターからブーイングが起こった。
正直、おいおい、どういうことだよと感じてしまった。
確かに、今シーズンのサンフレッチェ広島は低空飛行が続いている。
確かにF・マリノスは80分あたりで齋藤学のいいパスから先制点を奪った。
あとはクロージングだけ。
ところがその10分後、サンフレッチェ広島の逆襲にあい同点にされてしまった。
勝利寸前からの、同点。そりゃ、マリサポからすれば面白くないだろう。
でも、ブーイングはないだろう。
ゲーム内容を見れば、一進一退。どちらもいいチャンスを作っていた。1対1はフェアスコアだろうよ。
「弱くて低迷するサンフレッチェ広島相手なんだから勝てよ」って、そりゃいくら何でもサンフレッチェ広島を舐めてるだろう、と思ったのだ。
(実際には、審判に対するブーイングであったというのが正解のようです)

で、ゲーム明けの昨日のことだ。
ふと頭に浮かんだことがある。
それが事実かどうかは別として。
横浜F・マリノスは、サンフレッチェ広島と引き分けるまでは、5連勝中だった。結果だけを見れば絶好調。
そしてこの夜は、6連勝が目の前でスルリと逃げた。

もしかして、F・マリノスサポは、戒めのブーイングを発したのではないだろうか?
いや、事実はわからないけど、もしそうだとしたら凄いなあ、と思ったのです。

私は、今期も既に何度もサンフレッチェ広島のホームゲームに足を運んでる。まだ勝利はないのはご存知の通り。
ゲーム終了後、サンフレッチェ広島のサポは2つに分かれる。ブーイングするサポと声援を送るサポと。
私は後者だ。
声援とブーイングに関しては、持論がある。
調子を落としている、落ち込んでいる対象には、ブーイングは絶対にしない。だってもう落ち込んでいるんだから、そこをさらに追求しても萎縮したり壊れたりするだけだと思うから。学術的な研究においてもそういう結果は既に得られている。
一方、ブーイングをする時は、調子に乗っている時。調子に乗りすぎて、ややいい気に成りかけている時。ラーメンのびっくり水のようなもの?

で、横浜F・マリノスのサポーターのこと。5連勝中。6連勝は目の前。相手は調子のの悪いサンフレッチェ広島……そこにF・マリノスの選手たちに油断は無かったか? そういう意味のマリサポのブーイングだったら……ね、凄いですよね。

12番目の戦士として

ほぼマンドリルさんという方が、twitterで発信されていたことがいんしょうにのこっています。
「サポーターは12番目の選手なんだから、選手たちにブーイングはないだろう。それって自分に自分がブーイングしているのと一緒だ」
そうですよね。サポーターは12番目の選手なんだから、どうすれば選手たちが一番励まされるか、力をもらうことができるかを考えて行動するべきでしょう。

だらしのない、やる気のないプレーをするような選手は論外ですが(そんな選手はサンフレッチェ広島始め、どのクラブにもいないと思いますが)
調子のいい時の、戒めのブーイングはあり。
落ちている時の、ブーイングはなし。

北風と太陽のようにね。

あ、北風と太陽の話は、北風がちょっと悪者扱いですが、調子にに乗って、ちょっと危ないな、という時には、北風が活躍するはずですよ。


◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

対横浜F・マリノスに、1対1のドロー ゲームはスペクタクル


【今日の一言】
これを続ける覚悟はあるか。

後半戦第1戦。
森保監督のいない最初のゲーム。
サンフレッチェ広島の2017年シーズンを大きく左右する戦いだった。
それは紫の戦士もサポーターも十分に理解をしていましたよね。

結果は1対1の勝ち点1。
これをどう考えるか。 続きを読む

横浜へ。今日から始まるギリギリの戦い だから紫の熱い声援で戦おう


【今日の一言】
横浜の夜に、紫の熱い風を森保監督 退任

森保監督は辞任した。(だから森保元監督と呼ぶ方が正解ですね)
そのタイミングは、2017年シーズンの前半戦が終わった直後だった。
いろいろな意見や気持ちをみんなは抱いているかもしれないけど、私は感謝しかない。何しろ、3度も優勝の美酒に酔わせてくれたのだから。

でも、森保時代は2017年の前半戦で終わった。
そして今日、後半戦が始まる。降格圏から。 続きを読む

森保監督 退任 広島にショック


【今日の一言】
感謝!!!

森保監督の退任がクラブから発表されました。
栄冠を手にしたことが無かったクラブを率いて、一気に3度の優勝。
サンフレッチェ広島史だけではな、日本のサッカー史に残る偉業。

しかし今季は開幕してから全く調子が上がらない。正直、開幕前の情報から考えたら、優勝もあり得ると思っていました。
現実は、残留争い。しかも、かなりの確率で(あくまでも確率ですが)残留は難しい。

そして、先日のリーグ前半戦のラストマッチ、因縁の浦和レッズと点の取り合いの末、敗れた。おそらく、あくまでもおそらくですが、それが引き金になったのではないでしょうか。 続きを読む

賞味期限が終わった。サンフレッチェ広島のサッカー  浦和に4対3の逆転負け 昨夜はキツかったなー


【今日の一言】
それでもサンフレッチェ広島を応援するよ、もっともっとね

負けた。絶望。脱力。
昨夜は辛かった。一時は2対0のビハインドを跳ね返し、2対3で勝ち点3が見えていたが……。
あそこまで戦って、さらに逆転を食らってしまうのが、今のサンフレッチェ広島なんですよね。あの強かで粘り強くインテリジェンス溢れる戦い方をしていたサンフレッチェ広島はもういないのです。0から作りげないと。 続きを読む

大宮戦に大敗 0対3 うーん


【今日の一言】
なんとも言えん

相変わらず、サンフレッチェ広島の不振が続く。点が取れない。
点が取れる気配がない。そこそこパスは繋がるんだけど、やっぱりいつものようにゴールが決まらない。
監督の采配にも不信が募る。先発メンバーにも疑問は残る。

負けるべくして負けた、前節の大宮戦
先週の日曜日、エディオンスタジアムに降格を争う大宮を迎えた。
勝ちたい。ホーム初勝利もかかってる。
しかし結果はみんな知ってる通り、0対3。
うーん、なんとも言えないゲームだった。
確かに攻めてはいた。パスも大宮のバイタルエリアでよく繋がっていたように思う。
しかし、シュートがことごとく外れる。フリーのチャンスも。キーパー正面か、マウスの外。


続きを読む

敗戦の向こうに微かな光を見た 川崎フロンターレ 対 サンフレッチェ広島


【今日の一言】
飢えてます。ゴールに

コテンパンにやられるだろうな、と思ってました。
相手は、川崎フロンターレです。
しかし紫の戦士たちは、しっかり戦っていました。
ただ、点を取られ、点を取れなかった。その結果は勝ち点0。
光は微かに見えたけど、そこにたどり着くには、まだ遠いと思いました。
残留に間に合うか……。 続きを読む

ありがとう、塩谷司。活躍を祈る、マジで


【今日の一言】
世界三大紫は、フィオレンティーナ、アルアイン、そしてサンフレッチェ広島

報知新聞が第一報を流した時から、これは怪しい、とは思ってた。
そして吉田でのトレマに参加していないという情報を得た時は、覚悟したよ。
おそらく、結構前からオファーは来ていたんだろうな。
ただ、私は、塩谷が行くと決めたら行ってこい、と思う。そしてサンフレッチェ広島の最終ラインとして君臨した戦士として、アルアインで今以上の結果を出して欲しいと思う。
いや、絶対出せよ、結果。去年から今年にかけての塩谷司では、許さないからな。 続きを読む

塩谷司 やりたいようにやってくれ


【今日の一言】
もちろん、残って欲しいけど

塩谷司に、UAEのアルアインから獲得のオファーがきたことは、もうみんな知っていますよね。
正直、なんで? という感想が強い。のですが、選手としては、これは嬉しいでしょうね。
私も、一介のサラリーマンですが、たまにヘッドハンティングの電話がかかってきますが、嬉しいもんね。(^_^;) なんかニコニコしちゃうもんね。
私のことは置いておいて、そりゃ、獲得のおオファーが来るのは、嬉しいっすよね。しかもまだサンフレッチェ広島との契約が残っているのに。違約金払います、そこまで評価しています、ということですからね。

続きを読む

紫の戦士は、どこに行ったのか? 鹿島にホームで1対3 この2週間の休みはラストチャンス


【今日の一言】
戦い方はまだまだ、だけど、応援するよ

先日のエディスタでの鹿島戦。
あの前半は、一体どうしてしまったんだろう。
サンフレッチェ広島のヴァイタルエリアに於いて、鹿島の選手がいい感じでフリーになっていました。サンフレッチェ広島の選手は、誰もマークに行けてない。私が言うまでもないですが、全く守れてなかった。あれじゃ、鹿島でなくても、簡単に得点されてしまいますよね……。セレッソ大阪戦でコテンパンにやられた時のように。
DAZNで参戦していた私は、情けなくて涙が出てしまった。いや、決して選手たちをディスっているわけではないのです。
なぜ、こうなってしまったのか……考えてしまったのです。 続きを読む