2014年07月一覧

NO IMAGE

ACL(2015年度)の日本出場枠削減。しかも2月に予選が……最悪だ

ACLの日本の出場枠4つが2・5に減らされるという。一部では罰ゲームとも言われているACLですが、いずれにしても日本サッカー協会が、前全力がない、ということがよくわかる事件ですん。これを気に、協会は、Jリーグ含めて、何を大事にしていくのか、原理原則から考えて欲しい。ムリだろうな、協会には。

NO IMAGE

拝啓 松井一實広島市長様、キックインセレモニー、やらなくて結構です。遅刻して頂いても構いませんので、ゲーム終了5分前にビーッグアーチに来ていただけませんか。

松井広島市長は、ビッグアーチでのサンフレッチェ広島のゲームに招かれても、必ず試合終了前に帰ってしまう。それでは、試合終了後の道路の渋滞やアストラムラインの酷さがわからないでしょう。来るなら試合終了5分前に来るべき。帰り道の酷さを実感すべき。

カシッチが絶好調で迎える、古巣のヴァンフォーレ甲府戦。サイドを支配して、勝ち点3をゲットしろ!

トッキュウジャーのトッキュウ1号が来る、フィギュアスケートの町田樹選手が来る。でも、今日の一番の見ものは、サンフレ劇場のカシッチ。でも、サンフレ劇場を見るには、勝たなければ……。広島の夏に、サンフレッチェ広島の勝利で、歓喜の花火を打合せましょう。

青山敏弘キャプテン、先ずはしっかり療養を……あなたの笑顔を待っとるけえね!

サンフレッチェ広島の本年度のスケジュールは異常。選手を人間ではなく機械だと思ってスケジュールを詰め込んでいる。青山敏弘選手はその煽りを食らった。しっかり療養して欲しい。そしてサッカー界は、儲け主義ではなく、面白いサッカーを提供するためにはどうすればいいか、ということを真剣に考えて欲しい。

NO IMAGE

さあ、進化し始めた、サンフレッチェ広島  対柏戦 5対2で勝利。 エディオンスタジアムに、明るく楽しいサッカーが舞い降りた

ワールドカップ明けの2ゲーム、結果が芳しくなかったサンフレッチェ広島。柏戦では、守る、より攻める気持ちで、大きな勝利を掴みました。寿人、洋次郎、カシッチ、皆川、そして浩司。直樹はしっかりアシスト。新しいサンフレッチェが、再スタートです。

NO IMAGE

サンフレッチェ広島は、私にとって、大切な、大切な宝物なんだ。確かに不甲斐ない2敗だけど、それがどうした。……あの日の、佐藤寿人選手の叫びに思う

不甲斐ない連敗をしたサンフレッチェ広島。でも、それもサンフレッチェ広島なんだ。あの人佐藤寿人選手の叫びを思い出せば、なんてことはない。まだまだ続くサンフレッチェ広島、そしてJリーグ。もっともっと応援していこう。