いつか、かのスタジアムへ、かの地へ。……Jリーグツーリズムの可能性

昨日、Jリーグに関わりのあるチームがない都道府県は、宮崎県だけ、というお話をしました。(記事はこちらです)
ということは、その他の全ての都道府県には、Jリーグに関わるチームがあるのです。

アウェイの思い出

一昨年のこと。私は、中学一年生になった息子連れて、川崎フロンターレ戦を見に行った。息子がフロンターレのファンなので、ホームのフロンターレの席で観戦したのだが、サンフレッチェ広島のホームスタジアム=エディオンスタジアムとは、また、雰囲気が全く違い、それはまた、素晴らしい体験だった。
選手紹介の時の、寿人に対するブーイングなども新鮮で、それで改めて「寿人はスーパースターなんだなぁ」と実感もした。
ゲームは、フロンターレが風間監督になって日が浅かったということもあり、また、いつものように、寿人の風のような動きからのゴールもあり、サンフレッチェ広島が快勝したが。

フロンターレの本拠地である等々力競技場は、ホームゲームがあるときは、その周囲ご、お祭り騒ぎになる。
近隣の美味しそうな名物の屋台が立ち並ぶ。多くのフロンターレのレプリカを着たサポと、人数的には少ないけど、気持ちでは負けていない紫のレプリカを着たサポが、ビールを飲んだりして、思い思いに、これからの、熱い戦いの前哨戦を繰り広げている。
僕は、息子と一緒にケバブなどを楽しんだ。

さらにその前の年は、夏の盛りに日本平を訪れている。息子は小学校6年生て、所属していたクラブチームの引率で、エスパルス対アルディージャ戦を見た。
まだ、明るい夏の夕刻、高台にある日本平を目指してオレンジ色の人々が集う。まるで、合戦が始まるかのように。

今シーズンは、まだ、訪れたことのない、かの地へ

サンフレッチェ広島のゲームには、全て参戦したいけど、いろんな事情で無理なので、先ずは、ホームゲーム。次に関東近辺。そして、宿泊付きのアウェイの旅を一回は、実行しようと思っています。
まだ行ったことのない県に行こうかな、と思っているので、徳島ですね。
今年は、徳島に行こう。
経済的にゆとりがあれば、少しいい旅館に泊まろうか。それともホテルにして、徳島の街に繰り出すか……。徳島の美味しい肴で、地酒を……。

Jリーグツーリズムの可能性

好きなチームができると、ホームゲームに何度か行くようになりますよね。
で、次には、アウェイ。
昨日、Jリーグは地域活性のインフラ、ということを書かせていただきましたが、Jリーグのファンが、さらに増えると、このポテンシャルも高くなります。
有名な観光地ほ、それは旅するところとして素晴らしいのですが、一般的に、観光の目玉がない、と思われている土地でも、旅人にとっては、素晴らしい、他には無い場所。
旅する場所を選ぶきっかけが、自分の大好きなクラブチームの遠征先、というのもいいものだと思うのです。その土地には、地元の人は気づいていないかもしれないけど、その土地ならではの趣は、必ずあり、旅人にとっては、それを体験することが何よりの歓びですから。(もちろん、贔屓のチームが勝つことも、大きな歓びですよw)
もしかしたら、Jリーグのチームを好きになっていなかったら、一生行くことのなかったところかもしれないのですから。

まだ見ぬ土地、かつての恋人が住んでいた街、青春の時を過ごした場所、観光で何度か訪れたことがあるところ……。
さあ、一生のうちに、僕は、どれだけの場所を、サンフレッチェ広島とともに、訪れることができるのでしょうか。

ここから、僕の思いは、Jリーグ・テロワール、という概念に進んでいくのですが、それはまた、いずれ。

長文、読んでいただき、感謝いたします。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村