ビバ 小柳ルミ子


【今日の一言】
いろいろあるかもしれないけど、いいと思う

一昨日2017/07/15の浦和レッズ対ドルトムント(Jリーグワールドチャレンジ)は、面白かったですね。もちろん、ドルトムントはコンディションはそんなにいいわけじゃなくて、特に守備に関しては、全く足が動いていないシーンや普段ではありえないミスも結構見られて、まあ、シーズンオフのゲームであるややネガティブな印象は否めなかったけど、
ゲーム自体はとにかく面白かったですね。

最初、浦和レッズが先制すという、海外のビッグクラブがこういうゲームを行う時にありがちな展開でしたが、モルはは凄かったですね。
浦和レッズのここんところのディフェンスの調子の悪さを差し引いても、あの2点は見ることができてよかったなあ、というゴールでしたね。
それぞれのゴールとも、槙野選手を置き去りにしたところの上手さとスピードも異次元だったけど、私的に一番スゲー、と感じたのは、フィニッシュ。

2点とも、あまり角度なかったですよね。1点目は西川選手が伸ばした右脚をさらっとかわし、2点目は西川の右肩の上に蹴り込んで。
キーパーが難しがるとこに、角度のないところから、軽々と。
何気なく見えたけど、簡単そうに見えたかけど(見えてないか)、あれをヒョイっと決めるところがとにかく凄い。
ドルトムント逆転の後、ミスも助けて浦和は同点に追いつくけど、結局はドルトムントの勝利。シーズンオフの雑なところは割り引いても、埼スタに行った人はよかったですね。

そして、小柳ルミ子

テレビでご覧になった方は、結構多くの方が副音声を楽しんだのではないでしょうか。
小柳ルミ子。サッカーの解説界?に異彩を放つ、スーパースターの誕生です。
良かったと思いますよ、やっぱり。
熱狂的なファンの目でトークしていく、というのは、きっと面白いはずです。普段サッカーを見ない人にも興味を持ってもらえるんじゃないですかね。
とにかく年間2000ゲーム以上見ているということで、かなり目が肥えているはず。マラソンで言えば増田明美のような名解説になれる香りがします。(いや、全然違うのは承知しているのですが……)

昨日のような、リーグ戦ではない、しかしインパクトのあるゲームでは、彼女のような、本当にサッカー好きなセレブリティをゲストに迎えて大いに喋ってもらう、というのは、ありだと思います。
クラブ・ワールドカップで明石家さんまや手越祐也が登場するのを嫌う人もいらっしゃいますが、昨日のようなゲームは絶対にあり、ですよね。
むしろありがたい、というか。

改めて言わせていただきます。ビバ、小柳ルミ子。これからも日本のサッカーの人気を高めるために、怪気炎を上げ続けてください。


◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村