カテゴリー別アーカイブ: 旧広島市民球場跡に複合型スタジアムを!

広島市

もっと相手の意見を聞こうよ、しっかり意見を言おうよ。議論しようよ、サンフレッチェ広島の複合スタジアム問題、

市民が市政に参加する、1つのケースにならないだろうか。

サンフレッチェ広島がホームスタジアムとする複合型スタジアム問題。

何が言いたいかというと、とにかく、議論が無いのが嫌なんです。

自民党と官僚が作り上げた、有識者会議方式。

つまり、落とし所はもう決めていて、有識者会議という、世間には、「広く意見を聞きました」というアリバイだけ作って政治を進めていくやり方。

スタジアム問題も、全く同じ。

一応、コンサルの会社を公募して、コストパフォーマンスをしっかり計算しました。
スタジアム委員会も開きました。
色んな意見を総合して、宇品にしました。

そんな感じでしょうか。 続きを読む

平和記念公園

サンフレッチェ広島も、こやのんも勝ち点取れず。辛い日曜日

辛い日になった。

少なくとも、私にとってはそうだったし、多くのサンフレッチェ広島ファン・サポにとってもそうだったと思う。

しかし私たちにとっては辛い日でも、一方では、ざまあみろ、と思っている人達もいるんだよ。

今の段階で、複合型サッカースタジアムは、100%宇品にできる。
(あくまで今の段階だけど)
だいたい、サッカースタジアムなんていらないよ、とか、サンフレッチェ広島なんて、うざいだけだよ、とか、サッカーファンゲームの帰りには買い物なんかしない、とか、いろいろ思われているのも事実だから。

政治や行政は、話題にするのが難しい。

誰かと喧嘩をしようと思うなら、政治の話をすればいい、といったイギリスかどっかの格言があるくらいなんだから。

この数週間、Facebookを見ても、結構許せない投稿もあった。
そいつらは間違いなく、ざまあみろ、と思っているのだと思うと、マジ、ムカつく。

けど。

私たちは、決して諦めない。 続きを読む

小谷野薫

サンフレッチェ広島の真の戦略家は……「こやのん」。その戦略と実行力を、次は何に活かせるのか? 問われるのは広島市民の意識

先週の土曜日、悔しい思いをした神戸戦。前半から、後半みたいに攻めろよ、そうれならカウンターの1点くらい何でもないって、って、今日は、ゲームの事じゃなく、特筆すべきは……

もう、雨がふることは確約されていた土曜日。お昼ではなくナイトゲーム。(なんでこの時期ナイト・ゲームするんだろう???)

それで1万1千人以上入ったエディオンスタジアム。

これを多いと見るか、少ないと見るか……。

私は、結構入ったなあ、と正直思った。

今は、コンスタントに1万人から2万人。

エディオンスタジアムの場所を考えたら、入るほうだと思います。
マジで。
このサイトでも何度か書きましたが、
親子三代のカープ女子=とにかくカープ大ファンが、
ズームズーズスタたジアムが、今のエディスたの場所にあったら
「絶対に行かない」
と断言しているほどの場所ですから。

で、思えば。

数年前までは、1万人もなかなか入らず、累積赤字がたまり、
言ってみれば「潰れる寸前」だったサンフレッチェ広島。

これを立て直したのは、
そしてコンスタントに1万人以上入るようにしたのは

誰あろう、
「こやのん」こと、小谷野薫 前社長だったわけです。 続きを読む

旧広島市民球場跡地

なぜ広島市は密室で複合型サッカースタジアムの場所を決めようとするのか?

私は、何が何でもたち=サンフレッチェ広島のホームスタジアムになる複合型サッカースタジアムを、旧広島市民球場跡地に作れ、と主張しているわけではありません。

もちろん、そうなると嬉しですが。

私が主張しているのは、
もっと情報をオープンにして、しっかり議論をしてほい。
ということです。

公正なリサーチを行い、アナライズし、広島市民のための、ベストな方向に進んで欲しい。

旧広島市民球場跡地の活用法は、当然のことながら、広島市民の関心ごとですし、何より、その活用法は、今後100年の広島市の経済に大きく影響を及ぼすでしょう。

だから、松井広島市長(現)、広島市、経済界の皆さん、正々堂々と、市民にオープンな形で議論して欲しいのです。
続きを読む

広島市

サンフレッチェは、果たして飼い殺されるのか……Jリーグ、サッカーのポテンシャルを活かせ

サンフレッチェ広島 対 浦和レッズ (3月22日) は、0対0で引分け。勝点1を分けあった。

昨日も速報らで書いたけど、勝てたゲーム。
あとは、若手のブレイクだけ。

そして、このゲームにおいで、私は2つの可能性を感じました。

それは、サンフレッチェ広島の、さらなる進化の可能性。
もうひとつは、サンフレッチェ広島の、というか、Jリーグを活かした広島市の街づくりの可能性です。

前者は、とにかく若手のブレイク、そして一人ひとりのゲームの中でのプレイのクオリティを上げていく、ということだけど、

今日、少し話したいのは、後者の話。
続きを読む

広島市

旅人の視線で広島市を考える。サンフレッチェ広島のスタジアム問題も、このままでいいのだろうか?

チームラボの猪子寿之さんは、数年前のNHKの「ニッポンのジレンマ」で、いや、朝まで生テレビだっただろうか……、まあ、とにかくそういった系の番組で「会社に勤めなくて本当に良かった」と言っていた。

彼は、東京大学を卒業と同時に、チームラボという本人が所属する会社を設立。ずっとそこに勤めているわけだけだけど、

その番組の司会者が、猪子さんに「社会に、つまり一般的な会社に就職して、数年社会を勉強して、それから自分の会社を立ち上げげても良かったんじゃないか?」という質問をした。

その質問に対して、猪子さんは、次のようにキッパリと答えた。
続きを読む

原爆ドーム

広島市民に先見の明はあるか?広島の大きな資産になる。サンフレッチェ広島と複合型スタジアム。

麻布十番は、今でこそ地下鉄の駅があるが、私が若い頃は、日比谷線が一番近い地下鉄だったように記憶しているが、その軌道を見ると、まるで、麻布十番を避けるように、銀座方面から行けば、神谷町を過ぎたら急激に右折し、六本木、広尾、そして恵比寿へと向かっている。

私の記憶が正しければ、元々は、神谷町から麻布十番を通って広尾に抜けるはずだったのだが、麻布十番がそれを拒否した。
だから、日比谷線は麻布十番を避けて六本木を通ることになった。
なぜ、拒否をしたのかは、その理由までは、私は知らないのですが。

麻布十番は、独自のポジションを得ていて、今でも、庶民的な香りがする素敵な場所になっているのでいいとは思うのですが。

私の故郷である広島県廿日市市地御前でも、これと同じようなことがあった。(と聞く)

JR山陽本線。
今でこそ、
広島⇒横川⇒西広島⇒新井口⇒五日市⇒廿日市⇒宮内串戸⇒阿品⇒宮島口……と続いていくが、かつては
広島⇒横川⇒西広島⇒五日市⇒廿日市⇒宮島口
という駅しかなった。
そして、廿日市と宮島口の間が、結構長かった。
普通考えれば、距離的に、廿日市の宮島口の間に、もうひと駅くらいあっていいはずなのに。

これも、地御前の住民が、拒否したかからと聞く。

かつては、港町として栄えた地御前も、今は、一部の牡蠣業者が栄えるのみ、といっていい。ニュータウンなどである程度人口も増えたかもしれないが、結局、JRの駅は、元々の地御前ではなく、宮内串戸と阿品に出来た。ニュータウン的なものが、宮内串戸や阿品にできたのだ。
地御前はその中間にあり、人口減少、高齢化野道を加速度的に歩んでいる。

先見の明。

大切なのは、先見の明だ。
続きを読む

平和記念公園

旧広島市民球場に、複合型サッカースタジアムがすんなり決まらない不思議

いやあ不思議です。
広島では、多くの人が、サンフレッチェ広島の複合型サッカースタジアムは、旧広島市民球場がいい、と言っているのに、なぜだかそれが決まんない。
抵抗勢力があるんでしょうかね……

続きを読む

ビッグアーチ改修や広域公園では、にぎわい創出につながらない……サンフレッチェ広島 複合型サッカースタジアム問題

超絶カープ大好きの30代のカープ女子が、今の広域公園(ビッグアーチがあるところ)にズームズームスタジアムが移転したら、「絶対に、応援に行かない」と断言していました。
「絶対に」というのは、まあ、彼女たちの独特なオーバーな表現かもしれませんが、実際に、今の観客数は、3分の1程度に落ち込むのではないでしょうか。
サンフレッチェ広島の複合型サッカースタジアムをどこにするか。未だに広域公園が候補として残っている意味がさっぱりわからなのですが、(何か、しがらみがあるんだろうな、とは想像しますが)一体、どういうこと?と思うわけです。

続きを読む

カープ女子が教えてくれた。どう考えても、サンフレッチェ広島の複合型サッカースタジアムは、旧市民球場跡地に作るべきだ……鉄板焼き「さんちぇ」で飲んでて思ったこと

サンフレッチェ広島の人気がもっとあれば、今のビッグアーチへみんな足を運ぶのか?

「立地条件がどうだろうが、人気があれば人は足を運ぶ。ビッグアーチの施設を良くすればいい」
という意見があります。だからビッグアーチを改修すればいいじゃないか、という意見。
そして未だに、ビッグアーチの改修、は、スタジアム建設協議会において、候補に残っているわけで。
しかし私は、昨晩、鉄板焼き「さんちぇ」で飲みながら、「なるほど」と言うことに思い至ったのです。
複合型サッカースタジアムは、広域公園や現ビッグアーチに作っては、ダメなのです。大失敗します。そのことがはっきり、わかりました。
続きを読む

広島市

そろそろ、複合型のサッカースタジアムを、広島市民球場跡地に建設することを、決めていいんじゃないでしょうか

本気で、広島の発展を、継続可能なものにする一つのエンジンとして、サンフレッチェ広島の複合型スタジアムのことを考えたら、もう、広島市民球場跡地しかない、というには、誰が考えてもわかるようなきがするのですが、みなさん、どうですか?
どうして、宇品や、いわんや、現状のビッグアーチ(広域公園含む)が候補地に残っているのか、さっぱりわかりません。
茶番劇。
続きを読む

なぜ、ビッグアーチの改修に執着するのか? サッカースタジアム検討協議会の3人

サッカースタジアム検討協議会で、どれだけ否定されても、ビッグアーチを候補に残す3人がいらっしゃいます。去る7月29日の第14回の検討会でのことです。

三浦浩之 氏(会長)(広島修道大学人間環境学部教授)
山根恒弘 氏(副会長)(公益勢弾法人広島市スポーツ協会会長)(山根木材株式会社 代表取締役社長)
坪井誠人 氏(広島大学大学院工学研究院准教授)
(現状でわかる限りの記述をさせていただきました。間違っていたらごめんなさい)

協議会をライブで見学したわけではなく、いくつかのニュースや取材された方の記述を元に、話をしているので、主観が多く入る余地があり、正確な記述を、これ以降の私がしていないのであれば、ご指摘を頂きたいのですが。

このお三方は、協議会の中で、数人の委員の方(少なくとも4人)が、ビッグアーチを候補としたことに疑問を呈しているにもかかわらず、「将来の交通機関の増強が見込まれる」という理由の一点張り(という印象を受けた)。
「将来の交通機関の増強が見込まれる」ところは他の候補地もあるのだが、そこは前回の協議会で候補から落とされている。
彼ら3人が言うには、具体的な計画が無いところは落とした、ということらしいのですが、ビッグアーチに具体的な交通機関の増強計画が本当にあるのでしょうか? おそらアストラムラインの延長のことをおっしゃっているのでしょうが、これって具体的なんですか? で、それだけで、今の輸送力とどれだけ変わるのですか?
この辺りの議論を、もっと知りたいです。何を根拠に主張されているのか?それはいつ頃の話でどれくらい輸送力が強化されているのか?
いや、私は、お三方のご意見を完全否定するつもりはないのですが、具体的な根拠を聞きたいのです。

委員の方々は、サンフレッチェ広島のゲームを、ビッグアーチで観戦して、試合終了後に車やアストラムラインで帰宅したことはあるのでしょうか?
それを実感されたうえで、この議論を進めて頂いているのでしょうかね……。
続きを読む