青山敏弘

日本代表、対ギリシア戦、もしかして、鍵はミドルシュート だからボランチの1枚は青山敏弘選手だと思う

日本代表が、勝てるとしたら、鍵はミドルシュートだと思うのですよね

後がない日本代表。実力から考えて、ギリシアはそう簡単に、日本が勝てる相手ではないですよね。特にザックジャパンは、パスをつなぐ攻撃で相手チームを翻弄し得点する、というコンセプトを継続すると宣言しているわけですし、それをギリシア戦で本当に行うなら、ギリシアのしっかり守られカウンターで得点を許す、という情景が、ありかりと目に浮かびます。
では、日本の突破口はどこにあるのでしょうか。

固い守備のギリシアには、ミドルシュートが鍵になる

日本代表の今の攻撃陣で、ギリシアの固い守りを崩すのは、なかなか難しいでしょう。いや、日本代表のパスワークをすごんだ、と自分たちを過大評価したのでは、ギリシアディフェンスの網に引っかかって、速攻カウンターを受けて失点してしまう可能性が高くなります。
そこで、攻撃の鍵になるのが、ミドルシュート。
堅守のチームを崩すには、細かいパスだけではなく、少し後ろからズドンと一発のミドルが効く、というのは、誰もが知っているセオリーです。
だから、後ろからどんどん打っていって、ギリシアを揺さぶっていきましょう。

青山敏弘選手が、切り札になる

ということで、ミドルシュートといえば、青山敏弘でしょう。それはサンフレッチェ広島でも証明済みです。
守備の強さ、自分たちの攻撃陣をしっかり見ている視野の広さ、そして、前線の選手へ一発のバスを通す力、さらには、必殺のミドルシュート。
今回のギリシア戦で使わなくって、いつつかうのでしょうか。
スタメンでなくていいと思います。
ゲームの流れを見て、今が、点取時、と感じた時、遠藤保仁に換えて、青山敏弘でいいと思います。
青ちゃんがピッチに入って、10分で、できれば2点を取る。
これができれば、日本はギリシアに勝つチャンスは、まだ、残っています。
もし、ザッケローニが青山敏弘をピッチに立たせないような采配をするのならば、日本代表のワールドカップは、ジ・エンドでしょうね。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

日本代表、対ギリシア戦、もしかして、鍵はミドルシュート だからボランチの1枚は青山敏弘選手だと思う」への2件のフィードバック

  1. 中村清

    今日のギリシャ戦をみて、日本サッカーの将来性に大きな悲壮感を持ちました。
    ペナルティーエリア内で疲れてはいるが身長の高い相手が8人も守っているときに、(馬鹿の一つ覚えのように)なぜ高いセンタリングばかりを繰り返し上げるのか?
    ドリブルで切り込んでいけば容易にペナルティキックをもらえるとわかっていても(感じられない選手であれば逆に恥ずかしい)、外で遠巻きにしてパスばかりを繰り返し、行動を起こさない選手ばかり。
    また、貴殿の言われるようにミドルシュートを多く打てば相手の守り方も変わっていたはずだが、それも無し。
    パスサッカーといえば聞こえはいいが、全日本のパスサッカーとは、パスをすることだけにこだわって得点にはこだわらないサッカーを意味している、と思うのは私だけではないはず。
    特に一戦目で自信を無くしているのが顕著に見れた香川を(途中交代ではあるが)また出した。
    結局ペナルティエリアの外で足踏みをしていただけ。
    更に一人の交代枠を残しながら何故斎藤学や青山を出さないのか?
    現在の「パスばかりサッカー」をやめて「パスサッカーからシュート」を目指してシュートを打てるフォワードを育てることに方針を切り替えないと、今後何年経とうが現状止まり。

    返信
    1. kamakura16 投稿作成者

      ザッケローニのディレクションも問題ですね。ミドルの打てる青山や、変速ドリブラーの齋藤学をなぜ、入れないのか? はあ、パワープレイ?と思いましたね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です