Jリーグ百年構想

「所詮Jリーグだろ」と言われて悔しいんっすよ。でも、ACL勝てないのは、弱いからなんですよ

ハリルホジッチが、Jリーグの合同実行委員会にゲストとして招かれ、代表監督として、Jリーグに意見をしたという。

いろいろな考え方はあるだろうけど、私は、いいことだと感じている。

やはりハリルホジッチは指導者として実力者だと思う。

Jリーグの中から見ていたのでは、気づかないことが多いのかもしれない。
Jリーグの中で勝つことが、まず優先されるのは当然で、どうしてもそれをベースにいろんな事を考えて行動するので(選手も監督もスタッフも)、
時として、ハリルホジッチのような、A代表を指揮する、という目線からJリーグを評価してもらうのは、大切なことだと思う。

Jリーグの中からも、進化へ向けての意見が

岩政大樹と言えば、学芸大学から鹿島アントラーズでプレイ、代表でもあった名DF。
その岩政が、今年からJ2のファジアーノ岡山でプレイしている。

岩政は、自分が所属するファジアーノ岡山に対して、「このままじゃ永遠にJ1には上がれない」とキッパリ言っていた。

岩政は代表でもあったし、長年J1カテゴリーでプレイしていた。

一つ上のレベルから見ると、J2カテゴリーで戦っている岡山には、足りないものがたくさんあるのだろう。
J2の戦いに精一杯なのはわかる。
しかし、その戦いの中でも、上を目指す志がなけれは、永遠にJ2なのだ。

また、今日のサッカーキングの記事で、柴崎岳が「もっともっとプレイスピードを上げないと」と、Jリーグのサッカーに対して、警鐘を鳴らしている。

私もそう思う。もっとプレイスピードを上げていかないと通用しないと思う。

ACLで勝てないのは、そこだと思う。

もっとJリーグが強くなるために

ハリルホジッチが、選手の体脂肪リストを掲げて、Jリーグに、またJリーグの選手たちに注文を出したが、
私はこのことで、ジーコのことを思い出した。

ジーコがまだ、鹿島アントラーズでプレイをしていた時のエピソード。

コンビニで食料を買って出てきたアントラーズの同僚の選手たちと遭遇し、ジーコは彼らに激怒した。

「栄養管理は全て、クラブでしっかりやっている。
コンビニで不必要なものを食べるなんて、プロとして失格だ。
いいかげんにしろ」

これがプロフェッショナルの世界。

私はJリーグが大好きだ。
Jリーグは、地域活性のエンジンになると思っている。
だからこそ、Jリーグはレベルアップして欲しい。
ACLでコロコロ負けるようでは困るんだ。

JリーグのチームがACLで優勝し(できればサンフレッチェ広島であって欲しいが)、クラブワールドカップを獲ってほしい。

Jリーグが、大好きなんだよ。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

 にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です