浅野拓磨を想う……ドイツに行ってみるかな……

Pocket
LINEで送る

【今日の一言】
ジャガーには、緑のピッチがよく似合う

浅野拓磨のLINEアカウントから、スタンプができた知らせが届く。
速攻でゲット。もう少し大人っぽくてもいいかなぁ、と思いながらも、しっかり使わせていただいています。

拓磨が、広島の緑のピッチを駆け抜けていた頃が、既に懐かしい。はるか昔のような気がする。

今日の昼、風や空気はまだ寒いが、日差しが何となく暖かい感じがしたので、ドイツに留学経験がある同僚と、お昼を食べに出た。
食事した後、いつもならコーヒーなのだが、今日はワインを飲ませてくれる酒屋へ。相当有名な酒屋で、明治のはじめから、この地にある。暖簾は江戸時代の家光の時代から続く。落語の文七元結にも登場する老舗だ。
そこで、春の日差しを少しだけ浴びながら、選んだワインは、ドイツにほど近いローザンヌ地方の白。
同僚もドイツを懐かしがり、「ドイツに旅行でもしてくるか」というった浮かれた話になる。
「いいね。サッカーを見に行こう。拓磨が見たい」
「所属クラブは?」「 VfBシュトゥットガルト」「シュトゥットガルトは大きな街だね、駅前にベンツのトレードマークの大きな飾り物が回っていて……」

さて、本当にドイツに拓磨を見に行くことになるかどうかはわからないけど、こういう時は、やっぱりサッカーはいいな、と思う。
旅の目的のひとつがクリアになるからだ。
ドイツのいろんなことを体験したいけど、サッカーも観戦したいなあ、スタジアムの雰囲気を味わってみたいな……。
プロフェショナルサッカークラブがある国には、全部行ってみたいくらいだ。

拓磨のLINEスタンプから、もしかしたらドイツに旅するかもしれない……。
まあ、わかんないですけどね。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

Pocket
LINEで送る