ACLの憂鬱、そしてジレンマ。Jリーグ・JFAの本音はどこだ?  まじめにやるだけ、クラブチームは損なのか?

(本記事は、昨日の「クラブチームはACLをないがしろにしていない。しているのは、JリーグとJFA」の続きです。)

サンフレッチェ広島は、Jリーグを連覇中のチャンピオンとしてACLに参加した。横浜F・マリノスも、川崎フロンターレも、セレッソ大阪も。
しかし、勝てなかった。

そして、マスコミや一部のファンから叩かれる。
「手を抜いている」「本気でやれ」……
結局、「Jリーグって、中国や韓国のリーグと比べて、弱いんだね」という評価になってしまうリスクが高くなる。

いや、違うんですよ。クラブは本気でやってます。私が応援しているサンフレッチェ広島なんか、ACL対策といっていいほどあからさまに昨年、選手を補強しています。

では、なぜ、Jリーグ勢はACLで勝てないのか?
はっきり言いましょう。
それは、JリーグやJFA(日本サッカー協会)が、本気でACLで勝とう、と思っていないからです。

まず、最初に宣言しておきますが、JリーグやJFAを一方的に批判するつもりは全くありません。しかし、彼らの総合的な戦略が、この結果を招いていることも事実です。今日は、そこを書こうと思っています。

はっきり言って、Jリーグ・JFAにとっては、プライオリティが低い大会

決して、Jリーグ・JFAは口には出しませんが、おそらく彼らにとって、ACLはプライオリティの低い大会なのでしょう。
いや、これh、繰り返しますけど、批判しているわけではありません。
Jリーグには、ACLのプライオリティが低くなってしまう「構造的な問題」があるのです。しかも、この「構造的な問題」は、決して悪いこととは言えないのです。

Jリーグの理念が、Jリーグ勢を、ACLで勝てなくさせている ただし、これは悪いことではないと思いますが

Jリーグ100年構想。話せば長くなるので、簡単に説明しますが、
地域密着型のJリーグに所属するチームが、日本の各地で健全な活動をして、地域住民も参加できるスポーツやその施設まで、一緒になって運営し、地域住民の充実した生活に役だとう
といったことですよね。
で、これは素晴らしいことです。私は、この構想があるから、Jリーグを愛している、といっていいでしょう。
(このことについては、「Jリーグに、ビッグクラブは必要か?  プロセスが重要。不毛は引き抜きはやめてくれ。 」で少し触れています。)

一方で、Jリーグ100年構想に基づいて、各クラブチームの名前に、企業の名前は入れない、などの決まり事があり、これがお金を集めにくくしています。
さらに、クラブライセンス制度があり、経営が健全でない、つまり赤字がある程度続くと、ライセンスを発行しない、という決まりもあります。
つまり、

お金が集まりにくく、お金を使いづらい、という環境にあるのです。

そんな状況の中で、セレッソ大阪は、よくフォルランを獲得したなあ、と思います。(個人的には、私は海外の大物を連れてくる戦い方は、嫌いですが。ただしフォルランは好き)

これに比べて、中国や韓国、中東の上位のチームは、お金を使ってビッグネームを集めます。だから、これらの国のリーグは、Jリーグと比べて圧倒的にレベルが高いというわけではなく、むしろJリーグの方が高いと思われるのに、この上位のチームに勝つのは、なかなか難しいのです。

また、日本においては、ACLの知名度は低く、週末開催のJリーグの合間を縫って、火曜とか水曜とかに開催されるので、もう、Jリーグ勢はへとへとです。しかし、基本はリーグ戦です。
もともと、収益が低いことになっているJリーグですから、リーグ戦を週末からはずつ、ということは、経営的にかなり厳しい物があるのです。
今年のゴールデンウィーク、ACLを戦うために、サンフレッチェ広島は、横浜マリノス戦の日程をずらしました。
ゴールデンウィークのホームのマリノス戦が、7月15日の火曜日(夏休みでも何でもない日)に移動になりました。3000万から4000万の損失と言われています。
他国のリーグは、ACLをかなり重視しているので、自国のリーグの日程を調整してきます。

これらのことを総合すると、いくらクラブチームが頑張ったところで、Jリーグのチームが、ACLで勝ち上がることは、現状、先ず、無理なのです。

いや、無理、ではなかったかもしれない。私は、マジで、今年のサンフレッチェ広島には優勝の可能性を感じていました。
しかし、あの醜いジャッジ。それに対して、何の行動も起こさないJリーグやJFA……。

JリーグやJFAには、しっかり本音を公開して欲しい。本当のことを言って欲しい。このままだと、誤解されっぱなしですよ

ああ、また文章が長くなってしまった。
うう、どうしよう。だめだ、2000文字を超えてしまう。
やはり、明日にさせてください。
言いたいことは、Jリーグが掲げている100年構想や、ライセンス制度は、私は素晴らしいと思う。しかし、そのためにJリーグはACLでは、勝ちづらくなっている。
だから、私は、◯◯するべきだ、と論を展開したいのですが……ごめんなさい、それは、また明日。m(_ _)m

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

ACLの憂鬱、そしてジレンマ。Jリーグ・JFAの本音はどこだ?  まじめにやるだけ、クラブチームは損なのか?」への1件のフィードバック

  1. ACL組の他サポですが

    初コメです。

    ACL敗退したこともですが、予選突破したセレッソ、サンフレチェ、フロンターレの3クラブが連戦最終節で良いとこなく敗退しました。 スタジアムと放送を見ても「クオリティー低」な試合に負けても仕方ないと納得です。

    確かに巨額のマネーと協力助っ人の効果はあるでしょう、予選敗退のマリノスだって突破した3クラブと著しく劣る戦力ではないはず、一番感じるのは疲労感とガス欠でした。

    ゴールデンウィーク、W杯前の過密と例年以上に厳しい、選手達の背中が小さく見えました。

    ありきたりですが「ベストコンディション」に勝る補強・援助はない、JAFやJリーグが成すべきは日程ですよ。
    これだけでもクリアすれば1チームぐらいは実力で勝ち上がれると感じました。(特にサンフレッチェはね)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です