盛り上がっているとは思えない、プロ野球にクライマックスシリーズ。Jリーグも二の舞いに

プロ野球はクライマックスシリーズ真っ盛り。
でも、どうですか?盛り上がってる印象、ありますか?
国民全体が熱くなってるでしょうか?

私は、そうは思えません。ファンの方々は熱くなっているのかもしれませんが、決して国民的行事ではないですよね。
むしろ、ペナントレースの価値が落ちてしまって、リーグ優勝してもエクスタシーがないわけです。
クライマックスも、リアルなクライマックスにはならず。
私は、このクライマックスシリーズが、日本シリーズの価値をも落としていると思います。

クライマックスシリーズの影響で、日本シリーズの価値が落ちる理由

なぜ、日本シリーズの価値が落ちるのか?
理由は簡単です。
日本シリーズな勝ち上がってきたチームは、クライマックスシリーズの勝者だからです。
クライマックスは、それぞれのリーグの上位3チーム、つまり半分のチームが、短期決戦で勝ち上がりを決めるものであり、運が大きく左右します。クライマックスを勝ち上がったチームは、実力ではなく、運や勢いがあったチームなのです。
そんなチームが、日本シリーズを戦っても、あまり魅力がないですよね。
実際、昨日、会社の同僚の長年阪神ファンの男性に「阪神、調子いいじゃん」と声をかけたら
「阪神は2位ですから。それで日本1になってもインチキだから嬉しくない」と真顔で言っていました。

もう、バレてます。飽きられてます。プロ野球のクライマックスから日本シリーズへの展開は。数年は珍しかったけど、もう、ダメです。

今のプロ野球において、日本シリーズのタイトルかま最も価値あるものにしなければならないのに、クライマックスが入ってしまったため、日本シリーズの価値が下がってしまった。ペナントレースも3位に入ることが目標。これもダメ。全然だめです。

メジャーリーグはなぜプレイオフが盛り上がるのか?

日本のプロ野球に比べて、メジャーリーグのプレイオフ、そしてワールドシリーズは盛り上がりますよね。
当たり前です。
ワールドシリーズを勝ち取る事こそ、栄誉である。これに向けてすべてのプログラムが構成されているからです。
なぜか。基本、地区リーグでナンバー・ワンを決め(ワイルドカードはありますが)、ナンバー・ワン同士で、プライオフを戦うシステムだからです。
つまり、地区リーグで、ナンバー・ワン同士がプレイオフで戦うことになっています。
レギュラーシーズンは、プレイオフそしてワールドシリーズへの序章なのですが、しかし、レギュラーシーズンでナンバー・ワンどうした当たるからこそ、それぞれのプロセスが重要になるようになっているのです。

日本のプロ野球は、リーグの6チームのうち、3チームがクライマックスに上がるのです。これじゃ、だめでしょう。

Jリーグの2ステージ制は、必ず失敗する

で、Jリーグです。
これも、プロ野球と一緒で、必ず失敗します。
何より、システムが難しい。よくわからない。
それも、問題なのですが、やはりいちばんの問題は
2ステージ制にすることで、ファイナルステージで勝ったチームの価値が下がるということです。
その理由はプロ野球と一緒。

Jリーグの面白さは、どこにあるかがわかっていないから、こういうことになる

2ステージ制というのは、小賢しいごまかし以外の何物でもありません。策に溺れるとはこのことです。
Jリーグの本当の面白さは、
各クラブが、いろんな状況を抱えながら、それでも必死で戦うことです。しかも自分が所属するクラブがある地域のために。
戦略と戦術を練り、気合を入れて地域のために戦う。その姿を含め、ゲームの面白さが、Jリーグの魅力なのです。
そこに、小賢しい策はいりません。
勝利が3、引き分けが1、負けは0。この勝ち点制度による戦いが、Jリーグの魅了を最も表現できるのです。
つまり、この勝ち点制度で、最終節に最も高い勝ち点を得たチームが一番強い。これが一番シンプルで、面白いのです。

Jリーグの偉い人達、あなた方がやろうとしていることは、間違っています。
勝ち点システムでチャンピオンを決めることこそが、シンプルで最も面白いのです。

ナビスコカップ、決勝チケット、こちらで購入できます

サンフレッチェ広島対ガンバ大阪 ナビスコカップ 決勝 チケット
icon

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です