日本代表、対コロンビア戦は、青山敏弘が登場。過去2戦とは、全く違う戦いになるだろう

FIFAワールドカップブラジル大会

日本代表、崖っぷちどころか、ほぼ、ズリ落ちかけてますが……。

それでも、まだ、奇跡が起こる雰囲気はありますよね。既に、終了した2ゲームで、日本代表とザッケローニの実像が明らかになり、このままでは、何の化学反応も期待できません。
でも、きっと、このままではないですよ。3戦目に当たるコロンビア戦は、きっと、何かが起こります。

ザッケローニ批判が渦巻く中、開き直ったザックの戦略が見たい

何がしたいのか、わからない4年間でした。最初の2年はまだよかったのですが……。最初からメンバーは結構固定でしたし。最初から最後まで、「自分たちのサッカー」とは何だったのか、わからずじまいでした。
で、ザッケローニには批判の嵐です。当然でしょう。代表監督が4年もかけたのに、この結果では。多くの日本国籍を持つ選手にとっては、ほとんどが蚊帳の外の4年間だったのではないでしょうか。何だか海外クラブに所属している選手中心ですし。ザックは本当にJリーグの選手を見ていたのでしょうかね……。
とにかく、今は、批判の嵐。で、もう、ザックにはやけになって欲しいです。開き直って、これまでの蓄積とか関係なしに(だってこれまでの蓄積のサッカーでは、通じないことがわかりましたから)、全前違うサッカーをやって欲しいですね。
で、そのためには、やはり、守備に強く、スピードがあり、ゲームの流れを変えるパスが前線に出せる、青山敏弘を中心に据えたサッカーを展開しましょう。
あとはもう、齋藤学や清武、出場機会に恵まれていない選手を出しましょう。

コロンビア戦は、次の4年につながる1ゲーム

そろそろ、FIFAワールドカップのことを書く機会も、少なくなってきました。もう、日本にとっては、実質あと1ゲームしか残されていません。もちろん奇跡が起きれば、まだ戦いは続きますが……。
だから、次のゲームは、次のFIFAワールドカップにつながる1戦目、と考えていいでしょう。
一体この4年間は、何だったのか。これからの4年間は、何処へつながる道なのか。それを考えながら観戦するのもいいですね。

今、あるサイトで、トレーニング時、主力組のメンバーが内田、今野、吉田、高徳、蛍、青山、嘉人、本田、真司、曜一朗という情報が入ってきました。
う~ん、まあ、バックス、前線にも異論がありますが、まあ、とにかく、もう完全に開き直って、戦って欲しいですね。
私は、青山敏弘に超・期待します。

できるだけ長く、FIFAワールドカップのことが、書けますように。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村