「KAT-TUNの世界一タメになる旅!」で佐藤寿人登場。中丸雄一の喜びようが半端無かった

佐藤寿人

このプログラムで、私が、このプログラムが、サンフレッチェ広島似とってよかったなあ、と感じたのは
KAT-TUNのゆっちこと中丸雄一の喜びようが半端無かった瞬間。

それは、アポ無しで(このアポ無しに関しては、あとで触れますが)ゲーム前日のエディオンスタジアムを訪れ、佐藤寿人に会えた時。
ゆっちは、「パスの交歓をしてくれないか」と寿人にお願い。
寿人が「いいですよ」と答えた瞬間、
ゆっちは何回も飛び上がって大喜び。

KAT-TUNの他のメンバーも呆れるほどの、中丸雄一さんの喜びよう。それは寿人の凄さを伝えてくれた

もちろん私たちは、寿人選手が、日本を代表するスーパーストライカーであり、特別な選手であることは、よ~~~~く知っているのですが、
KAT-TUNのファンの人はあまりしならないんじゃないかなあ、と思うのです。
サンフレッチェ広島のことも。

KAT-TUNと言えば、亀梨和也の野球、と印象しかなかったのですが、
中丸雄一ゆっちが、あそこまで喜ぶんだ、ということは、凄い選手なんだな、と
KAT-TUNのファンは感じてくれたはずです。

ゆっちはマジに、寿人選手をリスペクト。ゲームも何回か観に行ったことがあるらしく、寿人選手の前では、私たちと変わらない普通のファンになってましたね。(^_^)

こういう番組が、どんどん増えてくれればいい

広島といえばカープ。それは歴史もありますし、日本に馴染みのあった野球なのでそれはそれで当然だと思うのですが、
広島には、既に強豪と称されるサンフレッチェ広島があるのです。
しかも、進化するレジェンド=私たちの絶対エース=佐藤寿人選手も、バリバリゴールを決めてくれているのです。

こんな番組がされに増えて、サンフレッチェ広島の人気がもっともっと出てくればいいな、と思っています。

サンフレッチェ広島にアポなし、で訪れることなんてありえません

ネットの一部で、アポ無しで、しかもゲームの前の日にエディスタを訪れるなんて、ちょっとひどいんじゃないか、という書き込みも見受けられますが、
間違いなく、アポを取っています。
だって、ロケは横川からスタートですよ。
そして皆様お馴染みのチアスを訪れるんですよ。

ただ、チアスのご主人や佐藤ピーコさんには、また、KAT-TUNのメンバーにも、アポが取れてることは伝えていないかもしれません。

そう考えると、実に、上手な演出でしたね。

また、チアスの階段を上がるときに、ベイ・シティ・ローラーズのサタデーナイト(サンフの応援ソング「広島ナイト」の原曲)がかかったり
寿人選手が登場するときは「君の瞳に恋してる」(もちろん、寿人選手の応援ソング)がかかったり。
きめ細かい演出もあり。

とにかくこのディレクターかプロデューサーかわかりませんが、センスがいいし有能な方だなあ、と思いました。

KAT-TUNもセンスいいですね。
寿人選手が、すごい選手であることが、しっかり伝わるよう、細かい発言をしてくれていました。

私はKAT-TUNが、一気に好きになりました。

さあ、ファーストステージも大詰めですが、まあ、それはそれとして、全ての節が終わった時、勝ち点でNo.1の座にいることが重要です。

そのためには、絶対に必要なのが、寿人のさらなる活躍。
シャドーとの連携、は難しいのかもしれないので、ミキッチとカシッチからの連携、おそらくここからの得点が増えてくれば、行けると思います。

これからも、サンフレッチェ広島の活躍、楽しみですね。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする