塩谷司……間違いなく代表に呼ばれる、広島が誇るディフェンダー

「直くんが」「青くんが」という、おおよそ体育会系の国士舘大学サッカー部出身とは思えないインタビューの受け答えが可愛い、塩谷司選手
サンフレッチェ広島のJリーグ開幕のセレッソ大阪戦、ホーム開幕のフロンターレ戦でそれぞれスーパーゴールを決めて、ここのところ代表入りという話題も湧き上がってきています。

セレッソ戦のゴールは「直くん」からのマイナスのパスをボレー一閃。相手ゴールのスミにバシッと決勝弾。
フロンターレ戦でのフリーキックは、相手ディフェンスの壁が、まるで十戒の紅海のシーンのように、司のキック直前に開き、そこを突いた火を噴くような高速シュート。
司の活躍は、もう、止まらない。

今日は、サンフレッチェ広島の注目ディフェンダー、塩谷司について、書かせていただきます。

ちなみに、私は、司が「直くん」とか「青くん」とかいうのは大好きです。いいじゃないですか、そういった感じで。それが司の力が出せるスタイルなんですよ。

【セレッソ大阪戦で、塩谷司が決めたヴォレーシュート(動画アップ感謝です)】

【川崎フロンターレ戦で弾丸フリーキックを相手ゴールに突き刺す塩谷司(動画アップ感謝)】

今シーズンはまだ2ゲーム。その2ゲームで決勝ゴールを決めた塩谷司。上の2つのゴールを見ただけで、並ではない、既に代表クラスを予感させますよね。しかも、ディフェンスも半端無いのですから。

水戸ホーリーホックからサンフレッチェ広島にやってきた塩谷司。その移籍には、元日本代表の男二人の友情が絡んでいた、とも言われています。
その友情とは……。

柱谷哲二監督から森保一監督へ託された、スーパーディフェンダー それが塩谷司

闘将と呼ばれた(今でも呼ばれていますね)柱谷哲二氏が、国士舘大学サッカー部の監督に就任し、塩谷司と出会った。
柱谷氏が、水戸ホーリーホックの監督に就任し、塩谷も入団。と同時に水戸のディフェンダーとして活躍。Jリーグの各チームのスカウトが注目する選手となりました。

2012年、大宮、清水、そして私たちのサンフレッチェ広島から獲得要請が届きます。
そして、この時、塩谷は、サンフレッチェ広島を選んでくれました。
この年、サンフレッチェ広島は優勝をします。初優勝です。移籍の時期も、サンフは上位で戦いを繰り広げていました。だから塩谷司は、サンフレッチェ広島を選んでくれた、のかもしれませんが、
実は、柱谷哲二監督と、森保一監督の友情、これが決め手になったという説があります。

柱谷、森保両監督は、日本代表で一緒でした。ドーハの悲劇を経験しています。
深い友情で結ばれている二人。
森保一監督なら、司を育てることができる。そう信じて柱谷監督が、司を広島への移籍を勧めた、という説。
何だか、わかる気がしますね。

もっともっと伸びる、塩谷司

塩谷は、もっともっときます。代表にも呼ばれるようになります。
サンフレッチェ広島にとっては、嬉しい限り。3連覇、4連覇、5連覇に欠かせない存在です。
だからこそ、もっともっと、塩谷司を愛しましょう。広島の宝です。(もちろん全員が宝ですけどね)
間違いなく、いろんなチームが食指を伸ばしてきます。そのためにも、たくさん、愛しましょうね。

そういえば、ホーリホックのサポーターから、2012年に、Facebookで、「本当に大切してくれ。凄いいい選手だから」というメッセージをもらいました。まさにそうですね。ホーリホックには感謝です。

p.s.1
吉田安孝さんが、広島テレビの元気丸で、
佐藤寿人と塩谷司について。
さとう と しお は、勝利の味付けに欠かせない。
というFacebookでの投稿があったそうです。
なるほど。

p.s.2
今思えば、森脇良太は、いいタイミングで移籍したということですね……。

p.s.3
塩谷司、柏好文、柴咲晃誠の国士舘トリオの活躍に期待ですね。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です