盛り上がらない浦和レッズ1stステージ優勝 やはり2ステージ制は愚策なり

盛り上がらない。
レッズの1stステージ優勝。

盛り上がらないのはレッズに責任があるわけではない。
やはり、この制度自体の問題ですよ、2ステージ制の。

村井チェアマンが、レッズの1stステージ優勝の表彰にピッチに現れた時、レッズサポから大ブーイング。当然でしょう。
(このブーイングを報じていたテレビ局とかありました? まあ、テレビはジャーナリズムを捨てていますからね、大きな組織の広報ですから)

で、2ステージ制のことがよくわからない、という方も多いと思いますが、この動画(サッカーキングさん制作の)がとてもわかりやすいので、リンクを貼っておきます。これ、お勧めです。


つまり、この動画をご覧になれば分かる通り(最初の辺りでわかりますが)
チャンピオンシップとは、
34節終了したところで、勝ち点がトップのチームに、他のチームが挑戦する戦い
ということです。

だから、1stステージ優勝したところで、まあ、それはそれ……ッて感じなのです。
実際、レッズの選手たちも、優勝後のインタビューで、むしろ気を抜かないようにしないと、といった感じでしたし。

8パターンもあるシャンピオンシップ。無理やりゲーム数を増やすことしか考えてないことがよく分かる

チャンピオンシップで話題作りをして、地上波の放映権で10億、というのがJリーグと電通の狙いだと思いますが。
何だか、取らぬ狸の皮算用な感じがします。

まず、チャンピオンシップ、地上波で放映してもらったとしても、視聴率は一桁でしょう。
すると、来年は地上波がつかないのではないでしょうか? それでも、来年もやるのでしょうかね?2ステージ。

もっと本質的なところで、Jリーグをアピールしていかないと、取り返しの付かないことになるのではないでしょうか。
特に若い人は、テレビなんて殆ど見てません。
それを地上波に頼る……何年前の感覚なんだろう……。

1番の問題は、チャンピオンシップが、最も強いチームを決めるトーナメントでない、ということ

チャンピオンシップが一番強いチームを決めるのではない。
これはもう、多くのJリーグファンが分かっていることです。

一番強いチームは、リーグ戦で決まるのです。34節を戦ってその時に、勝ち点で頂点にいるチームが最も強いのです。
それでいいじゃないですか。

もし、チャンピオンシップで、勝ち点トップのチームが負けてしまったら……。
それは、リーグ戦の権威を傷つけることにもなります。

もう、愚策は、今年限りにしましょうよ。

それより、Jリーグのファン一人ひとりが、新しいファンを年間3人ほど作って行ったほうが、はるかにJリーグが盛り上がると思いますが。

Jリーグに関わるシステムをしっかり吟味し、どこに問題があるのか、どこがレバレッジポイントなのか……そういう考え方をしてないんだろうな……電通やJリーグは。

p.s.
レッズ、おめでとうございます。
しかしこれからです。
最後に笑うのは、サンフレッチェ広島ですから。


◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です