石原直樹

「今は、何も言えない」 石原直樹に、浦和レッドダイヤモンズから正式オファー

またですよ、また。ご存知のようにレッズが今オフ、狙いを定めたサンフレッチェ広島の紫の戦士は、石原直樹。
報道の様子や、今シーズンの契約が1年だったことから考えても、なかなかワンフレッチェ広島にとっては厳しでしょうね……。

「今は、何も言えない」
と石原選手は取材に答えていますが、
この台詞は、何人ものサンフレッチェ広島の選手が口にして、次のシーズンは、赤いユニフォームを着ていた……。

もちろんレッズに悪いところはひとつもありません。クラブチームとして必要な人材であり、契約が切れる選手であれば、当然のことながら、狙いに行きますよね。

直樹、サンフレッチェに残って欲しい

もちろん、石原直樹選手には、サンフレッチェ広島の戦士として来年もプレイして欲しい。絶対して欲しい。
ただ、それは直樹が決めることだから。

この季節、毎年、センチメンタルな気持ちになってしまう。
大好きだった女の子が、「え? あいつとつきあってんの?」といった感じでショックを受けるような感覚に、私は近いものを感じます。

いつも言うように、私は、サンフレッチェ広島に恋をしているわけで。戦士たちにも、思い入れがあるわけで。
石原直樹という紫の戦士にも、当然思い入れがあるわけで。
いくつかのゴールが走馬灯のように思い出されますが、私の場合は、昨年の、優勝が決まった最終節の鹿島戦でのゴール。
その少し前の横浜スタジアムのマリノス戦で、いくつかのビッグチャンスを外して、「ああ、もう優勝はダメかなあ」と諦めかけさせられて、まさかの、最終節の逆転優勝。
昨年の逆転劇は、結構、直樹が絡んでたような気がします。

もう一回言わせてください。
直樹選手、ぜひ、来年も、サンフレッチェ広島で戦ってください。
サンフレッチェ広島での、直樹のゴールが見たいです。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします

 にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

「今は、何も言えない」 石原直樹に、浦和レッドダイヤモンズから正式オファー」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です