西川周作 微笑みの守護神。座右の銘は「笑う門には福来る」

西川周作。言わずと知れた、サンフレッチェ広島の守護神。
そして、守護神でありながら、攻撃の起点となる。
フロンターレの中村憲剛は、Jリーグでパスのうまい選手に、周作を挙げてくれていました。憲剛、さすが、見てますねえ。
今年のリーグ戦で、周作からのロングフィードを、寿人が少ないトラップでシュートを打ったのを、今思い出しました。残念ながらゴールはならなかったのですが、寿人が、周作にアシストが付くように、タッチを少なくしたのが印象的でした。
周作は朝日新聞のインタビューの中で、「広島に入団して4年。最初はパスサッカーに戸惑ったけど、すぐに面白さは分かった。 誰がプレッシャーに来ても慌てなくなったし、味方との関係さえしっかりできていれば無駄に蹴ることもない。 一方で、寿人さんへロングフィードでのアシストとか、一発も狙えれば狙う。そんな駆け引きができるようになった。」と答えています。
周作にボールを戻し、あるいは、周作が相手チームのボールをキャッチして、そこから長短のパスをつないでいくサッカー、これこそ広島のサッカーで、やはり周作がいてこその、サンフレッチェ広島のサッカーなのです。

で、西川周作の好きな言葉が「笑門福来」。笑う門には福来る。この言葉は、しっかりレガースにも書き付けてあるそうです(やべっちFCで本人が発言w)。
「笑うことが好きだし、周りがハッピーに慣ればいい。広島のサッカーは楽しまないとできないサッカー。」
周作はそんなことを言ってましたよね。さらに千葉ちゃんが、SMILEというのは周作と同じ言葉じゃないか、といって色々突っ込まれていましたが。

p.s.
まあ、今、周作は、サンフに残るかどうか、結構微妙な感じです。
私はもちろん広島に残って欲しいし、来年のワールドカップのことを考えても、広島でプレイするのが一番有利だと思います。
でも、それは周作が決めること。もし、広島を離れることがあっても、私は感謝して、さよならします。
いやいや、もちろん、ずっと広島でプレイして欲しいんですよ。ずっとずっと優勝して欲しいしw。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村