第22期 決算数値の報告 に思う……もっと、スタジアム行かないと……。明日のFC東京戦から実行しよう!

昨日、サンフレッチェ広島の第22期の決算数値が報告されています。
第22期とは、2013年の2月1日から2013年の1月31日まで、まあ、平たく言えば、去年の業績が発表されたわけです。

売上は過去最高、営業利益も当初予測を1億円以上アップ。
これはまず、素晴らしい結果!と評価すべきでしょう。
しかし、です。
決算発表にもあるように、優勝したから、売上・利益がアップしたわけで、
もちろん、今年度も優勝するのですが、
私たちファン・サポも、サンフの売上・利益がもっともっとアップに貢献していきましょう。

まずは、決算数値報告を、読んでみてください

(ここから)
「株式会社サンフレッチェ広島 第22期の決算数値の報告」について
 株式会社サンフレッチェ広島は、本日(4月10日)に平成26年度第1回取締役会を開催し、第22期(平成25年2月1日から平成26年1月31日まで)の決算数値につき承認をいただきました。会社全体の売上高は、
J1優勝特需を反映して過去最高の31億9千7百万円(第21期は31億7千6百万円)となり、営業利益は1億2千6百万円(同2億2千7百万円)、当期利益は1億3千万円(同2億2千2百万円)となりました。

 従来の当期利益見通しは8~9千万円でしたが、放映権料収入や移籍金収入、グッズ売上収入が見通しよりも増加したことなどから、利益の上方修正となりました。

 2年連続の大幅な黒字収支となった一方で、J1優勝特需を除いて考えると、当社の単年度収支は依然として黒字と赤字の均衡状態であり、2期連続の優勝による選手年俸の高騰を考慮しますと、将来の黒字収支維持のためには、さらなる売上拡大が必要となります。

 今年度(第23期)は、財務体質のさらなる強化を引続き最優先課題としつつも、J1リーグを2連覇したことで向上したチーム価値を活かし、観客動員増やスポンサー収入の増加を中心に、収入拡大と利益確保に努力する所存です。

 複合型サッカースタジアム建設運動ともども、サンフレッチェ広島にこれまで以上のご支援とご声援をよろしくお願い申し上げます。

株式会社サンフレッチェ広島
代表取締役社長 小谷野 薫
(ここまで)

重要なのは、最後から数えて3つ目のブロック。
「財務体質のさらなる強化」というところ。
つまり、特殊な係数(昨年度でいえば、優勝。ただし、私は優勝は特殊な係数とは思ってはいませんがw)に左右されずに、しっかり利益を出していける構造を構築する、ということですよね。

スタジアムへ足を運ぶファン・サポが増えることが、財務体質の強化につながる

そして、決算数値報告の最後から数えて3つ目のブロックでは、さらに、
「チーム価値を活かし、観客動員増やスポンサー収入の増加を中心に、収入拡大と利益確保に努力」
とあります。
私たちファン・サポは、これをこのまま読んではいけません。
私たちは、この文章を次のように考えなければいけません。

「少しでも、スタジアムに足を運ぶファン・サポを増やすこと。これが何よりのベース。そうすると、スポンサーになろうとする企業が増えます。これにより財務体質が強くなります」
こういうことなのです。
ちょっといやらしい書き方をしていますが、経済の論理としては、そういうことです。
スタジアムに足を運ぶファン・サポが増えると、まず、入場収入が増えますよね。これが大事。
さらに、入場者が増える、ということは、スタジアムでの広告効果も高まりますし、ファン・サポが多い、ということを、数字で確認できるわけですから、スポンサーも、広告効果が高い、と判断しやすくなるのです。
つまり、スタジアムに足を運ぶファン・サポが増えると、広告収入も増えるのです。

もう、私たち(ファン・サポ)も、ある意味、サンフレッチェ広島の経営に関わっているわけです。
友達を1人でも多く、スタジアムに足を運ばせましょう。そして、入場者収入と広告収入を増やしましょう。

明日=4月12日から、始めよう。そして、寿人選手が、また歴史に名前を刻む瞬間に立ち会おう

だから、明日のFC東京、友だちを連れて参加しましょう。エディオンスタジアムへ参戦しましょう。
明日のゲーム=FC東京戦は、これまで、エディスタに足を運んだことのない人を、誘い易いゲームです。なぜなら、
明日は、間違いなく、佐藤寿人選手が、現役プレイヤーなのに既に伝説と化しているキングカズこと三浦知良選手のJ1通算139ゴールに並ぶゴールを決めてくれます。そして、おそらく、寿人のカズダンスを披露してくれるからです。
明日のゲームは、歴史の証人になれるチャンスがあるのです。
少しでも、多くの人に、サンフレッチェ広島の素晴らしさを、エディスタで体験してもらいましょう。それがまた、サンフレッチェ広島の経営を強くしていくのですから。

p.s.
はじめて、エディスタに行く人は、やはりエディスタでJ1のゲームをすることの、無理さ加減を体験してもらえます。
遠すぎるなどなど。それも、旧市民球場跡地へ複合スタジアムを作ることへの道につながるはずです。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

にほんブログ村