ブラジル

日本代表、弱すぎる。サブメンバー中心のコロンビアに1対4。結局勝ち点1でグループリーグで消える……なぜ青山選手を換えた?

奇跡は起きなかった

グループリーグを終えて、勝ち点1。一人メンバーが少なかったギリシアに引き分けただけ。全てにおいて、ワールドカップ出場国の中で、実力として底辺だった。
何度も繰り返すけど、これが実力なんですよ。
ザッケローニが作ったチームは、本田と香川と長谷部のチーム。しかし、変わるんですよ、力は。そこを全く無視したザッケローニのディレクションは、何も機能しなかった、いや、むしろマイナスだったということでしょう。
マスコミは、史上最強というムードを作り、本田や香川を持ち上げる。これもまずかったですね。
今回の4年は、何も残せなかった、というのが現実だろう。

見どころは、前半のみ

対コロンビア戦、前半はほぼ対等に戦っていたように思います。相手チームの実力が低かったというのもありますし、青山敏弘選手が、しっかり前への推進力になっていました。
サンフレッチェ広島のファンという私の心理を差し引いても、青山選手はいい働きをしていたと思います。なのに、何で後半で交代させたのか?
後半になって、コロンビアはハメス・ロドリゲスがピッチに入り、青山敏弘がピッチを出た。これで日本代表の前への推進力はなくなり、逆に、コロンビアはカウンターからの推進力が、一気にアップした。
また、明らかに、カウンター狙いになっているコロンビアに、いつも通りに攻めていって、イージーにコロンビアディフェンスに引っかかり、カウンターで失点するというパターンを繰り返しました。
柿谷は、調子が上がっていないのは、リーグ戦から続いていたわけで、柿谷を入れるのであれば、齋藤学で、相手のディフェンスを切り裂くことにトライするべきだったでしょう。

全ては、ザッケローニ、そして日本サッカー協会に責任はある。選手に責任はない

いろいろ言いましたが、選手は精一杯やっていると思います。前半は、相手がベストメンバーではないというところもありましたが、しっかり戦えていました。全てを壊したのは、采配だと思います。
内田がゲームごのインタビューで、自力で差があるのはわかっていた、と答えていましたが、そういう時にどう戦うか、それはザッケローニの問題なんですね。
選手を選択したのはn、ザッケローニ。ゲームの采配をしているのもザッケローニ。そしてそのザッケローニを選んだのは、日本サッカー協会。
まず、日本サッカー協会の幹部は、総辞職をお願いしたい。あなた方では、日本代表は強くなれません。しっかり責任をとってください。

改めて、世界との差を感じたFIFAワールドカップ。今日からの4年間は、Jリーグを中心に展開を

さて、今日から、次の大会を目指す4年間が始まるわけです。
もう、海外プレーヤー偏重はやめましょう。私たちも、しっかりJリーグを応援していきましょう。恐らく、同じ文化の中で醸成されたメンバー中心で、チームを作って行くほうがベターだと思うのです。
このあたりは、次の記事で書いてみたいと思います。

選手、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
ザッケローニ監督も、とにかくお疲れ様でした。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

日本代表、弱すぎる。サブメンバー中心のコロンビアに1対4。結局勝ち点1でグループリーグで消える……なぜ青山選手を換えた?」への2件のフィードバック

  1. 門脇正仁

    この大会でのザッケローニの采配には、納得いきません。ぶれぶれですm(。≧Д≦。)m結果は、ともあれいったい何がしたかったのか?

    返信
    1. kamakura16 投稿作成者

      最初から、代表チームを扱う技量がなかったですね。
      日本サッカー協会の責任を問いたいです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です