寿人選手、1トップ復活へ 天皇杯3回戦 対水戸ホーリーホック戦 サンフレッチェ広島が目指す戦いが、垣間見れるか?

いろんな情報によると、どうやら本日の天皇杯3回戦で、佐藤寿人が1トップに復活するらしいのです。
それだけでも現地参戦したい気分なのですが、残念ながら本日は、私は東京。現地参戦の方、寿人選手に、ぜひ、力を!!!

「守りから入るつもりはない」そして「一人ひとりがこのアピールをしてしまうと難しい」

守備と攻撃のバランスは、今のサンフの最重要課題

TSSのスマフォサイトに掲載されている佐藤寿人選手の、本日のホーリーホック戦に向けてのインタビューで、「守りから入るつもりはない」と言っています。
勝手に私の解釈でお話しをさせていただくと、この辺りがおそらく、監督の考えとちょっとずれているんじゃないかなあ、と感じています。
今年は、最終ラインを上げて、攻撃的な守備、相手のペナルティエリア付近にできるだけ早く攻め入っることを目指しました。
おそらくそれが、うまく行ってないのが、今のサンフレッチェ広島なんだと思います。
だから、後半戦で守備のほころびが多く見えて、監督としては、まず、守備の立て直しを行ったのだと思います。
その結果、一昨年や、今年の前半のスケジュールが辛かった時のゲーム運びになっているのでしょう。
(あくまでも、素人の推測ですが)

寿人選手は、広島らしい攻撃にトライしたい

寿人選手は、自身とサンフレッチェ広島と、進化させたいのです。明るく楽しく攻めるサッカーが広島のサッカーなんじゃないの? と感じているのでしょう。意識してないかもしれませんが。
だから、パスをつないで、自らの動きでスペースを作って、たくさんゴールを自身も、サンフレッチェも決めたい! と感じているのでしょう。
私は、大賛成で。
笑ってしまうほどパスが繋がるサッカー、そし、ぎりぎりのバランスでしっかり守備をする。ぎりぎりのバランスなので、その守備は即、攻撃につながる……そういうサッカーです。

オーガナイズされた、美しいサッカーを目指して。サンフレッチェのエースストライカーの発言には意味がある

本記事で書いてきたように、攻めようよ、と寿人選手はメッセージしているように思えるのですが、一方で、個を主張しても、ダメ、とはっきり言っています。
攻めようよ、でも、ひとりよがりでは駄目だ。オーガナイズされた、美しい、楽しいサッカー。それを目指して、攻めきろう。とメッセージしているように、私には思えます。
これこそ、サンフレッチェ広島の、エースストライカーの発言である、と私は感じました。

次の質のサッカーを目指そう、と寿人はメッセージしている

これから書くことは、あくまでも、素人である私の私見ですが、
今、攻守のバランスがうまく取れず、もがいているサンフレッチェ広島は、まず、速い帰陣、しっかりブロックを作る、ということでしっかり守備をして、前にいる皆川選手のポストプレーや決定力に期待していく、という戦い方になっています。
緊急処置ですから、仕方ないのですが、私は、これはサンフレッチェ広島のサッカーではない、と思っています。(あくまでも私見です) これをこのまま続けても(続けないと思いますが)、古いやり方のサッカーとなり、サンフレッチェは魅力を放つことができなくなるでしょう。それから、勝てなくなるとも思います。
可変システムサッカーを発見した時、サンフレッチェ広島のサッカーは、それまでとは違うワンランク上のサッカーを展開することができるようになりました。
今年は、積極的な守備から、オーガナイズされた質の高い攻撃ができるサッカーを目指したはずです。寿人選手は、そのことを主張しているのでしょうし、それこそがサンフレッチェ広島の目指す道だ、と、一人のファンである私は、思うのですが。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村