寿人は、すごいを超えて、恐ろしい 昨夜のナビスコカップ準決勝1stレグ対柏レイソル戦

昨夜のナビスコカップ準決勝1stレグ、エディスタ参戦してきました。
いろいろ見ることころがありました。清水航平のCBにはしびれましたし、全体的に昨夜はよかったような……。
守備もほぼ、破綻なく、攻撃も、リズムがつかめていて、見ていてわくわく楽しい、サンフレッチェ広島らしいゲームでした。ああ、行ってよかったなあ。
でも、最も行ってよかったなあ、は、もちろん、私たちの絶対エース、佐藤寿人選手の2発です。
寿人1得点目(動画アップ感謝です)
[ad#co-2]


佐藤寿人は、次元が違う

昨夜の寿人は、私は、凄いを超えて、恐ろしくなってしまいました。なぜだかわからないけど。
1点目。レイソルの工藤選手はインタビューで、ミスから得点を許してしまった的なコメントを指定ましたが、そうなのかもしれませんが、今回ばかりは関係ないですね。
寿人のあの動き。おそらく洋次郎とのバイブレーションが昨夜はぴったりだったのでしょうが、とにかく、寿人の動きが凄かった。
寿人2点目(動画アップ感謝です)
[ad#co-2]


「あれ、一人だけ別の生物が居るぞ」というか、旅客機が飛んでいいる中に戦闘機がいるというか、(いや、他の選手がゆっくりだったとか否定的な意味ではないですよ。とにかく寿人選手の動きがスーパーでした。
そして、この次元の違いに、なんだか恐ろしさまで、感じました。
レベルが違う……。
これで、ナビスコカップ、通算26得点で、中山雅史、ジュニーニョとトップタイ。
さあ、単独トップ、そして、ナビスコカップを掲げましょう。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村