中島浩司選手の応援歌の元歌は……ちょっと自信がないのですが……

なかじまーー!なかじまーー!
なかじっまっ こっおっじーー!
なかじまーー!なかじまーー!
なかじっまっ こっおっじーー!

中島浩司選手の応援歌の元歌は……。

昨年度、惜しまれて引退した中島浩司選手。今のサンフレッチェ広島を作った功績者の1人。
ジェフユナイテッド市原・千葉時代、知将イビチャ・オシム監督をして「「多くのポジションで使えて、サッカーを知っている彼を絶対に手放すな。」と言わしめた男。
その、中島浩司国王の応援歌の元歌は……

これ、私も正直自信ないので、違っているかもしれません。私がこれから提示する音楽と、微妙にメロディーラインが違うのです。しかし、私は、これが元歌だと思うのです。(違っていたら、ごめんなさい。その場合の事実をご存じの方がいらっしゃったら、教えて下さいませ)

国民的番組のテーマソング

その元歌は……「ナショナルプライスクイズ ズバリ!当てましょう」のオープニングテーマ。これだと思うのです。

ナショナル、とは、今のパナソニックのブランド。かつての社名は松下電器産業。つまり松下電器のナショナルというブランドだったわけです。
「ズバリ!当てましょう」は1961年から始まったテレビ番組で、
ウィキペディアから抜粋すると
「提示されたものの値段をノーヒントでズバリ当てることが課題である。ズバリ一発で当てると「ズバリ賞」として当時で100万円相当のナショナルの電化製品一式が賞品としてもらえた。放送開始当時はいわゆる家電ブームの真っ直中であり、当時の給与水準から考えると破格の商品、いわゆる「高嶺の花」であった。また、正解でなくても、「内輪で一番近い方は!」とみなされた解答者には問題となった品物がプレゼントされる。そして、最終的にトップ賞になると、ナショナルの電化製品一品(ズバリ賞で出される賞品の中から好きなものを一品選べる)がプレゼントされる。」
ナショナルブランド華やかなりし頃(今はパナソニックですから)の、経済的に、これから日本が伸びていくんだ、という勢いを感じる番組でした。初期の司会は泉大助さん。ナショナルのCMにも多数出演し、ナショナルの顔、と言われて人でした。

おっと、話がそれました。中島浩司選手の応援歌の話でした。
で、応援歌の元歌が、「ズバリ!当てましょう」のオープニングテーマ。

ナショナル~、ナショナル~、プライッスクッイッズ~ ナショナル~、ナショナル~、プライッスクッイッズ~

という繰り返しのところが、


なかじまーー!なかじまーー!
なかじっまっ こっおっじーー!
なかじまーー!なかじまーー!
なかじっまっ こっおっじーー!

じゃないか、と思うのです。(下の動画を参照してくださいね)

ちなみに、司会が泉大助さん、ホステスと表記されている松本めぐみさんは、後の(現在の)加山雄三さんの奥さんです。

やっぱり国王には、歴史のある応援歌が似合う、ということでしょうか。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です