スタジアムが旧市民球場跡地にあったらなあ……と、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)北京国安戦で、強く思った

アジアチャンピオンズリーグの第1戦=対北京国安戦をツイッター参戦しながら、
入場者数が6,000人、アウェイにはほとんど人がいない状態、というツイートを見ながら、強く思ったことがあります。

「スタジアムが旧市民球場跡地にあったらなあ……」

暦の上では春ですが、まだ寒い2月下旬のウイークデイ火曜日。ゲームスタートは19時。
場所は、広島広域公園陸上競技場(ビッグアーチ=エディスタ)。
はっきり言って、物理的にも、情緒的(イメージ的)にも、しずらない(魅力を強くアピールできない)でしょう、これは。

多くの人が、翌日水曜日も仕事がある。19時スタートなら終了は21時前。ビッグアーチから自宅に帰るともう23時過ぎてしまう人も結構いるのではないでしょうか?(ちょっと東京感覚で書いているので、もう少し早いのかなあ、22時30分位?)。しかも、この季節、きっとビッグアーチは寒い……。

「サンフレッチェ広島大好き度70%以上」の人たちは、それでも当然、スタジアムで参戦ですが、「サンフレ好きだけど、好き度数は65%以下」、という人は、明日の(水曜日)仕事のことや、現地の寒さを考えると、躊躇しますよね。
アウェイの方々はなおさらでしょう。

もし、スタジアムが、旧広島市民球場跡地にあったなら……

ところが、スタジアムが旧市民球場跡地にあったらな。この様子が全然違ってきます。
19時スタートであれば、18時過ぎに友達で集まって、軽く腹ごしらえをして(スタジアムの近辺か、それともスタジアムの中で)、気軽に観戦。
寒さも広島広域公園陸上競技場程ではない。
自宅に帰るのも、比較的早い時間に帰れる……。こう考えてみると、少なくとも1万人は入ったのではないか、と思うのです。まあ、これはあくまでも推測で、科学的根拠はないのですが。
広島に住むサッカー好きの中国の方々も、もう少し参戦してくれたはずです。(アウェイですけどね)

サッカーという、世界共通言語だからできることがある

また、スタジアムが旧市民球場跡地にあれば、さらに次のような意味合いも、出てくるのではないでしょうか。
アジアのクラブチームのチャンピオンを競うアジアチャンピオンズリーグ(ACL)。全アジアを巻き込んだ壮大なゲーム(このことがあまり知られていないのが問題ですが)が、原爆ドーム・平和公園の側で行われるのです。
極めて、意義深い、平和の尊さとか、お互いのリスペクトとか、いろんなことがアジアの人々と共有できるきっかけになるゲームになれるのではないでしょうか。
サッカーという世界の共通言語だからこそできる、敵ではなく、相手=仲間と、ルールのもとに勝負を競うゲーム(これは度のスポーツも一緒ですが)。
もし、サッカースタジアムを含む、複合型スタジアムが、広島市民球場跡地にあれば、つまり、平和公園の側にあることになり、それは、アジアや世界に開かれた、戦争の悲惨さ、平和の尊さを伝えることができる一種の「どこでもドア」的なものになれるのです。
これは、世界の共通限度になり得るサッカーだからできることなのです。

想像してみてください。
10年後。原爆ドーム・平和公園の側で、アジアのチームとサンフレッチェ広島がゲームを行っているシーンを。
その頃には、アジアチャンピオンズリーグも多くの日本人に認知され、サンフレッチェ広島はもう、出場の常連(であってほしいし、そうなるでしょう)で、毎年のように中国や韓国、オセアニアのチームがやってくる。
もう、広島の街は大騒ぎです。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメント

  1. 女装カープ男子 より:

    カープがMLBのチャンピオン相手にマツダスタジアムで試合をしたり、カープ選手も出場するWBC決勝戦がマツダスタジアムで開催される方が余程大騒ぎになると思うのですが。WBC決勝戦、侍ジャパンのエース大瀬良大地、対戦相手がドミニカで相手の4番がバティスタの対決なんて広島中、世界中が熱狂すると思いませんか。