佐藤寿人と青山敏弘

サンフレッチェ広島の可変システムが、FIFAワールドカップで注目を浴びている……広島の人に自覚して欲しい

サンフレッチェ広島の3バックが世界から評価されている

「(略)3バックを基本としながら、相手にボールを持たれたときには両ワイドが最終ラインに下がって5バック状態となってしっかりと守る。ボールを奪えば両サイドへ素早く展開し(略)」
この文章は、あるチームの戦い方を、元日本代表の水沼貴史氏が評したものです。
あるチームとは……。サンフレッチェ広島のファン・サポの方なら、「ああ、サンフレッチェ広島のことですね」と思いますよね。この可変システム、サンフレッチェ広島のオリジナルですから。(参照「森崎和幸 ドクトルと呼ばれる絶対永遠のMVP」「サンフレッチェ広島は、僕を広島に再び結びつけてくれた」)

でも、違うんです。水沼さんが解説しているのは、FIFAワールドカップ・ブラジル大会で躍進しているコスタリカの戦い方なのです。

水沼氏はさらに、オランダも3バックを採用。守る時は5バック。チリも、メキシコも、このシステムで戦っている、と続ける。

つまり、サンフレッチェ広島のサッカーが、世界から評価され始めているということなのです。

サンフレッチェ広島の素晴らしさ、これを広島の人が自覚して欲しい

サンフレッチェ広島の人気は、全国区になってきました。連覇、佐藤寿人の躍動、塩谷司のアメイジング、さらには青山敏弘のFIFAワールドカップでの活躍……。東南アジアでは、クリーンなサッカーを展開して勝つ、ということで人気が上がり、さらにはサッカーの選手自身からもサンフレッチェ広島の人気は高まっているのです。つまりサンフでプレイしたいという気持ちが高まっています。

強い、面白い、ユニーク……さらには世界の代表チームがマネをし始める素晴らしいサッカー……。
人気が出て、当然ですよね。
でも、問題は、広島の人の人気がなかなか盛り上がらないこと。
なんでだろう。
スタジアム問題も同じ。誰がどう考えても、市民球場跡に作る以外にないですよね。他の候補が出てくること自体、ナンセンスです。

広島の人に伝えたい。
広島には、世界のサッカー界に影響を与えている素晴らしいチームがあるのです。世界に誇れるチームがあるのです。
サンフレッチェ広島は、広島の誇りで、宝でもあるのです。
もっともっと、広島の人が愛するべきではないでしょうか。

青い鳥の話とよく似ています。素晴らしいものが、自分の手元にあるのに、気づかない。
スタジアム問題では、邪魔をする人が広島の中にいる。しかもそれなりの権力を持った人なり、団体が。

いいのですか? こんなに素晴らしい宝を、あなた方は、手放すのですか?

世界が規範にし始めた、そんな素晴らしいクラブチームなのに。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です