サンフレッチェ広島のホームスタジアムについて、ちょっと書いてみました。

広島には、サンフレッチェ広島という日本で有数の、また強豪とも評価されているフットボールのチームを持っているところです。
これは、財産です。
広島の人たちは、私を含め、もっとこの事を自覚するほうがいいですし、大切にするべきだと思います。

サンフレッチェ広島をさらにプラスの財産、資産にしていくには、市民球場跡地(が、私はいいと思います)に、複合型のスタジアムを作るべきだと思います。それは、広島市、広島市民にとってもいいことだと思います。

サッカーは、これからどうやっても、人気がアップしてきます。
なぜなら、若年層(小学校くらいでしょうかね)は、圧倒的にサッカープレヤーが多くなってきているからです。小学生の統計だったと思いますが、数年前にサッカープレーヤーが野球人口を既に追い抜いています。
どうもこの傾向は数年、十数年はつづくでしょう。彼らが青年となり大人になる数十年後は、今よりサッカー人気は高くなっているはずです。
今、サンフレッチェ広島、という素晴らしいチームを、広島は財産として、しっかり育てていくのが、広島の成長戦略の一つになるのです。

複合型スタジアムを作ることに反対の人は、
まあ、サッカーに興味がない人、サッカーが嫌いな人、カープが大好きな人、と言った感じでしょうか。
税金を、無駄にするな、という感じなのでしょかね。
でも、しっかり戦略と戦術をマッチさせれば、新しい広島の名所になって、財政的にもプラスを生むはずです。

複合型スタジアムを作る、という観点ではなく、
「市民球場跡地の活かし方」という視点で考える
と、どうしてもあそこに、複合型スタジアムを作るべきなのです。
跡地を、今のままにしておくわけには行きません。といって、公園にしますか?集客力はほとんどないですよ。財政的には何も産みません。集客力もほぼ0でしょう。
今、ビッグアーチ(エディオンスタジアム)で、2週間に1回程度、今、ホームゲームが開催されていますが、今年はだいたい1万5千人前後の人が観戦にやってきた感じでしょうか。
2週間に1回のイベントで、1万5千人が集客できる(しかもあのアクセスの悪い条件で)ものは、ざらにありません。おそらく、市内のもっとアクセスがよい所にスタジアムができれば、少なく見積もってもあと3000人はプラスできると思います。(根拠ないですが)
2週間に1回以外の時も、それこそ複合施設ですからいろいろ活用の仕方はあるはずです。(このあたりは成功例などを見て、いろいろやっていくのでしょうね)
跡地に複合型スタジアムを作る、ということは、集客力のあるものを作る、ということになります。あとは、本当に、戦略・戦術で、しっかり利益を生み出していける構造にすることです。

サッカーは、数少ない世界の共通言語です。日本のトップリーグ(J1)の、それも強豪チームが地元にあることの、素晴らしさ。本当は、これは県民や広島市民にとっては、誇りであり宝なんですけどね。実際はまだそこまで浸透していないですが。

1周間を過ごす中で、週末のフットボールのゲームに向けて少しずつテンションが高くなっていき、そしてホームゲームでピークを迎える。カタルシス。
これは生活の中の、祭りなんですね。

まだまだですが、数十年後、多くの県民や市民が、2週間に1回、地元で開催される生活の中の祭りに、胸を熱くして、家族や、仲間や、恋人と熱中する。きっとそんな時が来るのです。
そして、スタジアムを中心に、飲食店などが展開していくでしょう。
アウェイの方々も、2週間に1回は、数千人がやってくるわけですし。
原爆ドームにいらっしゃった国内外の方々も、スタジアムの施設に寄ってくれるでしょう。
そのためにも、市民球場後に、複合型のスタジアムを作るべきなのです。作らないと、数十年後に、後悔すると思うよ。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメント

  1. 女装カープ男子 より:

    街の中心部にサッカー専用スタジアムを建設しても北九州の二の舞になるだけ。ましてやサッカーは上はFIFA上層部から下は選手に至るまですべてが腐りきったブラックなスポーツ。そんなブラックな連中に金をつぎ込む余裕が広島県や広島市にあるとは思えないんですが。いっそ東京国立競技場にでも移転したほうがクラブのためになると思いますがね。