サンフレッチェ広島のためではなく、広島市のための、広島市長への立候補、こやのん=小谷野薫社長

こやのん

本当だとしたら、凄い発想と実行力だ。
小谷野薫=こやのんが、広島市長戦に立候補。

なるほど。なるほど。

これ、絶対にありですね。

サンフレッチェ広島のスタジアム問題があるから「絶対にあり」と言っているのではなく、これからの広島市の行政は、経営に長けた人がやるべきだと思うからです。

広島市や広島県の人口は、どんどん減っていく

まず、日本全体がそうであるように、広島市も人口は減っていきます。
「いや、増えてるよ」と反論する方もいらっしゃるかもしれません。確かに、今現在は増えているかもしれません。ちょっとデータの覚えがあやふやでごめんなさい。
但し、増えていたとしても、それは65歳以上の人々。これは間違いないです。
つまり、社会的に、就業しお金を稼ぐ、事実として、広島市の経済を回していくメインのプレイヤーではない方々が増えているだけなのです。
[ad#co-2]

人口が増え、右肩上がりの時代であれば、ある意味、誰が市長をやってもよかったくらいのものでした。が、これからの市長はそうは行きません。
しっかりとしたビジョンを持ち、それを、関係各位と調整しながら、具体的な有効な施策を実行する人でなければなりません。
つまり、広島市を「経営する感覚」が必要なのです。

これは、行政からの転身組では無理です。
また、政治家(議員)からの転身組も無理です。
理由は、文字数が多くなるので、今日は書きませんが(近いうちに書きます)。

広島市を「経営」するのに、ドンピシャな人物、それがこやのん

こやのんの経歴を見ると、この人ほど広島市長にふさわし人はいないと思います。
広島市の財産はなにか、どうやったら新しい魅力を作ることができるか、それを同広島市の経営に役立てるか。
「経営」というと、単に儲けるだけ、という印象もありますが、そうではありません。その儲けで、どうやって、広島市民に充実してもらうか。
こう考えていくと、本当に、こやのんこそ、ふさわしい。
[ad#co-2]

本当に、選挙に出るなら、勝ちましょう

こやのんが、選挙に出るなら、勝ってもらわなければいけません。
サンフレッチェ広島のファン・サポは、まさにここに「結集」しなければなりません。

アピールポイントは、私は、広島の経営、だと思います。
サンフレッチェ広島やスタジアム問題は、その中のひとつ。
one of them。
もちろん大きなone of themですが。

こやのんが、市長になることは、広島市のため。広島市民のため。
サンフレッチェ広島のためではない。
ここをしっかり伝えないとですね
[ad#co-2]

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします

 にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメント

  1. ななしのごんべえ より:

    採算が見込めないアストラムラインの延伸は無駄遣い。その莫大な予算をサッカースタジアムへ!

    • 女装カープ男子 より:

      アトム延伸の必要もないし、サッカースタジアムを建設する必要もない。もしサッカースタジアム建設計画を中止したことでサンフレッチェが移転、除名となればサンフレッチェは所詮その程度の実力しかないクラブということなのだから。

  2. 女装カープ男子 より:

    小谷野氏が選挙に出馬したのが結果としてサンフレッチェにとっては取り返しのつかない失策だったのでは。出馬時に職を辞したとはいえ一クラブの球団社長が自社専用のスタジアムを建設するためだけに選挙に出馬、自社への利益誘導を図るのは狂気の沙汰としか思えない。こんな狂気の沙汰を止めなかったJFAやJリーグ事務局にも問題がある。