サンフレッチェ広島、鳥栖に1対1で引き分ける。東城穣主審は明らかにダメだけど、サンフもダメだった

負けていても、おかしくないゲームでしたね。

東城穣(とうじょうみのる)のジャッジも酷かったが(特に後半のロスタイム)、正直、サンフレッチェ広島の戦い方も疑問の残るものでした。

東城穣の疑惑のロスタイムは、もちろん大問題だが(これが問題化されないのが、今の、いかずっとこれまでもだけどJリーグのダメな所なのですが)、
昨夜のゲームで、サンフレッチェ広島が勝つのは、私は、今後のセカンドステージにいい影響を与えないと思ったので、かと言って勝ち点0はいやなので、まあ、あれで良かったのではないか、と思っているのです。

内容的には、全然ダメでしたよね

コンディションが上がってなかったのかもしれませんし、
前節の山形戦の祭りのあと、と言う感じだったのかもしれませんが。
鳥栖のディフェンスに、いいようにやられていた印象があります。

ここ数試合の、寿人選手が活きる攻撃まで、持って行かなかったなあ。
前線でボールが回ってなかったんじゃないでしょうか。

また、広島のディフェンス。豊田選手に、同じように2度やられるのは、ちょっと問題ありですよね。
豊田選手の決定力は凄い、とは思いました。脱帽です。
でも、
あそこまで楽にクロスを上げさせるのは、マズいでしょう。
2点目はコーナーキックでしたが。

それから、拓磨と岳人。せめてシュートは枠に行こうよ。
あんなにふかしたシュート(とも言えないような)を打つようじゃ、どのチームからも怖がられない。で、外した後、笑うのも、やめた方がいいと思うよ。

それにしても、昨夜のサンフレッチェ広島は、パスミスも多かったですね。
結構な割合で、鳥栖にカットされていた印象。

色んな意味で、鳥栖と比べて決定力が低かった(豊田の決定力半端無いし)。
こんなゲームをやっていたのでは、そりゃサッカーの神様は、勝たしてくれないって。
引き分けで、勝ち点1は、むしろありがたかったです。

2ndステージ、ワンランク上のサンフレッチェ広島を

もちろん、昨夜のようなゲームをやっていれば、ズルズルと落ちていくしかないけど、森保監督と紫の戦士は、そんなことはしないはず。
何がマズいのかしっかり分析して進化して欲しい。

このままだと、2ndステージは難しいでしょう。
しかし、このままでは終わらない。
さあ、どうする……。

次のゲームは7月11日のアウェイ仙台戦。
どう進化していくのか、見ていたい。


◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

コメント

  1. サンフレ教 より:

    FC東京戦もアディショナルタイム 勿論何処のチームでもある事だが
    リスク回避が出来てい無いのが今のサンフレです
    昨日は勝てる内容では無かったと思います
    東條さんはいつも一番目立っています 吉田さんも含め日本審判もJ2落ちとか
    すれば良いのに特に外国の監督に点数をつけて頂くのは如何でしょう
    誰も居なくなりかも知れませんが
    運動量が課題 この夏は三連敗とか有りそう
    柴崎選手 チンタラ歩くなよ

  2. 田舎の熊さん より:

     現地参戦してきました。得点のニオイは余りしない内容でした。CBからの縦パスも出ず相手にとっては怖さを感じない試合のように思えました。
    特に、リードしてのアディショナルタイムで若い前線の二人はボールをキープして逃げ切ろうとしていましたが、南米のチームの選手のような逃げ切れるほどの技量は持ち合わせていないと正直思いました。普通にボールを廻し、攻撃が詰まればリトリートして組み立て直して時間を消費し、シュートで終わるようにしていれば逃げ切れていたのでは?サガン鳥栖のストロングポイントが目立った試合でした。