もっと、Jリーグを盛り上げるには、どうすればいいんだろうか?  決算発表を眺めながら……

昨日、22時頃、広島に帰省した友人から「広島駅がカープユニを着た人たちでいっぱいだ」とLINEが入ってきた。

私も何度か遭遇したことがある。ズームズームでカープのゲームが有る日は、広島駅がカープのユニを着た人でごった返すのだ。
市民球場が今の位置に移転してからの、新しい広島の風情になった。

野球のことはよくわからないけど、カープは球団は結構儲かっている、というか健全経営なんですよね。
どうしてここまで、カープが盛り上がっているのかは、正直よくわからないのですが、とにかく、いいことだとは思うのです。

ヤクルト戦で、赤いビニル傘で応援するのはどうかと思うけど。

さて、サンフレッチェ広島はどうだろう

Jリーグも盛り上がってないわけじゃない。
昨日、3月決算以外のJ1からJ3のクラブチームの財務状況が発表されたが、それぞれのクラブチームが、おそらく、戦力的に努力して、赤字や債務超過のクラブは、ずいぶん少なくなってきてるし。

サンフレッチェ広島は、2012年に99%減資して債務超過を避けてからは、とりあえず健全経営が続いています。
が、観客動員が伸びているわけじゃない。

正直、佐藤寿人のようなスーパースターには、もっと年俸を出すべきだと思うけど、逆に寿人選手が広島のことを大好きになってくれて、一般的には割の合わない金額でプレイしてくれている。
私たちは、そのギャップを少しでも埋めようと、全力で応援するんだけど。

このような、クラブと選手たちとの血の滲むような努力と広島への思いで、経営は成り立っているわけなんだよな。
その結果、スポンサーがお金を出してくれる。もちろん、ファンやサポの思いや行動もあるし。

地元がサスティナブルに栄えることが、クラブチームが、サンフレッチェ広島が栄えること

やはり、Jリーグが栄える、ということは、そのクラブのお膝元である地元が栄える、ということなのでしょうね。

広島にはカープがある。
多くの広島の人は、優先順位に1位はカープ、その次がサンフレッチェでしょう。現状はね。

いずれ、このバランスは、私は逆転するとは思っているのですが、それには10年程度かかるかとは思います。

だから、やっぱり、地元が栄えることなのですよ。
私たちファン・サポは地元で、買い物やサービスを受け、できるだけ地元産の原材料が多いものを買う。
これを続けるしか無いのでしょうね。
エディオンで買えるものは、エディオンで買う。車に乗るならマツダ。などなど。
いや、小さなことでいいはずなんですよね、そこから始めるというい事なのでしょう。

そして一人でも多くの、まだエディオンスタジアムに行ったことのない友だちを連れて、エディオンスタジアムに行く。
やはりこれしかないのでしょうね。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

コメント

  1. 通りすがり より:

    球場が満員になっても、タクシーの売り上げと流川はほとんど恩恵を受けていません。カープとその関連会社だけが儲かっている。

  2. kamakura16 より:

    通りすがり様 コメント感謝です。

    広島全体が潤う発想が、大事だと思うのですけどね……。