名古屋グランパス対FC東京結果

Jリーグ

第25節の金J 名古屋 対 東京 の結果 FC東京の思い通りのゲーム運び。得点以上の開きを感じたゲームでした

投稿日:

名古屋グランパス 対 FC東京 の結果は
1 対 2でFC東京の勝利。
私の予測は、3 対 1で名古屋だったので大ハズレ。
私の勝ち点は0
(得点まで当たりの場合は、勝ち点3。勝ち負け引き分けが当たりの場合は勝ち点1。ハズレは0)

あ、先に書かせていただきますが、私自身がサンフレッチェ広島サポなので、ずいぶん傾斜した内容になると思いますので、悪しからず。

名古屋グランパスは、アタッキングサード辺りから崩せていない印象

風間八宏監督の元、観ていて面白いサッカー、縦横無尽な攻撃サッカーを目指し、今シーズンの初めにはそれが実現されつつあったような印象だったのですが、昨夜の瑞穂は、厳しかったです。
ポゼッションこそ優ったものの、あれはFC東京にカウンターを提供するために持たされていた印象でした。しかも、パスがことごとく引っ掛かりカットされ、F東とミドルからショートのカウンターが頻繁に炸裂していました。よく1対2で終われたな、という内容。
名古屋のサポはフラストレーションが溜まったのではないでしょうか。
最後の時間帯は、確かに名古屋が攻め込んでましたが、やや遠くから放り込むことしかできず、得点の香りはしませんでした。
どうした、名古屋。このままだとちょっとマズイ感じでした。
特に長谷川アーリアジャスール。ボールを受けると基本バックパス。怖さもなく、さらにパスが引っ掛かる。昨夜は厳しかった印象です。

FC東京は、永井謙佑とディエゴ・オリヴェイラ。そして高萩洋次郎

それにしても、FC東京のサッカーは徹底してるなあ、と思います。守ってカウンター。守ってカウンター。守ってカウンター。
ディエゴ・オリヴェイラと永井謙佑の2トップが効いているわけですが、特に永井の覚醒は大きいですよね。脚は速いけど。では無くなった。サッカーの選手もどんどん進化することを実感させてもらっています・
そして、高萩洋次郎。
やっぱりすごいなあ。
FC東京のサッカーを、単なるカウンターサッカーにしていないのは、この人でしょうね。
カウンターサッカーで優勝できるほど、Jリーグは甘くない。それは昨年のサンフレッチェ広島が失速したことが証明しています。
では、FC東京はどうだろう?
正直、優勝して欲しくない、このサッカーで優勝されるのはJリーグのレベルが問われる。でも、高萩洋次郎がいるからなあ……。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

-Jリーグ
-, ,

Copyright© サンフレッチェ広島を応援しよう! Jリーグで地域活性を! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.