日本代表 変身・進化? 対 UAE戦

【今日の一言】
これは楽しみになってきた

昨夜、というか今朝というか、まあ、深夜ですよね。

UAE 対 日本 アジア最終予選の2レグ(こういう言い方はしないのかな……)。
日本、見事でしたね。
ハリルホジッチ監督の采配もズバリ。チーム自体が進化してきたようですね。

私は、サッカーは好きですが、システムのこととかよくわからないのですが、
サッカーの戦術や技術的に詳しい友人の何人かが、
「このUAE戦は、エポックメイキングなゲームだったのではないか」と言っていたのです。

トップ下という役割をなくし、日本代表の戦い方の自由度の高さが上がった

本当に4-4-3で戦うことができた初めてのゲームだったのでは?
というわけです、私の友人たちは。

まあ、この文章を読んでいただいている皆さんの中で、サッカーに詳しくない人は、どんな意味なのかさっぱりわからないと思いますが^^;。実は私もそれほどわかっているわけでもないのですが、それでも精一杯の解説をさせていただきますね。

私の周りのサッカーに詳しい友人たちに寄ると、日本代表というのは、これまでずっと、トップ下を置いて戦う、ということをやってきたというのです。まあ、世にいう「司令塔」的な。
最近の代表で言うと、本田圭佑がその代表でしょう。

で、日本代表は三浦知良の時代から、ずっと司令塔に頼るサッカーをしていた、ということらしいのです。
これはこれで、ハマれば強いのでしょうが、自由度が低い、とうのは、何となくわかりますよね。だって司令塔の言うことを聞かなければならないわけで。司令塔の実力やコンディションに頼る、ということになってしまいます。

ところが、今回の日本代表はそうじゃなかったと。
友人たちいわく、自由度が高くなった、選手それぞれのポリバレントが高くなった、……そんな言い方をしていました。

どうやらこのことは、日本代表が、次の次元の強さを獲得できる可能性が出てきた、ということらしいのです。
このあたりのことを楽しみにしながら、これからの代表戦を観ていきたいと思います。

それにしても、今野と川島、すごかったですね。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村