MENU

天皇杯でよく起こるジャイアントキリングに思うこと Thoughts on the Giant Killing that often occurs in the Emperor’s Cup 

  • URLをコピーしました!

2023年度天皇杯 サンフレッチェ広島初戦(2回戦)を勝利

ジャイアントキリングというと、弱者が強者に勝つこと。日本語で言うと「番狂せ」が近いでしょうか?

みんなジャイキリは大好物です。
なぜでしょうね? 強いものが、あるいは強いとされているものが負けるのは気持ちいいのでしょうね。
逆転とか好きですし。それはスポーツだけではなく政治とか経済の世界でもそうですよね。ドラマティックですしね。
徳川家康の凄さを認めながらも、真田幸村ファンは多いものです。判官贔屓の遺伝子が多いのでしょうか。

目次

サッカー天皇杯では高確率にジャイアントキリングが起こる、気がする

普段はJリーグに見向きもしない旧来のマスメディアが、急にJリーグを取り上げるのも、サッカー天皇杯でジャイキリが起こった時。
つまりJリーグのクラブが下位のカテゴリーに負けた時。
嬉々として発信しているその様を見ると「人の不幸は蜜の味」という言葉が浮かんできます。
そんな蜜の味に溢れるのがサッカー天皇杯。Jリーグが登場するのは2回戦からなのですが、この辺りで、結構多くのジャイキリは起きるのです。

昨日6/7の2回戦では、ガンバ大阪が高知ユナイテッドに1対2で敗れてしまった。
ガンバ大阪はJ1。高知はJFL。J3の下言わばJ4(リーグの性質が違うので、一概には言えないけど)。
上位のクラブにとって、ジャイキリはあってはならないこと。でも、ことサッカー天皇杯に於いては、先ほども書きましたが頻繁に起きるような気がするのです(エビデンスはない)。

なぜ、サッカー天皇杯でジャイキリが起こりやすいのか?

それはもう明白ですよね。
上位のクラブは戦わなければならないゲームが多く、全部のゲームをベストメンバーで臨むことにはリスクがかなり伴うからです。
もちろん、天皇杯に参加する全てのクラブは、天皇杯以外のゲーム(リーグ戦を中心に)を、上位のクラブ同様に戦うのですが、やはりそこは質量共に上位のクラブの負荷の方がはるかに高い。
そのため上位のクラブは、この時期の天皇杯に於いては、当たるクラブが下位であることも多く、メンバーをターンオーバーするケースが多いのです。
つまり、ベストメンバー(色々解釈がありますが)ではないことが多い。
サッカーは走りまくる競技です。そりゃあ疲れます。多くのトップの選手はシーズン中はアルコールやニコチンを体内に入れず、試合後はしっかり心身ともにメンテナンスをして、それでも週1のプレーが限界とも言われています。
だから主力をここで休ませて、若手やレギュラーには一歩届かないメンバーをら登用するのです。実際、ターンオーバーの機会を得てそこから主力に格上げになる選手もたくさんいます。一方下位のチームは「ここぞ」と言う意気込みで、ベストメンバーを揃えてくる。
上位のクラブはどこまでターンオーバをするか? ベンチに入れる選手はどうするか……。
ターンオーバーは監督と選手のそれぞれの能力が試される重要な戦術シーンなのです。
でも、いや、だからこそ、ジャイキリが起きる可能性が高くなる。
昨日のガンバ大阪対高知ユナイテッドも、両者ベストメンバー・ベストコンディションで勝負すれば、100回やって100回ガンバが勝つことでしょう。そうはならないのが、天皇杯の2回戦とか3回戦なのです。

サンフレッチェ広島も、何度もジャイキリにあった

私が愛してやまないサンフレッチェ広島も、何度も痛い目にあった。それは昨日6/7の記事にアップしたのでぜひ読んでくださいね。
昨年度は決勝戦で激しくもジャイキリを起こされてしまった。あれは上記のような理由で起こったジャイキリではなかったですね。吉田達磨監督(当時)の一発勝負に長けた戦術で、ヴァンフォーレ甲府が賜盃をものにしたのです。
今年は、サンフレッチェ広島は昨年度の忘れ物を取りにいかないとです。

日本のサッカー力の底上げが叶っている

ジャイキリは、上位のクラブにとってはあってはならないこと。でも、日本サッカーを考える上では、むしろいいことなのかもしれない。
ます、昨年のワールドカップで、ナショナルチームはドイツとスペインを下してベスト16の結果を得た。
コレこそ一発勝負のジャイアントキリングだったけど、それでも日本の実力がそこまで上がってきた、という証拠でもありますよね。
これをサッカー天皇杯に置き換えると、やはり下位のクラブの力もついてきた、ということなのだと思います。そう考えると、日本のサッカーを考える場合はジャイキリもあっていいことなのかもしれませんね。

さて、われらがサンフレッチェ広島は、5対0の圧倒的なスコアでFC徳島に勝利しました。

先ずは順調な滑り出し。
今年こそは、ぜひ賜盃を。淡々と、されどしたたかに。

さて、みなさん、DAZNに加入していますか?
自分の大好きなクラブのためにも(天皇杯の放送はありませんが)
ぜひ、DAZNへ加入しましょうねーーー。
 ダゾーンDAZN加入はこちらから。



にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村_

Thoughts on the Emperor’s Cup Giant Killing

Winning the first game (2nd round) of the 2023 Emperor’s Cup for Sanfrecce Hiroshima

Giant Killing is a victory of the weak over the strong. In Japanese, it would be closer to “ban kuru wase”.

Everyone loves giant killing.
I wonder why? I guess it feels good to see the strong or supposedly strong lose.
They also like upsets. It is not only in sports, but also in the world of politics and economics. It is dramatic.
There are many Yukimura Sanada fans, even though they recognize the greatness of Ieyasu Tokugawa. Is it because there are many genes of favoritism toward the shogunate?

In the Emperor’s Cup soccer tournament, there is a high probability of giant-killing, I feel.

The old mass media, which usually does not pay attention to the J. League, suddenly picks up the J. League when a giant-killing occurs in the Emperor’s Cup.
In other words, when a J-League club loses to a lower category.
When I see them gleefully reporting the news, the phrase “human misfortune is the taste of honey” comes to mind.
The Emperor’s Cup is the first round of the tournament, and the J-League only makes an appearance in the second round, but it is around this time that a lot of jai-kiri happens.

Yesterday, June 7, Gamba Osaka lost to Kochi United 1-2 in the second round.
Gamba Osaka is in the J1 league, while Kochi is in the JFL, or J4 under the J3 league (the nature of the league is different, so it is hard to say).
For the top-ranked clubs, there should be no giant killing. But in the Emperor’s Cup, as I mentioned earlier, it seems to happen frequently (I have no evidence).

Why is it so easy for giant killing to occur in the Emperor’s Cup?

That is already obvious, isn’t it?
It is because the top-ranked clubs have many games to play, and there is a considerable risk involved in playing all the games with the best team members.
Of course, all clubs participating in the Emperor’s Cup play games other than the Emperor’s Cup (mainly league games) as well as the top clubs, but the load on the top clubs is much higher, both in terms of quantity and quality.
Therefore, the top clubs often turn over their members in the Emperor’s Cup at this time of the year, since the clubs they are playing are often lower ranked than the top clubs.
In other words, it is often not the best team (there are many interpretations).
Soccer is a running game. That is tiring. Many top players keep alcohol and nicotine out of their system during the season, and maintain their bodies and minds well after games, and even then, it is said that playing once a week is their limit.
That is why the mainstay of the team is rested here, and young players and members who are one step short of the regulars are promoted. In fact, there are many players who get a chance to turn over and become the mainstay of the team. On the other hand, lower-ranked teams are determined to make the most of their opportunities and bring out their best players.
How far will the higher ranked clubs go with turnovers? What about the players that can be put on the bench? ……
Turnover is an important tactical scene that tests the respective abilities of the coach and the players.
But, no, that is why there is a greater chance of jai-kiri happening.
In yesterday’s match between Gamba Osaka and Kochi United, if both sides played with the best members and in the best condition, Gamba would win 100 times out of 100. That does not happen in the second or third rounds of the Emperor’s Cup.

Sanfrecce Hiroshima, too, was jai-kiri’d many times.

Sanfrecce Hiroshima, a team I love, has also been hurt many times. I uploaded that in an article yesterday, June 7, so please read it.
Last year, they were jai-kiri’d violently in the final game. That was not a jai-kiri that happened for the reasons mentioned above. It was a tactic by then coach Tatsuma Yoshida, who was very good at one-shot games, and Van Foret Kofu won the gifted cup.
This year, Sanfrecce Hiroshima must go and get what they forgot last year.

The bottom of Japan’s soccer power is being raised.

Giant killing is something that should not happen to the top-ranked clubs. But it may be a rather good thing for Japanese soccer.
In last year’s World Cup, the national team beat Germany and Spain to reach the last 16.
This was a one-shot giant-killing, but it was also proof that Japan’s ability had risen to that level.
If we translate this to the Emperor’s Cup, I think it also means that the lower ranked clubs are getting stronger. In that sense, it may be a good thing for Japan’s soccer to have a giant-killing.

Well, we, Sanfrecce Hiroshima, defeated FC Tokushima by an overwhelming score of 5-0.

We are off to a good start.
This year, we would like to win the cup this year. We will be calm, but still be tough.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次