Jリーグの面白さを伝えるのは、テレビや新聞などではなく、私達サポーターなのだ!  

テレビや新聞(一般紙やスポーツ新聞)を見ても、Jリーグのことを取り上げていることは少ない。
ワールドカップ関連は、それなりに多いし、本田圭佑がACミランに加入したとかは取り上げてはくれる。また、柿谷とか、今後のスターを作ろうとしている感じもわかる。

しかし、Jリーグそのものや、面白さを取り上げることは、ほとんどない。

私達の絶対エース=佐藤寿人選手のことを取り上げるマスコミも少ない。これは残念ながら、広島に於いても、同じことなのです。広島はサンフレッチェ広島に冷たいんですよ、結構。

私は、いつも思うのですが、日本の人口が減っていく中で、ここ十数年は、サッカー人口は増えていくことでしょう。Jリーグも、人気が高まっていくでしょう、その理念とともに。
私は、マスコミもJリーグの面白さを伝えることに力を入れたほうが、将来的にも自分たちにメリットがあると思うのですが……。そして日本の地域の経済のためにもなると考えているのですが。

マスコミをあてにするのではなく、自分たちで盛り上げていこう

ということで、マスコミはあてにならないのです。マスコミの多くは、Jリーグの本質(地域密着で、サポーターとともに歩む)ことの素晴らしさを伝えようとしてはいない。もしかしたら、マスコミの人たちは、インスタントに部数が上がる、視聴率が取れる、話題しか興味がなのではないか、と勘ぐってしまう。本当は、これから発展するJリーグの楽しさを盛り上げていくことが、部数や視聴率のアップに、将来的につながるのではないかと思うのですが。
もしかしたら、マスコミの人たちは、Jリーグの楽しさに気づいていないのではないか?
であれば、Jリーグの楽しさを伝えていくのは、その楽しさをよく知っている、私達、サポーターやファンなのではないでしょうか。
ということで、
みんなで、どんどん、Jリーグの楽しさを周囲の人に伝え、巻き込んでいきましょう。
この面白さをどうやって伝えるか、私達一人ひとりが必死に考えていきましょう。一人ひとり、それぞれの方法で。

Jリーグ幹部の戦略もあてにできない。プレイオフなんて、くそくらえ!

Jリーグの幹部にも、任せてられません。彼らは、10億円の売上が落ちるので、2ステージ制にしてプレイオフをやって、なんて、時代遅れのことをやろうとしています。
最悪です

どこかの広告代理店に騙されているとしか言い様がないというか、他に智慧はないのか、というか。
こんな方法では、真のJリーグファンは増えません。バブルです、バブル。

では、どうすればいいのか……

と、ここまで書いて、時間がなくなってしまいました。
続編は、こちらの記事「サポーターの力で、10億円以上稼ごうじゃないですか! あなたの友達を、新しいサポーターにしよう!」に書いています。
ぜひぜひ、読んでくださいね。

ブログランキング、ひと押し、よろしくお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です