Jリーグの公式戦を、海外で(東南アジア中心に)やってみるのはどうだろう

【今日の一言】
もちろん、私達も東南アジアに遠征だ!! ^_^

Jリーグは、東南アジアとかで結構人気のコンテンツなんだ。
日本においては、エンターテインメントスポーツと言えば野球、という人もまたいらっしゃるでしょうが、世界においては圧倒的にサッカー・フットボールですからね。
多くのJリーグクラブが、既に、東南アジアでのマーケティングを展開しています。
[ad#co-2]

で、ここはさらに、各クラブ1ゲームほど、東南アジアで公式のリーグ戦を行う、というのはいかがでしょうか。
まあ、選手の身体への負担とか結構高まるとは思うのですが、今後のことを考えたら、東南アジアはしっかりJリーグブランドを高めておきたいな、と思うのです。
今でも結構、Jリーグブランドは高いと思うのですよね……。だから、真剣勝負の公式戦を各クラブ1回やることで、さらに東南アジアにファンを作ることが出来るのかと。

Jリーグのマーケットは当然、日本だけでないですよね。
東南アジアでさらにJの人気が高まると、さらにいい流れが出来ると思うのです。
もはや地上波のテレビ局の中継に頼る時代は終わっています。
[ad#co-2]
ネット配信のDAZNにとっても、東南アジアの美味しい市場で、もちろんこれからさらに経済的なチカラもアップすると思うので、「Jリーグを東南アジアの人々がDAZNで楽しむ」という図式になり、DAZNとJリーグの契約も更に発展する。するとJリーグも更に発展する。

東南アジアで日本にさらに興味を持ってもらえるきっかけになると思うのです。
私が愛するサンフレッチェ広島であれば、
東南アジアでサンフレッチェ広島のサッカーに興味を持ってもらい、さらに広島に興味を持ってもらい、改めて世界で最初の原子力爆弾を被爆した市であることを知ってもらい、それらが平和を改めて考えるきっかけになったり、広島を訪れてみようか、というきっかけになったり……と発展していくんだと思う。

どうだろ、東南アジアでの公式戦。いいとおもうんだけどな……。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする