FIFAワールドカップ、準優勝に終わったアルゼンチンの奇策、決まらず

FIFAワールドカップ ドイツが順当優勝。アルゼンチンに勝って欲しかったけど。

FIFAワールドカップが終わりました。
ドイツが延長の後半、ゲッツェのシュートで1対0で勝利。
何となく組織だって攻めるドイツ。
バイタルエリアからペナルティエリア付近への縦パスを入れて崩す、というドイツの攻撃に対して、しっかり中を厚くし、サイドに逃げられればしっかりケア、というアルゼンチンの守備、という構図だったのではないでしょうか。
私が移動しなければならず、延長戦を全く見ることが出来なかったのですが、90分間は上記の戦いのように思えました。

アルゼンチンの奇策、メッシをとにかく疲れさせない作戦

終わってみれば、下馬評通り、ドイツの優勝。本サイトでも記事としてアップしましたが、バイエルン・ミュンヘンとドルトムントの合体チームである(後半はさらにバイエルン感が強くなっていましたが……)わけですから、熟成度が違います。クラブチームの、しかもブンデスリーガの1位2位のチームの強化がそのまま代表の強化につながるような構成なわけですから、ドイツとアルゼンチンのチーム力を比べると、かなりドイツの方が上だったと思います。
それでも、アルゼンチンは、優勝してもおかしくないゲームでした。
私は、そこに、アルゼンチンの奇策があったのだと思います。
その奇策とは、とにかくメッシを疲れさせない、というもの。
キーパー含め、10人で徹底的に守る。メッシは守らなくてよし。その代わり疲れない。疲れないで、90分間、ここぞという時に、決めてくれ。
こういう戦術だったのではないでしょうか。

というわけで、メッシが決めなければいけないところで決めきれなかったので、ドイツの優勝、となったわけですね。
それにしても、メッシはどうしたんでしょうね。どこか悪かったのかなあ……。

さあ、Jリーグです。サッカーファンでない人を魅了するサッカーを

FIFAワールドカップの夢の様な時間が終わりました。僕は、結構、汚いサッカーをする国が多いのに、何だか嫌だなあ、という印象が残った大会でしたが、決勝は、比較的クリーンでしたね。
さあ、Jリーグが再開します。
ドイツの優勝のことを考えれば分かる通り、Jリーグの強化が、日本代表の強化に繋がります。まあ、僕は日本代表なんて、正直、どうでもいいのですがw。
みなさん、Jリーグに注目しましょう。そして、面白くないサッカーをするようであれば、どんどんブーイングをしていきましょう。
サッカーファンではない人を魅了するサッカーをしてください。
それは村井チェマンが言う、意図的な遅延行為なしとか、そういった馬鹿げたことではなく、勝ために、何をどうするか。個性を徹底的に打ち出したサッカーです。
それらの個性をチームが明快に打ち出してチームをキャラ化していけば、絶対面白くなるって。もちろんその個性を打ち出した戦略とそれぞ実行するレベルが高いことは条件ですが。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です