DAZNダゾーンの破壊力は、半端ない、はずだ

テレビやネットで、Jリーグの広告をよく見る。正確に言うとJリーグの広告ではなく、今年からJリーグのゲームをネットで配信するDAZNダゾーンの広告だけど。

とにかく私はよく見る。佐藤寿人が好きで、サンフレッチェ広島が好きで、Jリーグが好きで、サッカーがすきだから、ネット上でこれらに関する話題をよくチェックする。だからおそらくリタゲされているのだろうことは予想がつくが、地上波でも目にするので、世の中的に、サッカーが、Jリーグが話題に上っているなあ、と感じるわけですよ。

まあ、実際、サッカーやJリーグに関心のない人たちが、どこまで関心を持ってくれるかはわからないけど、これもあくまで私の感覚ですが、地上波は日本のプロ野球のキャンプ情報をやっている。あれって、どれくらいの人が興味を持ってみているのだろう……。私には(あくまでも私には、ですが……^^;)惰性としか思えない。
日本にまだ、エンターテインメントスポーツが野球しかなかった頃、「この時期は、プロ野球のキャンプでしょ」と、50歳以上の世の中の感覚とズレてしまった人たちが指示を出しているとしか思えない。それに対して、だれも意見できない地上波テレビ局。もう、昭和は30年位前に終わっているのですよ。
小学生で、三角ベース的なものも含めて、どれくらいの児童が野球をやったことがあるのだろうか……。

おっと、全然関係ない話になってしまったので、

話をDAZNダゾーンに戻そう。

ネットで動画配信、という感覚に大いに違和感あり、という人も多い。
これに関しては、あっという間に慣れますよ。これこそ時代の感覚です。
数回見ればもう、全然オッケー(私もここ数年、ずっとスカパー!のオンデマンドで観ていましたから)。
むしろ、電車で移動中だったり、カフェの中で見れたりするので、ありがたいくらいです。
Jリーグのゲームが、以前のように場所にとらわれず、ある程度自由に見れて、一月980円から1,750円で見ることが出来る。
しかも他のコンテンツも。(これ、アフィリエイトでも何でもないです。単純にJリーグと高額契約してくれて、さらに良いコンテンツを提供してくれるわけで、普通に紹介しているだけですからね^^;)

サッカーは大きな画面で見たい、という人も。
ネット配信でも、テレビモニターに転送することは簡単ですよ。
もう、地上波の時代ではないのです。早くネット配信に慣れたほうが、よっぽど楽しいです。

さあ、2月25日は、いよいよJリーグの開幕ですね。楽しみですね。
私は開幕戦は、広島に戻り(故郷なのです)、ホームのエディオンスタジアムでサンフレッチェ広島対アルビレックス新潟に参戦してきます。

いよいよ、熱い戦いが始まりますね。
時に静かで、ほとんど激しい恋愛のような、絶望と歓喜を楽しみましょう。

そろそろ、DAZNダゾーンに入会しようかな。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする