カテゴリー別アーカイブ: Jリーグ

DAZNダゾーンの破壊力は、半端ない、はずだ

テレビやネットで、Jリーグの広告をよく見る。正確に言うとJリーグの広告ではなく、今年からJリーグのゲームをネットで配信するDAZNダゾーンの広告だけど。

とにかく私はよく見る。佐藤寿人が好きで、サンフレッチェ広島が好きで、Jリーグが好きで、サッカーがすきだから、ネット上でこれらに関する話題をよくチェックする。だからおそらくリタゲされているのだろうことは予想がつくが、地上波でも目にするので、世の中的に、サッカーが、Jリーグが話題に上っているなあ、と感じるわけですよ。

まあ、実際、サッカーやJリーグに関心のない人たちが、どこまで関心を持ってくれるかはわからないけど、これもあくまで私の感覚ですが、地上波は日本のプロ野球のキャンプ情報をやっている。あれって、どれくらいの人が興味を持ってみているのだろう……。私には(あくまでも私には、ですが……^^;)惰性としか思えない。
日本にまだ、エンターテインメントスポーツが野球しかなかった頃、「この時期は、プロ野球のキャンプでしょ」と、50歳以上の世の中の感覚とズレてしまった人たちが指示を出しているとしか思えない。それに対して、だれも意見できない地上波テレビ局。もう、昭和は30年位前に終わっているのですよ。
小学生で、三角ベース的なものも含めて、どれくらいの児童が野球をやったことがあるのだろうか……。

おっと、全然関係ない話になってしまったので、 続きを読む

切なさと、絶望と、それでも希望と可能性を追いかけて

2017年のJリーグシーズンが始まる。あと1週間ちょっと。

各クラブ、いろんな補強を行い、一方で大切な戦力を失い、まあ、とにかくいろいろありますよね、シーズンオフは。
選手の移籍に関してはいろいろな意見があるでしょうが、私は、移籍市場は活発な方がいい、と思っています。
それは、選手のためにもなるし。
私は、感覚として、思春期のころの恋愛感覚が呼び覚まされるんだよね^^;。
あの娘はどうやらアイツのことが好きらしい……。ちょっと好きになりかけていた女子が別の男子が好きだったり。
付き合ってた女子が気づいたら別の男子と付き合っていたり。あの頃の甘酸っぱい感じに似てる。
まあ、そんな悠長なことは言ってられないのかもしれないのですが……。

続きを読む

今年は、Jリーグがスポーツコンテンツの主役に躍り出る予感がする

J1リーグ開幕まで1ヶ月を切った。そうなると俄然そわそわしてくる。
贔屓目に見ているのかもしれないけど、地上波レベルでも、今年はJリーグに関する情報が多いように感じる。
鹿島アントラーズのクラブワールドカップでの活躍が大きかったんじゃないかなあ。そこに関してはアントラーズありがとう、と言うしか無い。ありがとう。
それからダ・ゾーン(DAZN)が放映権を獲得し、多くの資金がJリーグに入ることも話題喚起に寄与しているんだと思います。

日本に、もっともっとJリーグが定着してほしいなあ、と思います。
各地域に地域から愛されるクラブがあり、地域の人がクラブを中心にして集まり、その地域に活気が生まれていく……そういう展開になっていけばいいな、と思っているのです。
そして、そのクラブは、ビッグクラブだろうがプロビンチャだろうが、Jリーグを1年間戦い抜き、ACLに繋がり、クラブワールドカップへの道がある。
うちの地域の大きくないクラブでも、世界一になるチャンスがある……。これほど面白い地域活性のコンテンツが他にあるだろうか。

短いシーズンオフが終わり、各クラブとも補強がほぼ終了。
そりゃ、色々な思いがある。サンフレッチェ広島のサポである私にもあるし、他のクラブのサポの方にもある。
でも、その色々を受け止めて、受け入れて(なかなかそうもいかないこともあるんだけど)、それでも戦いは始まるんだから。

長いようで短い、短いようで長い。そんな2017年シーズンが始まる。
紫の戦士始め、どこのクラブの戦士も、そしてクラブ同士の戦いに関わる人たち、全てのサポーターが、絶望と歓喜の波に飲み込まれる。
フットボールファンにとっての、Jリーグファンにとっての、幸せな時間があと1ヶ月もしないうちに始まるのだ。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

1月3日にスタジアムの話をしよう アウェイスタジアムの勝手にランキング その2

【今日の一言】
スタジアムはこれから地域活性のキーになってくるのでしょうね

本日は、再びアウェイのスタジアム勝手にランキング。
(前回の記事は
大晦日にスタジアムの話しをしよう その2 アウェイスタジアムの勝手にランキング(その1)
を御覧くださいませ。

私がこれまで行ったことのあるアウェイのスタジアムを勝手にランキングさせていただいています。
行ったスタジアムは12スタジアム。
私の思い出した順で

茨城県立カシマサッカースタジアム
山梨中銀スタジアム( 山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場)
味の素スタジアム(東京スタジアム)
日立柏サッカー場
埼玉スタジアム2002
NACK5スタジアム大宮(さいたま市大宮公園サッカー場)
等々力陸上競技場
日産スタジアム(横浜国際総合競技場)
Shonan BMWスタジアム(平塚競技場)
IAIスタジアム(静岡市清水日本平運動公園球技場)
豊田スタジアム
私立吹田サッカースタジアム

で、私が前回に提示した12位から7位は以下の通り。

12位は、Shonan BMWスタジアム
11位は、山梨中銀スタジアム
10位は、味の素スタジアム
9位は、日産スタジアム
8位は、茨城県立カシマサッカースタジアム
7位は、等々力陸上競技場

理由は前回記事(本記事の冒頭にリンクを貼ってあります)を御覧ください。

では、6位から1位を発表いたしましょう。

6位は、IAIスタジアム(静岡市清水日本平運動公園球技場)
サッカーを見るためのスタジアム。一体感もあり良いスタジアムだなぁ、と感じました。ただ、遠い。そういう印象。私が日本平に観戦に行ったのは、清水の中心街から車で行ったので公共交通機関で行くときの便利さや不便さはちょっとわからないのですが……。

5位は、豊田スタジアム
専スタで、屋根も比較的広く、いいなあ、と思うのですが、問題は名古屋から遠いこと。名古屋からまた名鉄で30分くらい。そこからまた15分程度(混んでると20から25分)くらい歩く。これがめちゃくちゃネックです。やっぱり場所は大事。場所としてはダメだよな……。
それからスタグルに一言。スタジアムの外のスタグルは美味しかったし、名古屋らしいし、よかったです。
ただ、スタジアムの中の売店のビール。これが酷かった。生ビールが700円。しかも、冷蔵庫に冷えているスーパードライの缶を開けて、紙コップに注ぐという……ガッカリだよ、ホンと。

4位は、私立吹田サッカースタジアム
もちろん一体感は素晴らしい。応援に力も入ります。
スタグルも現状日本で一番だと思う(多分)。大阪の名店がグルメゾーンに並んでいて(何と、スタンドを1周しているのです)、ゲームが終わり大阪に戻ってどこに飲みに・食べに行こうかをその出店しているお店の中から決めてもいい感じです。
しかし……大阪の中心街から遠い。これ、致命的。30分位電車を乗り継ぎ、さらに20分くらい歩く。遠すぎる。遠すぎるよ。

3位は、埼玉スタジアム2002
いいスタジアムだと思うます。人数も入るし、やっぱり大きな専スタはいいなあ、と思います。
スタグルもしっかりしてるんですよね。お祭り感も高い。
だけど、何か足りない。ちょっと浦和美園駅からも遠いし。
これからスタジアムあたりの周辺がどうなるか、にむしろ興味がありますね。

2位は、日立柏サッカー場
う~ん、なぜこのスタジアムが2位なのか、疑問の方も多いと思うけど……。とにかく一体感半端ないです。ゴール裏は最高。
平塚と一緒で、ゴール裏には椅子がないのですが、専スタなのでぜんぜん違うんだよね。
スタグルもいろいろ工夫あり。ほんと、興味あるメニューがいっぱい。
柏の駅から20分位歩くんだけど、その道を、地元の方々が盛り上げようといろいろ努力されているところも素敵。
ジャイアントキリング(コミックの)のモデルになっているスタジアム、というところもいいですよね。
施設としては、あまり評価はできないのですが、やっぱりサッカー観戦は一体感なんですよね……^^

1位は、NACK5スタジアム大宮(さいたま市大宮公園サッカー場)
堂々の1位です。NACK5スタジアム大宮も、設備としては凄いわけではないと思うのですが、やっぱり一体感が半端ない。ゴール裏に椅子はありますし。
また、大宮駅から商店街、氷川神社の参道と歩いていくのですが、それほど近いわけではないのですが、趣があるのです。
商店街では、アルディージャのフラッグと相手クラブのフラッグがずっと掲げてあり、氷川様の参道は、それはもう厳かで。そこを抜けるとスタジアム。盛り上がります。

さて、この中にサンフレッチェ広島のビッグアーチをランキングさせるとしてら何位かなあ……
10位と11位の間ですね。
味スタより下。山梨より上。
遠くて、一体感がない。

さて、今年は広島のスタジアム問題、進展するのでしょうか?
広島市長は、原爆ドームの北側の建設物の高さ制限を立法化しようとしているみたいです。
相変わらず、汚い、自分のことしか考えていない人ですね。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

鹿島アントラーズ 天皇杯を制す。そのままアンチ爽やかで今年も突っ走ってくれ

【本日の一言】
主観なので、許せ

やはり天皇杯は、鹿島だったですね。
本当に嫌なサッカーをする。

嫌というのは、どういう意味なのか、ちょっと自分でも考えてみる。

まず、鹿島アントラーズは嫌いだ、ということ。
ジーコがいた頃のアントラーズは好きだたtけど、それ以降は本当に嫌い。
自分たちに不利な判定がくだされると審判を取り囲む。これ明らかに反則。昨年の天皇杯、広島との戦いでも、監督がボールを渡さず明らかな反則行為。昨日だって西の延髄斬りに対して何の反則もなし。ありえないでしょう、審判。アントラーズを勝たせたいのか?

ジーコが対ヴェルディ戦だったと思うけど、ボールに唾をはいた事件があったが、全くそんなこと忘れているのでしょうね。
ここまでは、純粋に嫌い、という思い。

もう一つは、やっぱり老獪で強い。
戦うのがイヤ、とは思わないけど、老獪なチームだと思う。
昨日だって結局、フロンターレの超弱点であるセットプレーの守備を突いて。延長線では、あまり走れなくなったフロンターレに対して、一人で決める力のあるファブリシオを入れてくる。
石井監督は、良い監督だよなぁ、嫌いだけど。

昨シーズンは、サンフレッチェ広島は、正直、こてんぱんにやられた。あそこまでやられる?って感じだった。
嫌いだけど、強いよなあ、鹿島は。
だから、鹿島はこのまま、突っ走ってくれ。嫌いだけど強いままでいてくれ。急に爽やかな感じにならないで欲しい。
鈴木優磨や金崎夢生や小笠原満男のイメージのまま、アンチ爽やかな、サッカーを続けて、強いままでいて欲しい。

その嫌~~な感じの、でも強~い鹿島を叩いていてこそ、本当に強いサンフレッチェ広島になれるのだから。
2017年シーズンは、鹿島アントラーズが調子に乗る前に、いろんなクラブが叩きまくろう^^ (それだけやんないと、鹿島の独走になるかもね)

p.s.
それから、鹿島アントラーズは、もっとアウェイのサポーターのことを考えるべき。
交通機関がなさすぎる。それからスタグルが貧弱すぎる。これは、早急に改善して欲しい。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

大晦日にスタジアムの話しをしよう その2 アウェイスタジアムの勝手にランキング(その1)

【今日の一言】
スタジアムももう次の時代へ
専スタだけではやってられない

私は、関東地方を本拠地としているので、いくつかのアウェイのスタジアムでサンフレッチェ広島を応援した経験があります。

思い出した順に、列挙してみますね。正式名称ではないと思いますが…

茨城県立カシマサッカースタジアム
山梨中銀スタジアム( 山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場)
味の素スタジアム(東京スタジアム)
日立柏サッカー場
埼玉スタジアム2002
NACK5スタジアム大宮(さいたま市大宮公園サッカー場)
等々力陸上競技場
日産スタジアム(横浜国際総合競技場)
Shonan BMWスタジアム(平塚競技場)
IAIスタジアム(静岡市清水日本平運動公園球技場)
豊田スタジアム
私立吹田サッカースタジアム

アウェイは12スタジアムですね。

で、偏見たっぷりに評価をさせて頂きます。
ほんと、私見なので、炎上しないでくださいね。m(_ _)m

12位は、Shonan BMWスタジアム
残念ながら、ここのスタジアムはプロフェッショナルクラブが使うスタジアムとは感じませんでした。
サポーターエリアは、ゴール裏なのですが、席には椅子がない。しかも、陸上競技のトラックがあるので、遠い。湘南ベルマーレのサッカーは別として、とにかくこれがプロフェッショナルのクラブがホームとしているスタジアム?と疑問が残りました。

11位は、山梨中銀スタジアム
ここも陸上競技場を兼ねているので、厳しいです。
椅子はあります。
しかし、甲府駅からバスでかなり時間をかけて移動した記憶があります。
特に帰りはキツかった。
氷の入ったコップにワインをぶっこんで飲むスタイルは楽しかったけど。

10位は、味の素スタジアム
なぜ、このランクで味スタ?とお思いでしょうが、やはり観客席からピッチまでが遠い。「東京」と名のつくクラブがホームスタジアムにしているにも関わらず、です。屋根も中途半端なんですよね(もちろん、あることは素晴らしいのですが)。
ファン・サポと選手たちの一体感はもっと欲しかった。
あと、アクセス問題ですね……。
いろんな駅からバスが出ているのですが、やはり遠い。

9位は、日産スタジアム
これもほぼ味スタと同じ理由で、低ランクです。
味スタより、評価したのは、新横浜という新幹線も停車する駅の近くである、ということでしょうか。
私見ですが、私はここで、オリンピックの陸上競技をやれば良いと思います。
横浜F・マリノスは、みなとみらいに、素晴らしい専用スタジアムを持つべきです。

8位は、茨城県立カシマサッカースタジアム
専用スタジアムで一体感のあり、素晴らしいのですが、とにかく遠すぎる。アウェイの人間からしてみれば、その遠さは宇宙クラス。
何しろ、東京駅からバスで2時間。で、ちょっと混むとバス待ち1時間とかになるわけです。
ホームの人からしてみれば、いいのかもしれませんが(ホームではないのでわかりません)、あの遠さは酷い。
それからスタジアムグルメ。これも貧弱。アウェイをもっと大切にしてくださいよ。

7位は、等々力陸上競技場
私は好きなスタジアムです。武蔵小杉の駅からバスで10分位。歩いて20分位かな……。
周辺の雰囲気もいいですし、スタジアムに繋がる道の両側に立ち並ぶスタグルも、そりゃあ、サーカスが来たようで祭り感満載。楽しい。
スタンドに入っても、ホームのファン・サポたちのフロンターレ愛してる感がいい感じで伝わってきます。
しかし、6位なのは、やっぱり遠いから、ピッチまで。特にゴール裏。残念です。しかも名前が「等々力陸上競技場」。
川崎の皆さん、早く専用スタジアムを作りましょう。絶対もっと盛り上がるって。

ということで、12位から7位まで、独断と偏見でランキングしてみました。
文章が長くなってきたので、5位から1位は、またの機会に……。
きっと来年だな^^;

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

鹿島対広島 12月24日の天皇杯準々決勝は、注目必至

私の大好きな友人が、Facebookで次のような内容のことをアップしていました。

サッカー天皇杯準準決勝が楽しみです。
今回のクラブワールドカップ決勝戦で鹿島が健闘した事で、24日の準準決勝の注目度が確実に上昇しました。
昨年のJリーグ覇者広島対今年の覇者鹿島。
FIFAクラブワールドカップ2015年3位チーム対2016年2位チーム。
最近の対戦成績で見れば、広島は鹿島に勝てていませんが、鹿島は過密日程で、疲労が抜けていない筈ですから、広島にもチャンスがあります。
とにかく楽しみです。


確かに、そうなんですよね。昨年から考えると、ゴールデンカード。鹿島がクラブワールドカップで素晴らしパフォーマンスを見せてくれたので、日本においては注目が集まります。
そこで、私達サンフレッチェ広島としては、ここのところ、いいようにやられている鹿島アントラーズを撃破して、「やっぱりサンフレッチェ広島ここにあり」と日本中に知らしめたいところです。
それにしても、鹿島アントラーズもいいチームですね。レギュレーションを考えてしっかり仕上げてくるのですからね。底の部分に関しては脱帽です。

アントラーズはCSからクラブワールドカップとゲームが続き、たしかに疲労は蓄積しているでしょう。
でも、戦い方を知っているアントラーズは、24日においては、そのコンディションでしっかり戦ってくるでしょうね。
何より、レアル・マドリードに対してあそこまでのゲームができたということで、むしろ疲れは吹っ飛んでいるかもしれません。

少なくとも、絶好調の波に乗って24日を迎えるでしょう。
で、サンフレッチェ広島としても、それを望みたい。絶好調の鹿島アントラーズであって欲しい(間違いなくそうでしょうが^^;)。
絶好調のアントラーズを撃破するのが、私達サンフレッチェ広島の真骨頂なのですから。

それにしも、面白いゲームになるでしょうね。
佐藤寿人のハットトリックが見たい。
◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

Jリーグやサッカーが、もっと文化になるといいな……

一緒に仕事をしているクリエイティブディレクター(CD)と、少し仕事の話をしていたんだけど、気づいたらJリーグの話になっていた。
クライアントの方に茨城ご出身の方がいらっしゃり、Jリーグの終盤からクラブW杯での快進撃にエキサイトされている、ということからの話の展開だった。
そのCDは、生まれが浦和で、今は世田谷に住んでいるんだけど、気持ちはずっとレッズ。互いにお互いの好きなクラブやJリーグ、フットボールに対する想いを熱く語った。まあ、もっと真面目に仕事をしろよ、という話でもありますが。(๑>◡<๑) 別のクライアントさんにはあるクラブの後援会長さんがいらっしゃり、打合せの最初の話題は、先ずはお互いのクラブの話題から。 また、この前、倉敷でのある会合に寄せてもらったら、そこではファジアーノの熱烈なファンがいらっしゃる。 横浜の仕事先の社長秘書は、社長の行先もらったら大事だが中村俊輔の去就に気を揉んでいる。 まだまだ、文化になるには程遠い。 ゴールは果てしない。 でも、少しずつフットボールが生活の一部になってきているのも事実。 私たちの日常に会話の中に、仕事の前のイントロとしての雑談に、Jリーグや世界のサッカーの話題が出てくるようになると、きっと素敵な社会になるんだと思う。 サッカー・フットボールは、世界の境界線をなくすことが可能な数少ない文化のひとつなんだから。 ◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。 ⇩ にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

鹿島アントラーズにおめでとうと言うべきなのか? 今年度の真のチャンピオンは不在。 酷い制度だったなあ、2ステージ制チャンピオンシップ

2016年度のジJリーグのチャンピオンは鹿島アントラーズに決まった。
しかし多くの人がこの優勝には手放しで祝福できないところがある。何しろ浦和レッズは年間勝点1位。鹿島とは勝ち点で15点上を行っていた。
それがチャンピオンシップのホーム・アンド・アウェー2試合で逆転してしまう。
まあ、正直、サンフレッチェ広島のファンである私は、鹿島も浦和も好きではないので正直どうでもよかったのですが、でも、今年のシーズンに関して言えば、チャンピオンにふさわしかったのは浦和ですよね。

今年は、誰もが思っていた心配が現実になってしまった。
一体リーグ戦の存在価値は何だったんだ、と。
リーグ戦が、チャンピオンシップに出場するための単なる予選になってしまったのですよ。
勝ち点が15も劣るクラブが、最終的に優勝できるシステムって、バカじゃないの?ってことですよ。

しかも、
来年からやらないんだって。お金が入るから、もうやりませんって、勘弁して下さいよ。
Jリーグ幹部の中西某さんがテレビで発言していたけど、
「Jリーグファンは、シーズンを通じて物語を体感できているわけです。でも、Jリーグに興味のない人はそうでもない。
だらか2ステージ制とチャンピオンシップで、普段Jリーグに興味がない人にも、物語を感じてもらって興味を持ってもらおうという考えです」
その考え方、正しいと思って始めたわけでしょ?じゃあどうして2年でやめるんだよ?
まあ、このサイトでもずいぶん批判しましたが、興味がない人に物語を感じてもらうために、どれだけの犠牲を払ったか。それを改めて考えろって。
何を得て、何を失ったか。
そこをしっかり総括し、公にしろよ、Jリーグ。
これは絶対にいい加減にほっておかないで欲しい。

本来、リーグ戦だけで面白い、それがプロフェッショナルなサッカーだ。Jリーグも十分に面白い。
それをどう伝えていくのか。そこを死ぬほど考えるのが、Jリーグの幹部の使命でしょう。
インスタントに、地上波に頼って一時しのぎのお金が入っても仕方ないと思います。

インターネットの時代はいくらでもやりようがあるはずだ。
電通の言いなりになったとは思いたくないけど、地上波でやることで人気が出る、といった数十年前のビジネスモデルに頼るのは正直やめて欲しい、と思う。

結局、今年の芯のJリーグチャンピオンは、不在、ということなんですよ。
◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

p.s.
わずか2年で終わったしまった2ステージ制において
年間1位で、しかもチャンピオンシップでも優勝したのは、
ただひとつのクラブ。それはサンフレッチェ広島なんですよ。ずっとね。

衝撃が走った。Jリーグ、パフォームと130億円の契約……やっぱフットボールは世界のコンテンツなんだな……

衝撃が走った。
1年間130億円。5年契約。
デジタルスポーツコンテンツ配信会社のパフォーム(本社ロンドン)がJリーグと複数年契約が成立したらしい。
現状はスカパー!との契約が、だいたい年間30億から50億円程度と言われているので、少なくとも年間で倍以上の金額がJリーグに入ってくることになる。

いくつかのことが考えられるけど、私が一番感じたのは、フットボールのコンテンツ市場での価値の高さ。
瀬敗の端のジパングのリーグでさえ、そこそこの金額がついたこと。
改めてサッカーは、フットボールは、世界共通のエンターテインメントなんだなあ……と思いました。

日本の旧態然とした30年くらい前の価値観でしか仕事ができていないテレビ局や新聞社、衝撃だったでしょうね……いや、この件の意味さえわかんないかもしれないが……。
一方で、Jのクラブが存在する地方自治体は、猛烈に喜んでいるでしょうね。Jリーグの価値が高まることは、それぞれのクラブチームのそれも高まるということですから。そして即ち、その自治体の価値も上がっていくのです。

村井チェアマンがやったのか、電通が仕掛けたのか……まあ、内実はいいとしても、これは素晴らしい展開だと思います。 続きを読む

サンフレッチェ広島はなぜガンバ大阪の岩下敬輔を告発しないのか?……Jリーグなんて糞だな

ガンバ大阪の岩下敬輔は暴力を振るうことで有名だ。
先日のサンフレッチェ広島戦でも、サンフレッチェの清水航平の頭を掴んで自分の方を向かせ、その後航平の胸ぐらを掴んでいる。
はっきり言って、まともな人間のやることではない。

岩下敬輔は他にもたくさんの暴力をふるっている。Jリーグを見ている人の間では結名な話だ。ここにそれを記すと何ページ尽くしても足りない。
人間失格とまでは言わないが、プロフェッショナルスポーツの選手としては失格だ。

私が不思議なのは、なぜ、岩下敬輔の酷さを、誰も告発しないところだ。
岩下敬輔糞

 

 

岩下敬輔糞2

 ⇑
清水の頭を掴んで自分の方を振り向かせ、そのあと胸ぐらをつかむ。
今野もなんか吠えてましたけどね。 続きを読む

歴史的愚策 2ステージ+CS 即刻辞めて欲しい。このままではJリーグは潰れる その1

2015年のJリーグは、私が応援するサンフレッチェ広島が年間勝点1位となり、さらにチャンピオンシップ(以下CS)でもガンバ大阪に激勝して、チャンピオンになることが出来た。
そしてFIFAクラブ・ワールドカップでも3位と健闘し、世界にサンフレッチェ広島の素晴らしさとJリーグのレベルの高さを発信することができた。
また日本においても、CSとクラブ・ワールドカップで、改めてJリーグの面白さを少しはアピールできたのだと思う。

でもね。

結論から言うと、今年は2ステージ制を即刻廃止して1ステージ制に戻し、その年間勝点で日本で一番強いチームを決めるべきだ。 続きを読む