日本代表 ワールドカップ一覧

ザッケローニの失敗  なぜ、時とともに後退していったザックジャパンに誰も意見しなかったのだろう?

ザッケローニはなぜ失敗したのか。具体的な理由は、選手の選択から間違っていたということこから始まり、とにかく、代表監督の能力が無かった、ということに尽きるのですが、それに対して、何の批判もしていない、私たちにも責任がある。もっと、しっかり意見を言えるサッカー文化を作りたい。

日本代表、対コロンビア戦は、青山敏弘が登場。過去2戦とは、全く違う戦いになるだろう

日本代表は、4年間積み上げてきた「自分たちのサッカー」が全く通じないことがわかりました。 あとは開き直って、リミッターを外して戦いましょう。それは次の4年につながる戦いです。どうやらサンフレッチェ広島の青山敏弘選手の出場もありそうですよ。

日本代表が、グループリーグを勝ち抜くためには「自分たちのサッカー」を捨てること

日本代表のグループリーグの突破の確率は、ほぼ0でしょう。しかし完全に0なわけでもない。ギリシア戦、コロンビア戦で、戦術を変えていけば、勝てる可能性はまだあります。そのためにも交代選手の使い方が重要。大久保嘉人+青山敏弘、そして斉藤学の使い方で決まるでしょう。