タグ別アーカイブ: FIFAワールドカップ

ブラジルがドイツにチンチンにされた、サッカーファンなら誰でもわかる簡単な理由

FIFAワールドカップの本戦で、一方のチームがここまでチンチンにやられてしまうことなんてないと思ってましたが……。ブラジル対ドイツ。1対7。こういうこともあるのですね……と、ゲームを見ながら思っていたのですが、私は途中からあることに気づくと、ああ、こだはブラジルは勝てないなあ、とチンチンの理由が何となくわかったような……。
スーパーエースのネイマールとディフェンスの要のチアゴ・シウヴァが不在……だけの理由ではないのです。
鍵は、選手たちの所属チーム。

バイエルン・ミュンヘン+ドルトムント 対 バラバラのブラジル

あくまでも、私見ですが。裏も取ってはいませんが。
ピッチで戦っていた多くのドイツチームのメンバーは、バイエルン・ミュンヘンとドルトムントの混成軍な感じでした。(正確に裏を取っていないのですが……)
ドイツチームの多くの選手が、母国のリーグの、現在のNo.1とNo.2のチームから選出されているのです。
いつも練習しているチームメイト、あるいはよく対戦するチームメイト、それも母国のリーグ。もちろんブンデスリーガは、世界でも最高峰のリーグの一つ。
各選手の個人の力も強いだけではなく、結構、コンビネーションとか、チームの決まり事・システムなどが、熟成していたのですね。
だから、しっかり組織で守れるし、面白いほど攻撃のコンビネーションが飛び出してくる。
一方ブラジルの代表は、全員が、ブラジルのリーグのチームに所属していなくって、更に結構バラバラのチームに所属しています。(これも完璧には裏はとっていません)
だから、攻撃時の個人技やパスワークは確かに凄かったです。でも、熟成していない。ブラジル以外のリーグでバラバラの地で戦っている選手を、短期間で熟成させるのは、いくらそれぞれの選手の能力が高くても、限界があるでしょう。それが証拠に、ドイツ代表チームの熟成されたコンビネーションや動きに、ことごとくやられてしまいました。
いつも一緒に母国のリーグで練習しているドイツと、バラバラのブラジル。要の選手が二人掛けた時点で、勝負は決していたのかもしれません。

代表を強くするには、自国のリーグを強くすること

そして見えてくるのは、ワールドカップで勝とうと思ったら、やはり自国のリーグを強くして、そこから代表選手の大半を選べるようにしていかなければならないということでしょう。
今回の日本代表は、本当に弱かった。何のまとまりもなかった。
このサイトに、最近書きましたが、きっと、今回の日本代表は、Jリーグで戦ったら、7位くらいが関の山だと思います。
Jリーグを舐めるなよ、ということですが、舐められないように、Jリーグももっともっと強くなっていかなければならないでしょう。

サッカー界の、ヒエラルキーを変えていかないと

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

ブラジル

美しく、切なく、熱すぎて、汚い、フットボールの世界……FIFAワールドカップ……まるで異次元、決勝トーナメントの戦い

FIFAワールドカップは、これからが面白い。(って、みなさん、言うまでもなく知ってますよね)

オランダ対メキシコを今、見終わったばかり。
面白い。というか途中から何となくメキシコに少し肩入れして見ていたのですが、何と、終了間際のオランダの同点弾。そしてPK。
まあ、PKはロッペンがわざと転んだとしか思えない代物でしたが。
私個人としては、ああいう、わざとらしい転び方は好きになれないですが、これもフットボールの一部なのでしょうね。駆け引きといえば、それまでですが、やはり好きになれないなあ……。
続きを読む

FIFAワールドカップブラジル大会

日本代表が、グループリーグを勝ち抜くためには「自分たちのサッカー」を捨てること

「自分たちのサッカー」は通用しない。強い相手には

コートジボワール戦のあとで、日本代表の多くの選手が「自分たちのサッカーが出来なかった。次はもっと自分たちのサッカーができるように積極的に行く」といった趣旨の話をしていました。
「自分たちのサッカー」というのは、おそらく、ポゼッションし、パスを細かくつないで、ワントップだけではなく、2列目も得点する、といったイメージなのでしょうか。
そうだとすると、FIFAワールドカップにおいて、グループリーグの突破は先ず、不可能でしょう。
そういうサッカーは、相手がさせてくれないのです。アジアレベルではなく、ワールドレベルのサッカーでは、そのような「自分たちのサッカー」は、無理、ということが、コートジボワール戦で証明されたように、思います。
日本代表が負けたあと、何度「自分たちのサッカーが出来なかった」という言葉を聞いたでしょうか。
相手が自分たちより実力が低い時は、自分たちのサッカーが出来て当たり前。強い時にできないのも当たり前。じゃあ、自分たちより強い相手とゲームするときにどうするか、というゲームプランがないのでしょうか、今の日本代表には。無いのであれば、ザッケローニ氏に監督を任せたことが問題でしょう。

続きを読む

ブラジル

日本代表 1対2でコートジボワールに敗れる……グループリーグ突破は可能か?

日本代表、実力でコートジボワールに屈す

スコアは1対2でしたが、正直、それ以上の実力差があったのではないでしょうか。
批判を覚悟で言えば、0対3くらいの実力差があったと思います。
私は、このサイトで、日本代表のグループリーグの突破は難しい、と書いてました。
コートジボワール含め、このグループに、日本が勝てるチームはいないのです。
改めて、今日、なぜ、負けたのか、を考えるまでもなく、単純に言えば、実力負け、ということです。

続きを読む

ブラジル

ブラジルにはがっかりだ……フェアプレイを忘れた英雄たち 西村主審は誤審だったのか?

西村雄一レフリーの判断は誤審だったのか?

FIFAワールドカップの開幕戦、ブラジル対クロアチアのゲームに関して。西村雄一レフリーの判断が誤審ではないか、ということで世の中を騒がせています。
ブラジルの2点目。ペナルティキック。そのPKを決めたのはネイマール。PKを獲得したのは、フレッジ。クロアチアのロブレンがフレッジを腕で掴んだ(と見えた)。そしてその直後、フレッジは倒れました。明らかに自分で飛んだという感じです。確かに、ロブレンの左手がフレッジの左二の腕にかかってはいるんですが……。

これは正直、難しい判断だと思いますが、私はなミスジャッジだと思います(難しいけど)。ロブレンがフレッジを掴んだ。これが事実かどうか。時系列的には、フレッジが飛ぶよりこちらのほうが先ですから、このことをジャッジし、PKにしたのだと思います。
ペナルティエリア内での反則で、相手をつかむ行為は、PKに相当します。(直接フリーキックが与えられるべき反則は、「相手を蹴る、躓かせる、飛び掛る、チャージする、殴る、押す、抑える、つばを吐きかける、ボールに行っていないスライディングタックル、ハンド」の10項目。これをペナルティエリア内で行うとPKとなります。ロブレンがフレッジを掴んだ行為は押す、抑えるに当たると思われます)だから、ロブレンが、フレッジの腕を掴んでいたとしたら、その反則は、PKに値するのです。しかし、動画を何度もみているのですが、掴んでるかなあ……接触プレイはあります。ただ、チャージとも言えないし……。あれをファウルとされると……、角度から見たら、抱え込んで倒したように見えるのですが、実際は、そこまでではないのですよね。ただ、左手がフレッジの二の腕にかかっているのも事実で、やはりワールドカップの初戦でペナルティエリア内で不用意だった、ということなのでしょうかね……。
一方で、フレッジが飛んだのは事実。これはシミュレーションの反則です。しかし、ロブレンが反則を犯したと判断した時点で、西村さんは、ファウルを取っているので、もうインプレイではない、という考えだったのではないでしょうかね。だから、フレッジが飛んだかどうかは、既に問題ではなかったのです。
でも、フレッジって、本当にみっともないなあ、と思いましたけどね。。
続きを読む

原爆ドーム

サッカーには、平和のメッセージがよく似合う。  ソーシャルイノベーションとしてのサッカー

ワールドカップ直前に、考えたこと。サッカーには平和のメッセージがよく似合う

FIFAワールドカップ直前になり、普段はサッカーに興味がない方も、サッカーへの興味が高まる時期なので、ちょっと書いておこうかな、と思って書いています。
サッカーは、やはり他のスポーツとは違う特徴があり、ソーシャル・キャピタルである、ということなのです。

ソーシャル・キャピタルとは何か?
言葉は何だか厳しいのですが、う~ん、人と人とが協調して協力しあう、そしてそのことにより、経済的な、あるいはそれだけではない効率化がなされ、気持ちや心の満足度も高くなる、信頼や規範、ネットワークなどの社会組織の特徴、といった感じでしょうか。
すっごくっ簡単に言うと、みんなを少しずつ幸せにしてくれるネットワーク。ということでしょうか。
あるいは、社会貢献(ちょっと違うんだけど……)につながる組織、ネットワーク。

続きを読む

青山敏弘

FIFAワールドカップで青山敏弘を使うべき、もうひとつの理由……必殺のミドル

青山敏弘選手のミドルシュートは、もう一つの武器になる

FIFAワールドカップブラジル大会、日本代表の戦い方において、ボランチが非常に重要で、さらにそのボランチは、青山敏弘、遠藤保仁、そして山口螢。この3人を相手チームとの状況に応じて配すことが重要、というお話しはさせてもらいました。
その文脈において、青山敏弘選手が、サンフレッチェ広島で佐藤寿人選手と一緒に培ってきた最前線への必殺縦パスが、相手チームにとっては脅威の武器になるから、という話もしました。
が、忘れてました。青山選手のもう一つの武器を。
それは、弾丸ミドルシュートです。
続きを読む

ブラジル

FIFAワールドカップ ブラジル大会の憂鬱 ワールドカップは誰のために……

ワールドカップ ブラジル大会は、ブラジルの人を幸せにするのか?


以前から、このサイトで表明しているように、私はそれほどFIFAワールドカップが好きではないのです。それより、クラブワールドカップの方が好きですし、賢威ある大会になってほしい。それは、いろいろな思いが複雑に絡み合っているのですが、特に、FIFAワールドカップのブラジル大会は、ブラジルで開催するべきだったのかどうか、実に疑わしい。
あんなにサッカーが大好きなブラジルの人たちの40%が自国開催に反対しているのです。
お金の使い方が違うだろう、と。
続きを読む

青山敏弘

青山敏弘の凄さを、サンフレッチェ広島の素晴らしさを、広島の人は、知っているのだろうか……?

青山敏弘選手が、昨日のザンビア戦で素晴らしい活躍を見せてくれた。その凄さを、広島の人は知っているのだろうか……。


昨日のザンビア戦、青山敏弘選手の活躍は、素晴らしかった。前回の記事では、ピッチに入って3秒、とかいたけど、動画を見直すと、どうやらゲーム再会のホイッスルが吹かれてから、青ちゃんは5秒で神パスを出している。
5秒ですよ、5秒。

(11:56辺りから、青ちゃん投入)

ロスタイムに投入された自分が、何をやればいいかをよくわかっているということだと思うし、常に縦パスを意識しているわけですし、ベンチに座っていた90分でしたが、その90分は、ピッチに居る選手と同じように、頭の中でずっとプレイしていたのです、青ちゃんは。大久保嘉人の動きの特徴を、よく見ていたのです。だから、ピッチの入って5秒で、勝負を決めるスーパー縦パスを出すことができるのです。
日本代表ファンの人は、アディショナルタイムの再逆転劇に、大喜びでしたでしょうし、サンフレッチェ広島のファン・サポの方々(私も含む)は、青山敏弘選手の活躍に感激しました。
でも、ちょっと、待てよ……。
5秒で神パス、スゲー。
うん、たしかに凄い。でも、これ、サンフレッチェ広島では、結構、よくあることなのですよ。青ちゃんから寿人へのホットライン。
私が思うに、やっぱりサンフレッチェ広島って、凄いクラブチームだなあ、ということなのです。
続きを読む

青山敏弘キャプテン、楽しんで、そして活躍を祈ります。


青山敏弘キャプテンが、FIFAワールドカップ日本代表の合宿に、先ほど広島駅から出発。
プロフェッショナルサッカーの選手であれば、誰もが出場したいワールドカップ。
サンフレッチェ広島で、選ばれたのは、青山敏弘選手。

青山敏弘選手実は、今のサンフレッチェ広島の日本人のメンバーであれば、誰が代表に選ばれてもおかしくない。
今回、ということだけではなく、過去を考えれば。
巡り合わせ、というものもあるのですが。
そんな、素晴らしいメンバーの中で、青山敏弘選手が選ばれたのは、私はそこに、サッカーの神様の愛を感じるのです。

 ⇐
広島駅のホーム。ファンの見送りを受ける、我らがキャプテン、青山敏弘選手。
鹿児島の代表キャンプへ
続きを読む

既に、サンフレッチェ広島欠乏症。Jリーグのない毎日……あれだけ心やすまる日が無かったのに……。

今期は、ゼロックスが始まってから……。というより、天皇杯の決勝から、感覚的に、試合が続いていたような気がして。心やすまる日はなかったのですが。
11連戦が終わり、「ああ、これで一息つける……」って、安堵したのに……。
(何で私が安堵するのか、それは選手でしょ、というツッコミは置いておいて……)
既に、サンフレッチェ欠乏症。
ううう、く、苦しい……。 続きを読む