タグ別アーカイブ: 鹿島アントラーズ

川崎引分け、鹿島勝利 大変だけど、頑張れ……ACL第3節

Pocket
LINEで送る

【今日の一言】
WBCよりACL

昨夜はフロンターレとアントラーズのゲームが、あった。

なかなか厳しいのは、G組みの川崎フロンターレ。これまでの2回の戦いは引分け。
昨夜は強豪の広州恒大。アウェイで、1対0が続いたけど、後半のアディショナルタイム、相手のクリアがハンドとなりPK。それを小林悠が決めて、同点。勝ち点1をゲットした。

続きを読む

Pocket
LINEで送る

鹿島、川崎、浦和勝つ。まあ、順当勝ちというところか……とりあえずのレポートなり

Pocket
LINEで送る

【今日の一言】
ACLでは頑張れ!

今日は、イレギュラーな感じで金曜の夜にJ1のゲームが3つ組まれた。
朝の段階では気づかなかったのだけど、多分、ACLの日程をかみしての金曜日開催、何だと思う。
仕方ないとは言え、少しスタンドは寂しかったかな……。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

鹿島 浦和 ともに勝ち点0のスタート。しめしめ……なんて思ってないよ ^^;

Pocket
LINEで送る

【今日の一言】
波乱のスタート、ですよね……^^;

昨日、Jリーグが開幕。
いよいよ始まった。

全ゲームを動画でチェックしているわけではないのですが(まだDAZNに入ってないし^^;)、昨日の結果で面白かったのは、横浜F・マリノス 対 浦和レッズ。そしてFC東京 対 鹿島アントラーズでしょうね。

続きを読む

Pocket
LINEで送る

鹿島アントラーズ 天皇杯を制す。そのままアンチ爽やかで今年も突っ走ってくれ

Pocket
LINEで送る

【本日の一言】
主観なので、許せ

やはり天皇杯は、鹿島だったですね。
本当に嫌なサッカーをする。

嫌というのは、どういう意味なのか、ちょっと自分でも考えてみる。

まず、鹿島アントラーズは嫌いだ、ということ。
ジーコがいた頃のアントラーズは好きだたtけど、それ以降は本当に嫌い。
自分たちに不利な判定がくだされると審判を取り囲む。これ明らかに反則。昨年の天皇杯、広島との戦いでも、監督がボールを渡さず明らかな反則行為。昨日だって西の延髄斬りに対して何の反則もなし。ありえないでしょう、審判。アントラーズを勝たせたいのか?

ジーコが対ヴェルディ戦だったと思うけど、ボールに唾をはいた事件があったが、全くそんなこと忘れているのでしょうね。
ここまでは、純粋に嫌い、という思い。

もう一つは、やっぱり老獪で強い。
戦うのがイヤ、とは思わないけど、老獪なチームだと思う。
昨日だって結局、フロンターレの超弱点であるセットプレーの守備を突いて。延長線では、あまり走れなくなったフロンターレに対して、一人で決める力のあるファブリシオを入れてくる。
石井監督は、良い監督だよなぁ、嫌いだけど。

昨シーズンは、サンフレッチェ広島は、正直、こてんぱんにやられた。あそこまでやられる?って感じだった。
嫌いだけど、強いよなあ、鹿島は。
だから、鹿島はこのまま、突っ走ってくれ。嫌いだけど強いままでいてくれ。急に爽やかな感じにならないで欲しい。
鈴木優磨や金崎夢生や小笠原満男のイメージのまま、アンチ爽やかな、サッカーを続けて、強いままでいて欲しい。

その嫌~~な感じの、でも強~い鹿島を叩いていてこそ、本当に強いサンフレッチェ広島になれるのだから。
2017年シーズンは、鹿島アントラーズが調子に乗る前に、いろんなクラブが叩きまくろう^^ (それだけやんないと、鹿島の独走になるかもね)

p.s.
それから、鹿島アントラーズは、もっとアウェイのサポーターのことを考えるべき。
交通機関がなさすぎる。それからスタグルが貧弱すぎる。これは、早急に改善して欲しい。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

新国立競技場を鹿島アントラーズかFC東京の本拠地とする……あーあ。寝言は寝てから言って欲しい

Pocket
LINEで送る

【今日の一言】
新国立競技場、いらないなぁ、ホンと、いらない

本当にオリンピックの本当の意義も忘れ、一体何のために存在するのかよくわからなくなってしまったオリンピック。関わる人間や組織は自分たちの対面を保つために行動する。お金がかからないオリンピックと言うテーマを時の首相がプレゼンテーションして開催地をゲットしたはずなのに、関わっている人が自分のことしか考えず、もう、絶対やめたほうがいいイベントになっていますが。
本来の意義からずいぶん外れてしまったオリンピックに関しては、全く興味がないし、税金が無駄に使われるのは、もう、この国は昔からなのでずっと呆れて物が言えない状態が続いているのですが、しかし、多くの行政者や政治はホント自分のことしか考えてないんですよね、こういうときって。

だから、次のような、バカな提案がされるわけですよ。スポーツ報知の記事から。

政府が2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場を、五輪後にサッカーJリーグなど特定クラブの本拠地とする方針を固めたことが29日、分かった。J1の鹿島(茨城県鹿嶋市)とFC東京(東京都調布市)が候補に挙がっている。これまで旧国立競技場を含め特定クラブの本拠地とすることは認めていなかったが、収益確保を目指し、2021年シーズンから実施したい考えだ。

これね、まあ、色々意見はあるでしょうが……。
本当だとしたら、何を考えているのだろうか、と思わざるを得ませんね。
Jリーグはホームタウン制があって云々、というのもあるのです。だから、なんで鹿島アントラーズの名前が出るのがさっぱりわからない。(カシマスタジアムに関しては、私なりの意見があるので、それはまた今度)
たまたまアントラーズの調子がいいから、アントラーズの名前出しただけって感じです。
鹿島は論外としても……。
陸上トラックついたままでしょ? そんなスタジアムはサッカーには必要ないですよ、というか、ダメですよ。
ピッチと観客席が近くなければ、サッカースタジアムのとしての機能を果たせないですから。

サッカースタジアムで大事なのは、観客と選手の一体感。これです。これが実現できないものは、どれほど施設がよくてもサッカースタジアムとしては使えません。
横浜F・マリノスの日産スタジアムの一体感の無さ。もちろん、ファン・サポーターは必死で素晴らしい応援をされているのは存じております。しかし、ピッチとの距離が遠すぎて選手もファン・サポーターも可愛そうです。
私は何度も日産スタジアムに行っていますが、ほんと、残念度が高いスタジアムです。(横浜F・マリノスをディスる意図は全くありません)

ということで、新国立競技場に関して、「Jリーグなど特定クラブの本拠地つする方針を固めた」なんて、バカ代表が固めることですよ^^;。

新国立競技場、いらないなあ……。それこそ、オリンピックは日産スタジアムでやればいいと思うのですが。
横浜F・マリノスは、頑張って時間がかかってもいいから、みなとみらいに専用の新スタジアムを4万人規模で作ればいいと思うのですよね。

そのためにも、Jリーグにもっともっとお客様が詰めかけるように、私も頑張らないと……。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

 

Pocket
LINEで送る

鹿島対広島 12月24日の天皇杯準々決勝は、注目必至

Pocket
LINEで送る

私の大好きな友人が、Facebookで次のような内容のことをアップしていました。

サッカー天皇杯準準決勝が楽しみです。
今回のクラブワールドカップ決勝戦で鹿島が健闘した事で、24日の準準決勝の注目度が確実に上昇しました。
昨年のJリーグ覇者広島対今年の覇者鹿島。
FIFAクラブワールドカップ2015年3位チーム対2016年2位チーム。
最近の対戦成績で見れば、広島は鹿島に勝てていませんが、鹿島は過密日程で、疲労が抜けていない筈ですから、広島にもチャンスがあります。
とにかく楽しみです。


確かに、そうなんですよね。昨年から考えると、ゴールデンカード。鹿島がクラブワールドカップで素晴らしパフォーマンスを見せてくれたので、日本においては注目が集まります。
そこで、私達サンフレッチェ広島としては、ここのところ、いいようにやられている鹿島アントラーズを撃破して、「やっぱりサンフレッチェ広島ここにあり」と日本中に知らしめたいところです。
それにしても、鹿島アントラーズもいいチームですね。レギュレーションを考えてしっかり仕上げてくるのですからね。底の部分に関しては脱帽です。

アントラーズはCSからクラブワールドカップとゲームが続き、たしかに疲労は蓄積しているでしょう。
でも、戦い方を知っているアントラーズは、24日においては、そのコンディションでしっかり戦ってくるでしょうね。
何より、レアル・マドリードに対してあそこまでのゲームができたということで、むしろ疲れは吹っ飛んでいるかもしれません。

少なくとも、絶好調の波に乗って24日を迎えるでしょう。
で、サンフレッチェ広島としても、それを望みたい。絶好調の鹿島アントラーズであって欲しい(間違いなくそうでしょうが^^;)。
絶好調のアントラーズを撃破するのが、私達サンフレッチェ広島の真骨頂なのですから。

それにしも、面白いゲームになるでしょうね。
佐藤寿人のハットトリックが見たい。
◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

羨ましいぞ、鹿島アントラーズ FIFAクラブワールドカップ

Pocket
LINEで送る

クラブワールドカップも、いよいよ3位決定戦と決勝を残すのみ。
それにしてもアトレティコ・ナシオナルによく勝ったなあ。
正直、見たかった決勝のカードは、レアル・マドリード対アトレティコ・ナシオナルでしたけど……。

いずれにせよ、羨ましいです。
私は、以前から主張してますが、FIFAクラブワールドカップは、あらゆるサッカーの大会で世界最高峰のたいかいであるべきだと思っています。
現状はエキシビジョン的な要素がまだ強いのですが、志はそこを目指すべきだし、実際FIFAはそう考え行動を起こしています。

で、いくつかの雑感を。

頼むぞ、決勝では次元の違う強さを見せつけてくれ、レアル・マドリード

準決勝は、勝てばいい、という考えであったのはわかります。コンディションの問題も在るし、一番勝たないといけないのは決勝戦なので力はやや温存。
でも、決勝ではお願いしますね、段違いの強さを。開催枠のリーグ優勝(しかも訳のわからんCSで勝っただけ)クラブに少しでもチャンスを与えてはならないと思います。
それがヨーロッパのチャンピオンとしてFIFAクラブワールドカップの決勝を戦うクラブの最低限の義務、だと思います。クリスティアーノ・ロナウドにはハットトリック希望。
頼みますよ。

なんか鹿島が決勝に進む気持ち悪さを感じながらも、それでも羨ましいぞ

鹿島は今回、開催国枠で出場なんですよね……。ACLを勝ち上がったアジアのチャンピオンではないのです。そのアジアのチャンピオンであった全北は早々に破れ……Jリーグの年間1位ではない、CSというあってはならなかった戦いで勝ったクラブ、まあレギュレーション上は今年度のJリーグチャンピオンが決勝に駒を進めるという不条理。
これ、本当に気持ち悪い。
FIFAクラブワールドカップの価値を下げる決勝戦になってしまったと思います。
あ、鹿島アントラーズには何の責任もありません。鹿島は今年度のレギュレーションで勝つべきところをしっかりと勝ってきたその結果、FIFAクラブワールドカップの決勝を戦うという栄誉を勝ち取ったのです。
悪いのは、Jリーグです。

そして私が思うのは、
羨ましいぞ、鹿島アントラーズ、ということです。
あー、羨ましいなーーー。
精一杯、決勝を楽しんでください。少しでも、爪痕を残してください。
ただし、鈴木優磨のあのパフォーマンスだけは、ぜったいにやめてくれ。超恥ずいから。
(まあ、ゴールを決めることはないでしょうが。そういうことがあったら今度はレアルが超恥ずい)

鹿島アントラーズが決勝に進んだ意義

FIFAクラブワールドカップの価値は落とすことになるかもしれないけど、日本のサッカーに興味がない人に、少しサッカーに注目してもらえる効果はあったと思う。
世界で最もファンの多いスポーツはサッカー・フットボールなんだ、と。サッカーに興味を持つと、少しだけ人生が楽しくなる、と。

だから、アントラーズ、この決勝を思いっきり楽しんでください。
そしてレアル・マドリード、間違えても鹿島に1点も取らさないように。チンチンにしてやってください。 世界最高峰のフットボールを見せてください。
Jリーグは、アジアで勝って、クラブワールドカップへ行きましょう。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

今年の広島の12月24日は、ヴァイオレットクリスマス

Pocket
LINEで送る

天皇杯の準々決勝が近づいてきましたね。
私は未だに寿人ロスですで、きっと一生治らないと思いますが、
それでも、天皇杯の次のゲームの日は来るわけで。

12月24日 クリスマスイブの13時。場所は鹿島。

正直、鹿島スタジアムって、東京駅からシャトルバスで2時間位かかるんですよ。これって、もう、「アウェイは来るな」と言っているようなもんで、それでも私は何度も参戦しているのですが、何と、全敗……。
どうですか、これ……。
ということで、準々決勝は、私は現地参戦は今回はやめときます。行くと勝てない気がするので。
何と弱気なこと。

というわけで、広島の方々。
今年のクリスマスイブは、昼から広島の待ちを紫に染めましょう。
鹿島に勝って、夜は勝利のパーティーを。
ヴァイオレットクリスマス・イブを。

そしてそのまま、29日も、元旦も、勝利と優勝の紫へ!!

p.s.
2016年度のサンフレッチェ広島は、多分今が一番いい時期だと思うのです。
ASSISTで、キャプテン青山敏弘がロングインタビューに答えていましたが、青ちゃんの言葉の端々から、「今年は今が一番いい」ということを感じ取れるのです。
もう、森崎浩司と佐藤寿人と、プレイするのもあと2回。全部勝利で、つまり優勝で決めましょう。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

鹿島アントラーズにおめでとうと言うべきなのか? 今年度の真のチャンピオンは不在。 酷い制度だったなあ、2ステージ制チャンピオンシップ

Pocket
LINEで送る

2016年度のジJリーグのチャンピオンは鹿島アントラーズに決まった。
しかし多くの人がこの優勝には手放しで祝福できないところがある。何しろ浦和レッズは年間勝点1位。鹿島とは勝ち点で15点上を行っていた。
それがチャンピオンシップのホーム・アンド・アウェー2試合で逆転してしまう。
まあ、正直、サンフレッチェ広島のファンである私は、鹿島も浦和も好きではないので正直どうでもよかったのですが、でも、今年のシーズンに関して言えば、チャンピオンにふさわしかったのは浦和ですよね。

今年は、誰もが思っていた心配が現実になってしまった。
一体リーグ戦の存在価値は何だったんだ、と。
リーグ戦が、チャンピオンシップに出場するための単なる予選になってしまったのですよ。
勝ち点が15も劣るクラブが、最終的に優勝できるシステムって、バカじゃないの?ってことですよ。

しかも、
来年からやらないんだって。お金が入るから、もうやりませんって、勘弁して下さいよ。
Jリーグ幹部の中西某さんがテレビで発言していたけど、
「Jリーグファンは、シーズンを通じて物語を体感できているわけです。でも、Jリーグに興味のない人はそうでもない。
だらか2ステージ制とチャンピオンシップで、普段Jリーグに興味がない人にも、物語を感じてもらって興味を持ってもらおうという考えです」
その考え方、正しいと思って始めたわけでしょ?じゃあどうして2年でやめるんだよ?
まあ、このサイトでもずいぶん批判しましたが、興味がない人に物語を感じてもらうために、どれだけの犠牲を払ったか。それを改めて考えろって。
何を得て、何を失ったか。
そこをしっかり総括し、公にしろよ、Jリーグ。
これは絶対にいい加減にほっておかないで欲しい。

本来、リーグ戦だけで面白い、それがプロフェッショナルなサッカーだ。Jリーグも十分に面白い。
それをどう伝えていくのか。そこを死ぬほど考えるのが、Jリーグの幹部の使命でしょう。
インスタントに、地上波に頼って一時しのぎのお金が入っても仕方ないと思います。

インターネットの時代はいくらでもやりようがあるはずだ。
電通の言いなりになったとは思いたくないけど、地上波でやることで人気が出る、といった数十年前のビジネスモデルに頼るのは正直やめて欲しい、と思う。

結局、今年の芯のJリーグチャンピオンは、不在、ということなんですよ。
◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

p.s.
わずか2年で終わったしまった2ステージ制において
年間1位で、しかもチャンピオンシップでも優勝したのは、
ただひとつのクラブ。それはサンフレッチェ広島なんですよ。ずっとね。

Pocket
LINEで送る

【速報】鹿島 対 サンフレッチェ広島 2対2で勝ち点1

Pocket
LINEで送る

先ずは、寿人が先制点

しかしちょっと守備がバタバタしてしまい、2点を取られてしまった。

が、相手に2点目を取られた直後、疾風のごとく相手ゴールに迫った柴崎晃誠が、同点ゴールを決める。

その後も、清水航平の右からのシュートがゴールを襲ったがポスト。

う~ん、勝てたか可能性があったゲームでしたね……。
但し、よく追いついたことは、評価しないと。

勝ち点1、か……。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

アントラーズとサンフレッチェ

鹿島戦、今日は誰が輝くのだろうか……サンフレッチェ広島 勝ち点3が必要な戦いの中で

Pocket
LINEで送る

もう、終盤戦ですね、J1の1stステージ12節。
17節までしかないので、もう、鹿島戦を入れて、あと6節しかない……。
2ステージ制がいかにつまらないか、ということは、みんなわかってきたんじゃないでしょうかね……。
まあ、その件に関しては、また後で。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

鹿島アントラーズ

鹿島がホームスタジアム内に診療施設開設。これこそ複合スタジアムの効果。広島は宇品に作ったら全く活かせない

Pocket
LINEで送る

鹿島アントラーズが、ホームスタジアム内に整形外科系の診療施設を作ることを発表した。

アントラーズの6人のチームドクターが在籍しているそうですが、いずれにせよチームドクターがスタジアム内の施設に常駐し、最新鋭の医療機器を導入。また施設内のフィットネスクラブでは、リハビリ等の指導も行っていくとのこと。
何より、地域の人たちの健康増進を計り、クラブの安定経営にも役立てるわけです。

こういう施設は、これからも増えていくでしょう。

Jリーグのクラブチームは、どうやって地元の人達と共存共栄を図れるか、がとても大切と考えているからです。
続きを読む

Pocket
LINEで送る