タグ別アーカイブ: 西川周作

周作は去ったが、さらに強くなったんじゃないか?サンフレッチェ広島……移籍が一段落して

西川周作は去った。しかしさらに強くなったサンフレッチェ広島

西川周作が浦和レッズに去って、確かに、代表クラスの選手が一人いなくなったわけですから、何気に戦力ダウン、と一瞬思ってしまうかもしれません。が(サンフのファンの方々は、誰もそう思っていないでしょうがw)、いやいや、これ、さらに強くなってますよ、絶対。
(周作には、頑張って欲しいです。心から。感謝もしています。でも、絶対レッズには負けませんが)

まず、周作が出て行きましたが、仙台から林卓人選手が戻ってきました。
これ、でかいです。むしろ、サンフレッチェ広島としては、守備の力は最終的にアップするのではないでしょうか。 続きを読む

【緊急アップ】 さらば、西川周作。これまで、ありがとう。しかし、絶対にレッズには負けないからな!

西川周作が、浦和レッズに移籍することが、公式に発表されました。
正直、さみしい。切ない。恋人や大切な人に裏切られた気分もある。よりによってレッズとは。
公式の発表があるまでは、まあ、移籍は間違いないだろうな、と諦めながらも、比較的冷静でいられたのですが、いざ、発表されたとなると、やはり怒りもこみ上げてくる。

周作のことで、思い出すのは、寿人や石原や青山などが、ゴールを決めた時、自陣のゴール前で、まるで自分がゴールを決めたようにサポーターと喜ぶ姿。
サンフレ劇場で、大好きな歌と宣言して「Hiroshima Night」を楽しそうに歌う姿。そして、2013年度の天皇杯の準々決勝と準決勝で、相手のPKを止めまくった姿。 続きを読む

移籍は切ない。が、さらに強くなるきっかけにしないと。

プロフェッショナルサッカーのクラブにおいて、移籍はつきものだ。それぞれのクラブが規約の中で、限られた予算(多かろうが、少なかろうが)の中で、強くしていこうと必死になる。(いや、強くしていこうと思っていないクラブもあるような気がするが……)
自分たちのクラブをどうしたいか? ⇒ 何が足りないか? ⇒ 戦力が足りないので、条件が合えば、求め招く。 ということになる。ルール通りにやるならば、そこに何の罪もない。

では、プレイヤーの立場からすれば、どうだろうか?
いろんなケースが考えられる。

・今いるチームで、必要とされなくなった。
・今のチームの戦い方のスタイルが合わない。
・年俸が低いくて、不満だ。
・ビッグクラブに行きたい。
・etc.

いろいろ難しい。

2012年シーズンが終わって、森脇が、サンフレッチェ広島から浦和レッズに移籍した。優勝したチームから、優勝できなかったチームになぜ移籍したのか……。2013年シーズンも、サンフレッチェ広島が優勝し、レッズは沈んだ。年俸は上がったのだろうが、今の自分はどうなんだ、森脇。
あくまでも私の憶測ですが、後悔している自分を、認めないように、必死で頑張っているのだと思います。
広島時代の彼には感謝していますが、さすがに、今の彼に、頑張れ、という気にはなりません。もう、広島に帰ってきてほしくないし。今はもう、塩谷がいるし。
むしろ、森脇は、レッズのサポーターに愛されているのか、それが心配くらい。まあ、余計なお世話ですが。

私たちの佐藤寿人選手は、広島を選び、広島でプレイすることを選んでくれました。
だから、私たちファンは、寿人選手の愛に対して、もっとたくさんの愛をお返しします。
寿人選手なら、サンフよりもっと年俸を出すチームはあるかもしれません。それでも、
寿人選手は、広島で生きることを選んでくれる。
佐藤寿人は、愛されるという勝利を、既に永遠に掴んでいるのです。

さあ、一昨日の元旦で、サンフレッチェ広島の2013年シーズンが終わりました。ということは、選手の移籍の話が具体的に明らかになってくるでしょう。
今のサンフレッチェ広島でプレイすることは、やはり、日本で最も高いレベルのサッカーを展開できるチムでプレイするということです。ワールドカップイヤーの今年、サンフレッチェ広島でプレイすることは、やはり注目を集めるでしょう。2013年度のことを考えると、サンフと同等のチームは、マリノスだけと言っていいわけですから。

それでも、チームを離れていく選手がいるかもしれません。
西川周作が浦和レッズに移籍すると、本日(1月3日)の中国新聞(広島県の地方紙)にも掲載されました。もう、決まっていることなのでしょう。
(※1月5日付の公式サイトで、レッズへの移籍が発表されました。この件に関してはこちらで
それは、なぜだか、わかりません。ただ、私が思うに、契約金とか、そういったことではない、と思います。本人が考えに考えた結果の、他の理由があるようなきがするのです。でも、契約金かもしれないけど。「Hiroshima Night」が一番好きな歌、と宣言し、サンフレ劇場でサポーターを先導して歌った周作が、レッズに移籍するのは、秀作にしかわからない、理由があるのだと信じたい。周作のパーソナリティなら、浦和でも愛される可能性は高い。
クラブから正式発表が在ってからにしようと思っていたのですが……とにかく、一昨日まで、ありがとう、周作。やはりあなたが広島に来てくれて、広島は間違いなく強くなりました。ありがとう。ただ、さようならは、正式発表が在ってからにします。

まあ、これがプロフェッショナルサッカークラブの宿命ですよ。

強い、大切な選手が、抜けてしまうこと、これはよくあることといえば、よくあることなのです。
切ないし、さみしいし、裏切られた感を持つ人もいるでしょう。
でも、何度も言うけど、これも、サッカーなのです。
私たちサンフレッチェ広島には、どこにも負けない、新陳代謝力があります。
もし、抜ける選手がいたのしても、それをきっかけに、さらに強くなっていくのです、確実に。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

西川周作 微笑みの守護神。座右の銘は「笑う門には福来る」

西川周作。言わずと知れた、サンフレッチェ広島の守護神。
そして、守護神でありながら、攻撃の起点となる。
フロンターレの中村憲剛は、Jリーグでパスのうまい選手に、周作を挙げてくれていました。憲剛、さすが、見てますねえ。
今年のリーグ戦で、周作からのロングフィードを、寿人が少ないトラップでシュートを打ったのを、今思い出しました。残念ながらゴールはならなかったのですが、寿人が、周作にアシストが付くように、タッチを少なくしたのが印象的でした。
周作は朝日新聞のインタビューの中で、「広島に入団して4年。最初は 続きを読む

塩谷、それ、どういう意味だよ……

「こうやって勝ち進んで長くサッカーができるのはすごくいいことだし、このメンバーでサッカーできるのもあとちょっとなんで、できるだけ長くやりたいです」
今日の天皇杯鹿島戦。1対3で勝利したあとのインタビュー。2点目もゲットした塩谷。
「このメンバーでサッカーできるのもあとちょっと」って、本当にどういうことだよ。

今、現状では、西川周作がレッズから狙われているのですが、しかし、今日は代表戦で西川は不在。

じゃあ、周作じゃないの? 塩谷自身? えっ、誰? 続きを読む

サンフレッチェ広島の新陳代謝力

そろそろ移籍が話題になり始めますね。早速スポーツ新聞では、西川周作青山敏弘に、レッズが食指を伸ばしているとの記事が。

まあ、事実はわかりませんが、プロフェッショナルのサッカーリーグのことですから、こういう話はあって当然なわけです。
が、……どうも、あまりにもやり方が露骨というか、センス無いというか、えげつないところもありますが……。
続きを読む

西川周作を、浦和レッズが獲得に動いてるらしい。

浦和レッズには、柏木、槙野、森脇と、サンフのかつてレギュラーだった選手がプレイしています。監督も今の広島を作り上げたペトロヴィッチ。
そのペトロヴィッチが西川周作の獲得に動いているらしい。
ゴールキーパーは、唯一、レッズでレギュラーが決まってないポジション。
周作も契約が切れるので、移籍金なしで獲得できる。 続きを読む