タグ別アーカイブ: 移籍

「サヨナラは言いません。ありがとう。そして行ってきます。」  さらば佐藤寿人 公式サイトに掲載された寿人の挨拶文を読んで。

Pocket
LINEで送る

また、泣けた。
そして、希望が灯った。

寿人の名古屋グランパス行きが、サンフレッチェ広島と名古屋と、両クラブから正式に発表された。
そして、寿人のコメントが出た。
サンフレッチェの公式にも出たし、寿人自身のブログにも出た。ブログは公式サイトのコメントの転載と言うカタチだったけど。

私は、これほどまでに、考え抜かれた、そして心のこもった挨拶の文章を読んだことがない。
そこまで、寿人の言葉は一つ一つ私の心を打った。

私たちは、なぜ、寿人に心を打たれるのか、寿人を失うことがなぜ、ここまで苦しいのか……
それは、寿人はサンフレッチェ広島に12年間尽くしてくれてきたからだ。
犠牲とは言わない。しかし、ある局面から見れば、それに近くもある。
日本代表を争っていた頃、サンフレッチェ広島はJ2に落ちた。J2のクラブから代表が選ばれることはなかなか難しい(もちろん不可能ではないけど)。
あの時のサンフレッチェ広島は、有力選手の狩場になる可能性が高かった。それを身を挺して食い止めたのは、一番、移籍のターゲットであった寿人自身だった。
年俸にしてもそうだ。
寿人の力であれば、もっともっと高い年俸を得ることが出来たことは間違いない。でも、寿人の考えはクラブファースト。
寿人の実力からすれば、あまりにも低い年俸でも、快くサインしてくれた。
それもこれも、全ては広島のためだった。
他にも、いろいろある。

そして改めて、今回、寿人の挨拶文を読んだ。
泣けた。
寿人の気持ちは、寿人にしかわからない。でも、それを全力で伝えようとしてくれている。

私は、この寿人の挨拶文を、ここ暫くは毎日、何度も読むだろう。そして色んな思いを抱きながら日々を生きていくだろう。
こんな素晴らしいフットボールのプレーヤーが、いや、人間がサンフレッチェ広島に12年間尽くしてくれたことを感謝して生きていくだろう。
苦しいときも、寿人を思い出し、生きていくだろう。

私にとって、紫の11番は、永遠に佐藤寿人だ。

寿人の挨拶文のラスト3行。
「サヨナラは言いません。ありがとう。そして行ってきます・」
に希望を抱いて。
私も、サヨナラは言わない。そして、おかえり、と言わせてくれ。
それまでは、存分に暴れてきてください。
May the force be with you.

サンフレッチェからのコメントが自分の全てなので同じことを載せることを了承して頂けたらと思います。
「広島に来てから12年。
苦しい時、悲しい時、12番目の選手達がいつも大きな大きな声援で僕を支えてくれました。
そしてたくさんの歓喜の瞬間を共に過ごせたことは、自分の一番の喜びになりました。
大好きなクラブでプレーすること、大好きな広島で生活することが、
今回の決断でできなくなるのはとても残念です。
ホームでのFC東京戦で敗れ、CS出場への可能性が消滅したとき、
チームのチカラになれなかったことが悔しく、来季はどんな役回りでもやり、
広島での現役生活を全うしようと考えていました。
その中で今回、名古屋から話を頂き、自分の中で選手として
まだまだ戦いたい、勝ちたい、ゴールを決めたい、チームのために体を張りたい。
自分のためにチャレンジしたい、という気持ちが強く、移籍を決断しました。
様々な場所で、来季も広島で共に戦おうという言葉を
たくさんのファン、サポーターの皆さんから頂きました。
その想いに応えられず申し訳ありません。
また今回、チームへの想いと一選手としての想いや葛藤を
理解してくれたクラブに感謝したいと思います。
文字にするのが難しく、また日を改めてから
会見で自分の言葉で想いを伝えさせていただきたいと思います。
感謝の言葉しかありません。
一緒に戦い、笑い、苦しみ、悲しみ、このエンブレムを胸に纏う誇りを持って
プレーできた時間は幸せでした。
サヨナラは言いません。
ありがとう。
そして、行ってきます。」

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

佐藤寿人選手を心から愛する私達が、今やるべきこと……私たちは広島人として佐藤寿人を失っては絶対にいけない。

Pocket
LINEで送る

佐藤寿人には、どれだけ救われたことだろう。どれだけ助けてもらったことだろう。
寿人がサンフレッチェ広島に来た頃からサンフのサポならわかるはずだ。

寿人がサンフレッチェにいてくれるから
私たちは絶望を耐えることが出来た。
虚しさの底にいても、天上に希望の光を見ることが出来た。

寿人がサンフレッチェにいてくれるから
あの歓びの絶頂は更に高いものになった。
サンフレッチェ広島を、誇り高きクラブであると胸を張ることができる。

あれは忘れもしない、2007年。
J2降格が決まってしまったスタジアムでサポーターに向けた寿人の魂の叫び。「絶対に1年で戻ろう!!」。
シーズンオフの数多の他のクラブの移籍交渉をすべて断り、約束通り2008年には28得点を上げ圧倒的な強さでJ2を制覇。約束通り、1年でJ1に戻ってきてくれた。
考えても見てくれ。あの年、日本代表だった寿人が、サンフレッチェ広島を去っていたら……
もしかしたら、サンフレッチェはあれからずっとJ2のカテゴリーで戦っていたかもしれない。(その確立は、マジに高いと思う)

そして、あの日も忘れはしない。2012年、11月24日。
まず、サンフレッチェ広島がセレッソ大阪に勝ち、2位の仙台のゲーム結果を待っていた。仙台は0対1で破れ新潟かた勝ち点を取れなかった。
初優勝。
エディオンスタジアムに歓喜の渦が広がった。
その時、寿人は……
歓びの輪から一人外れて、膝をついて頭をピッチにつけて泣き崩れていた。
%e5%af%bf%e4%ba%ba%e5%8f%b7%e6%b3%a3

寿人……どれだけサンフレッチェ広島のことが好きなんだよ。それだけ広島のことを愛してくれているんだよ…… 。

寿人はサンフレッチェ広島の一部であり、サンフレッチェ広島は寿人の一部である。
その2つは分かれることはできない。
私はずっとそう思ってきたし、これからもそう思っている。
私にとって、世界で一番尊敬する人は、両親と佐藤寿人だ。

私達サポーターは、全力で佐藤寿人を引き止めなければならない。そのためにするべきことは……

最後に決めるのは、佐藤寿人だ。私はその意志を全面的に肯定する。
しかし、佐藤寿人は永遠にサンフレッチェ広島で戦って欲しい。紫の戦士でいて欲しい。
寿人がいないサンフレッチェ広島を、これまでのように応援できるかどうか、自信がない。

多くのサンフレッチェ広島サポがそうなんだと思う。

ハッキリ言おう。私たちは、佐藤寿人を愛しているのだ、永遠に。


だから、みんな、毎日メールを打とう。手紙を書こう。
寿人にラブレターを送ろう。
それしかないよ。
フロント任せではなく、私達は寿人を愛していることを、ずっと紫の戦士でいて欲しいことを熱く強烈に伝えよう。
今すぐ、やろう。
メールは公式サイトから送ることができる。

サンフレッチェ広島にとって、いや、広島にとってとても大切な人を、私達は、失ったしまうかもしれない危機に今あるんだよ。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

移籍は切ない。が、さらに強くなるきっかけにしないと。

Pocket
LINEで送る

プロフェッショナルサッカーのクラブにおいて、移籍はつきものだ。それぞれのクラブが規約の中で、限られた予算(多かろうが、少なかろうが)の中で、強くしていこうと必死になる。(いや、強くしていこうと思っていないクラブもあるような気がするが……)
自分たちのクラブをどうしたいか? ⇒ 何が足りないか? ⇒ 戦力が足りないので、条件が合えば、求め招く。 ということになる。ルール通りにやるならば、そこに何の罪もない。

では、プレイヤーの立場からすれば、どうだろうか?
いろんなケースが考えられる。

・今いるチームで、必要とされなくなった。
・今のチームの戦い方のスタイルが合わない。
・年俸が低いくて、不満だ。
・ビッグクラブに行きたい。
・etc.

いろいろ難しい。

2012年シーズンが終わって、森脇が、サンフレッチェ広島から浦和レッズに移籍した。優勝したチームから、優勝できなかったチームになぜ移籍したのか……。2013年シーズンも、サンフレッチェ広島が優勝し、レッズは沈んだ。年俸は上がったのだろうが、今の自分はどうなんだ、森脇。
あくまでも私の憶測ですが、後悔している自分を、認めないように、必死で頑張っているのだと思います。
広島時代の彼には感謝していますが、さすがに、今の彼に、頑張れ、という気にはなりません。もう、広島に帰ってきてほしくないし。今はもう、塩谷がいるし。
むしろ、森脇は、レッズのサポーターに愛されているのか、それが心配くらい。まあ、余計なお世話ですが。

私たちの佐藤寿人選手は、広島を選び、広島でプレイすることを選んでくれました。
だから、私たちファンは、寿人選手の愛に対して、もっとたくさんの愛をお返しします。
寿人選手なら、サンフよりもっと年俸を出すチームはあるかもしれません。それでも、
寿人選手は、広島で生きることを選んでくれる。
佐藤寿人は、愛されるという勝利を、既に永遠に掴んでいるのです。

さあ、一昨日の元旦で、サンフレッチェ広島の2013年シーズンが終わりました。ということは、選手の移籍の話が具体的に明らかになってくるでしょう。
今のサンフレッチェ広島でプレイすることは、やはり、日本で最も高いレベルのサッカーを展開できるチムでプレイするということです。ワールドカップイヤーの今年、サンフレッチェ広島でプレイすることは、やはり注目を集めるでしょう。2013年度のことを考えると、サンフと同等のチームは、マリノスだけと言っていいわけですから。

それでも、チームを離れていく選手がいるかもしれません。
西川周作が浦和レッズに移籍すると、本日(1月3日)の中国新聞(広島県の地方紙)にも掲載されました。もう、決まっていることなのでしょう。
(※1月5日付の公式サイトで、レッズへの移籍が発表されました。この件に関してはこちらで
それは、なぜだか、わかりません。ただ、私が思うに、契約金とか、そういったことではない、と思います。本人が考えに考えた結果の、他の理由があるようなきがするのです。でも、契約金かもしれないけど。「Hiroshima Night」が一番好きな歌、と宣言し、サンフレ劇場でサポーターを先導して歌った周作が、レッズに移籍するのは、秀作にしかわからない、理由があるのだと信じたい。周作のパーソナリティなら、浦和でも愛される可能性は高い。
クラブから正式発表が在ってからにしようと思っていたのですが……とにかく、一昨日まで、ありがとう、周作。やはりあなたが広島に来てくれて、広島は間違いなく強くなりました。ありがとう。ただ、さようならは、正式発表が在ってからにします。

まあ、これがプロフェッショナルサッカークラブの宿命ですよ。

強い、大切な選手が、抜けてしまうこと、これはよくあることといえば、よくあることなのです。
切ないし、さみしいし、裏切られた感を持つ人もいるでしょう。
でも、何度も言うけど、これも、サッカーなのです。
私たちサンフレッチェ広島には、どこにも負けない、新陳代謝力があります。
もし、抜ける選手がいたのしても、それをきっかけに、さらに強くなっていくのです、確実に。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る