タグ別アーカイブ: 皆川佑介

サンフレッチェ広島が浮上するためには、佐藤寿人をピッチに送り出すことが最低条件だ

テレ朝の「絶対負けられない戦いがある」というキャッチフレーズは、好きになれない。その理由は本サイトの何処かの記事で書いたが、忘れてしまった。しかし、昨日の横浜F・マリノス戦は、敢えて言えば、負けてはいけない、引き分けでもいけない、勝たなければならない戦いで合ったと思う。
しかし、負けた。
決定機は、両チームにあったが、どちらかと言うと、サンフレッチェ広島の方が多かったように思う。勝てる戦いだった。
続きを読む

さあ、これからは、自信を持って、サンフレッチェ広島らしく戦っていこう

守備も、攻撃のための守備に切り替わり、そしてそれがハマってきた。攻撃も、比較的スピードのある、そして相手ゴールを脅かすアイデアあふれるパスが復活してきた。あとは、自信を取り戻すことだ。

ここ数ゲーム、私が見たゲームにおいては、相手のペナルティエリアに進入するほどの攻撃がは、1回か2回程度だったような気がします。
ところが、昨日のガンバ大阪戦、残念ながら0対1で負けてしまったゲームですが、このゲームでは、ガンバ大阪のペナルティエリアを結構脅かしていたのではないでしょうか。
つまり、攻撃もハマってきているのです。
続きを読む

皆川佑介選手、代表戦、まさかの先発!!! キリンチャレンジカップ、対ウルグアイ戦

サンフレッチェ広島の、ド・ルーキー、皆川佑介は一体どうだったのでしょうか?
私は、仕事で代表戦は見れていないのです。
皆川佑介先発、の情報を私は仕事しながら、こっそに見たFacebookの書き込みで知りました。
マジか……。でも、アギーレ監督なら、いや、皆川祐介選手なら、ある、とは思っていましたが……。
面白い監督ではありますね。
続きを読む

大予想 皆川佑介選手 対ウルグアイ戦で、マジ、ゴールをあげ、水本裕貴選手がシャットアウトする予感

すごい勝手なことを言わせていただくと、本日のキリンチャレンジカップが行われる札幌ドームは、私にとっては、思い出の場所なのです。
私ごとで恐縮ですが、数年前のこと、私は札幌に転勤になりました。いろいろな事情で、3ヵ月でまた東京に帰ってくるのですが、その3ヵ月が、私の人生の大きな転機になりました。
これまでの自分の仕事のやり方では、もう通用しない、ということを感じ、新たなやり方を始めるきっかけになった場所なのです。
札幌勤務の時、仕事で、ファイターズゲーム開始直前の札幌ドームにも入らせていただきました。グランドにです。ダルビッシュが側にいたことを思い出します。
個人的なことで、恐縮ですが、札幌は、私の人生に、大きな転機になった場所。
きっと、水本裕貴選手と、そしてまだ新人の域にやっと到達した感のある皆川佑介選手にとっても、これからのサンフレッチェ広島でのサッカー人生が、飛躍的にグレードアップするきっかけの場所であってほしいなあ、と、僭越ながら、自分の人生に重ねながら、ついつい思ってしまうのです。
続きを読む

皆川祐介

明日は、代表戦。サンフレッチェ広島の皆川佑介選手に、ワクワクする


キレンチャレンジカップ。アギーレ監督率いるA代表の初ゲーム。相手はウルグアイ。FIFAランクは8月14日の段階で6位。強豪です。が、A代表がどのような戦いを見せてくれるのでしょうか。
ワクワクします。
この感覚、感情、久しぶりです。ここ数年、ザッケローニ氏が率いたA代表にはほとんど期待していませんでしたし。はっきり言って、ブラジルワールドカップより、ワクワクします。
何がそういう想いにさせてくれるのか……。
それはやはり、サンフレッチェ広島の次期エース:皆川佑介選手がA代表にいるから、でしょうね。

おそらく、スーパースターになる。それが皆川佑介選手だ

「おそらく」と書いてしまったのは、これ以降の記述が、私の思いだけで書くことになるからなのですが……。
皆川佑介選手は、あと、数年後、スーパースターに成ると思います。はい。いや、根拠と言われると、私の勘、としか言い様がないのですが、奇しくも、サンフレッチェ広島関連のレポートや著作で有名な中野和也さんが、J論で、皆川選手のことを書いていらっしゃるのですが、その内容に感銘を受けつつ、特に、次の部分で、なるほど、これはスーパースターに成る、と感じたのです。
引用させていただきます。

初めてJ1の練習に参加したクラブが広島だったのだが、その時の雰囲気の良さに感銘を受けてすぐにプロ入りを決め、他のクラブの誘いを全て断った純粋さ。J初得点を決めた柏戦で喜びの余り思わずサポーターのところに走ってしまい、その前後でアシストしてくれた石原直樹のところに行かなかったことを反省、それをそのままサポーターの前で口走る素直さ。これも成長のためには必要な条件だ。それがなければ「考える」ことを徹底して求める広島で、これほど早く台頭することもなかっただろう。

引用元:ポスト寿人の一番手。日本代表の新星・皆川佑介、台頭の契機は北海道にあった

この、脳天気さというか、素直さ、というか、すっとぼけた感じは、限られたスーパースターが持っている要件の一つだと思うのです。
私の仕事の中心の一つは、テレビCMを作ることなのですが、浮き沈みの激しい芸能界の中でも、スーパースターになる人は、実力はもちろんですが、ちょっと、人間離れというか、常識人ではない魅力を備えているのです。
これは、人間性がそのまま魅力になる、ということではなく、その人間性が、実力を高める、ということです。

だからこそ、サンフレッチェ広島において、絶対エースの佐藤寿人選手と、次期エースの皆川佑介選手の2トップとか、見たいけどなあ。

p.s.
アギーレ監督、ぜひ、皆川佑介選手に、出場機会を。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

サンフレッチェ広島に関する、雑感いくつか……今朝は、サンフレッチェ広島関係の、気になったこと、思ったこといくつかを徒然に書いていきます。

皆川佑介選手のマスコミ露出量が、半端ない

何だか、テレビをつければ皆川祐介選手が出演しているような気がするのは、私だけでしょうか。
まあ、それほどでもないのでしょうかね。
サンフレッチェ広島は連覇しても、あまり取材が来なかったりしてので、たかが、アギーレ監督のA代表に選出されただけで、一気にアイドルのような扱いを、サンフレッチェ広島の選手が受けていることに、なんだか不安を抱いてしまうのですね。
続きを読む

皆川佑介選手の注目が集まるけど、それはいいとしても、なんかマスコミのデリカシーの無さには飽きれるものがある

一昔前のスポーツ新聞を何らかの機会に読んでみると、皆さん、きっと驚かれるでしょう。
「まるで、新聞みたい」なんです。
変な言い方ですが、しっかり、ジャーナリズムに則った、スポーツ新聞であったような。
今は、どうなのでしょうかね。何とも言えませんが、ジャーナリズムというより、タレント系の日刊出版物というのが近いと思うのです。
テレビもそうで、ブラジルワールドカップで儲けそこねたところを、アギーレジャパンで何とか挽回しようとしているのか、サッカー選手を妙な取り上げ方をして、浮かれているのが気になります。
続きを読む

寿人と皆川の2トップが見れる日も近い……といいなあ

サンフレッチェ広島が、徳島ヴォルティスに、アウェイで0対1の勝利。勝ち点3をゲット。
なかなかスカパーオンデマンドのつながりが悪く、しっかり観戦できていないのですが、
いいところもあれば、わるいところもある、というゲームだったのではないでしょうか。
決勝点は、皆川佑介選手のPKの一発。
この辺りがサンフレッチェ広島のいいところでしょうね。代表に選ばれてこれから行くぜ、という皆川選手にPKを蹴らすように仕向けるのですね。
そして皆川はそれを決める。こうやって、サンフレッチェ広島は進化して聞くのです。
続きを読む

皆川祐介

皆川佑介選手が持っている、光

雨の埼スタの、浦和レッズ対サンフレッチェ広島は、私も参戦した。1対0で勝ち点を取ることは出来ず、悔しい思いで、スタジアムを後にしたのを覚えている。
後半の途中から登場した皆川選手。
まだ、サンフレッチェ広島の全体のオーガナイズがうまく行ってない中、確かに、皆川選手からは、強引にゲームを進め、得点につながるような香りがしました。アギーレ監督には、皆川が放つ光に可能性を感じたのでしょう。 続きを読む

水本選手、皆川選手、A代表に招集

いやあ、びっくり、といっては失礼かもしれませんが、やはりこれはサンフレッチェ広島のファン・サポもびっくりだったのではないでしょうか。
水本裕貴水本裕貴選手 皆川祐介皆川佑介選手

水本選手は、びっくり、ということではなく、順当といいますか、ある程度、このスケジュールが大変な中、サンフレッチェ広島としては大変だが、とにかくがんばって、という間隔ですが、皆川選手の場合は、繰り返しになりますが、びっくり。もちろん、嬉しいびっくりですが。
続きを読む