タグ別アーカイブ: 浦和レッズ

盛り上がらない浦和レッズ1stステージ優勝 やはり2ステージ制は愚策なり

盛り上がらない。
レッズの1stステージ優勝。

盛り上がらないのはレッズに責任があるわけではない。
やはり、この制度自体の問題ですよ、2ステージ制の。

村井チェアマンが、レッズの1stステージ優勝の表彰にピッチに現れた時、レッズサポから大ブーイング。当然でしょう。
(このブーイングを報じていたテレビ局とかありました? まあ、テレビはジャーナリズムを捨てていますからね、大きな組織の広報ですから)

で、2ステージ制のことがよくわからない、という方も多いと思いますが、この動画(サッカーキングさん制作の)がとてもわかりやすいので、リンクを貼っておきます。これ、お勧めです。


続きを読む

浦和レッズ

強けりゃいい、そんなわきゃないJリーグ。浦和レッズの憂鬱

仕事でさいたま市役所に行ってきました。

JR浦和駅で降りて、歩いて10分ちょっとでしょうか。

レッズのポスターやフラッグがたなびき、また、昔の面影が残る道を歩くと、ああ、浦和は素敵なところだなあ、と思うのです。

こんな街に愛されて、浦和レッズは幸せだなあ、とも、思うのです。

でも……実は恐ろしいデータが有る。

浦和レッズの観客数は、確実に落ちてきているのです。

なんか間違ってないか? 勘違いしていないか?
(もちろん、レッズだけの問題じゃないんです)

私は、サンフレッチェ広島のファン・サポです。
そして、レッズは嫌いです。

でも、レッズがダメになればいい、なんて思っていません。
嫌いだけど、浦和の街と一緒に発展していって欲しい、Jリーグ人気の一角を担って欲しい(あくまでも一角ですよ)と心から願っています。

浦和の街に降りて、ここ数年感じていたことを、
偉そうながら、書かせていただきます。

Jリーグのクラブチームは、強ければいいのか?

先程も書いたけど、浦和の観客数が落ちている。

Jリーグの幹部は、レッズをビッグクラブにして成功モデルとしたいのだろうが、どうも、Jリーグの幹部や浦和レッズのフロントは、Jリーグ100年構想というものを捨てているように感じてしまうのですよね。

つまり、強ければファンは増える、サポーターは喜ぶ、と思っているんじゃないか?ということです。

そりゃ、だいたい強いほうがいいですよね。でも、そうじゃない時だってある。
「あ、そんなことするんなら、勝たなくていいよ」という感じ。

若い方はご存じないと思いますが、
かつて、プロ野球に於いて「空白の1日」という事件が発生しました。

これは、当時「怪物」と呼ばれた江川卓という素晴らしいピッチャーがいました。
本人かどうかはわかりませんが、とにかく読売ジャイアンツに行きたい、と江川サイドは思い、読売も江川が欲しい、と強く願い、最終的には、法政大学に進学し、さらにはアメリカ留学等、ジャイアンツに指名されなかったのでいろいろやっていたのですが、
しかし、
「空白の1日」という卑怯な解釈を関係者で行い、突然、江川卓の入団会見を読売は行ったのですね。

これは、説明すると面倒なので、ウィキペディアなどにも出ていますが、
いろいろあって、この解釈は、ダメ、ということになったのです。

最終的には、江川は、ジャイアンツに入るのですが、とにかく大人の事情というか、ずっこいんですよ、読売が。

で、何が言いたいかというと、
この辺りから、読売の人気は、陰ってくるわけです。

強けりゃ人気がでる、優勝したら人気がでる、と、読売は考えていたのかどうかはわかりませんが、でも、それは間違いなのですね。

レッズはアイデンティティを問われているのではないか?

レッズがずっこいことをしているとは、私は全く思いません。
ルールに則って、いろんな事をやっています。全然オッケイ。

もちろん、サンフレッチェ広島の選手が、何人もレッズに抜かれるのは異常です。
でもルールに則っている。
サンフレッチェよりレッズを選んだのは選手ですから。
それはそれで仕方ない。

確かに、レッズはペトロビッチ監督のもと、サンフレッチェ広島の選手を集めてい強くなっているんだと思います。
リーグ戦は今のところ負けなしですから。
ACLに関しては、どうなんだとは思いますが。

でもね、これじゃ、サポーターは面白く無いんじゃないでしょうかね……。

もうこれは感覚的な問題ですが、

Jリーグはその発展環境が世界のクラブと比べても特殊なのだと思います。
やはり地域密着度が高い。

だから、「ウチの街のクラブチーム」という感覚がなければ、その人気は落ちていくのだと思います。

サッカーが好きだ⇒たまたま地元にJのクラブチームがある⇒Jリーグの、クラブチームのファンになる

というより

何らかの形で、地元のJノクラブチームと接する体験がある(例えば、街でサインをしてもらったとか、レストランでクラブチームの選手などといっしょになるとか、あるいはファン・サポに連れられてゲームを見に行って、そのクラブのファンになるとか。

なんか、サッカー起点ではなく、地元関係起点の要素のほうが大きいと思ったのです。

だから、強くするために、優勝するためになら、ルールの範囲内であれば、レッズのよう、同じチームから選手を集めていると、
その地域の方々の心が離れる、という結果になっているような気がするのです。

レッズは、浦和に存在する意味が問われている。
勝てばいい、というわけではない。
大切なのは、アイデンティティ。

しかしこれは厄介だ。

チームを強くするには、ある程度お金で選手を連れてくれば良い。
しかし、崩れた始めたアイデンティティを再び取り戻すには、
長い時間がかかるに決まっているからだ。
浦和のうなこ

うなぎのうなこ

(写真は、サッカーとは関係ないけど、うなぎの蒲焼き発祥の地と言われています。で、そのキャラクターの浦和うなこちゃん。何だかカワイイぞ)

私は、浦和レッズは嫌いだが、
それでも、Jリーグのクラブチームとして、いつも光り輝いていて欲しい。

そして、チームアイデンティティの問題は、
レッズだけではなく、Jリーグの全てのクラブチームにも関わることなのです。

追加のお話

一昨日5月2日のレッズ対ガンバ戦、集まりましたね、5万人以上。
やはり、嫌いとはいえw、埼スタに人が集まると、私は嬉しいです。
まあ、去年の因縁もあり、首位攻防戦でもあり。

そしてレッズ、見事勝ちました。
おめでとう。

もちろん、サンフレッチェ広島もベガルタ仙台にきっちり勝って、勝ち点4差で追っていますよ。

さて、松本山雅のサポーターのトップの方が、例え地方リーグで戦おうとも、満員のスタジアムを目指したい、とおっしゃっていたそうですが、
確かに、レッズも初期の頃は、全く勝てなくても、猛烈にファン・サポが集まっていましたね。

全てのクラブチームは、クオリティの高い、面白いサッカーを目指し、応援しがいのあるチーム作りを目指したいものですね。

全てのクラブチームのみんな、進もうぜ。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

 にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

【速報】サンフレッチェ広島、浦和レッズと0対0に引き分け。観客は2万6千人。勝ちたかった

本日のサンフレッチェ広島浦和レッズ
0対0での引き分け。
それぞれ勝ち点1を分けあいました。

3対1くらいで勝てるゲームでしたし、勝たなければいけないゲームでした。

2万6千人ものファン・サポが来てくれたのに……。

チャンスは確実にモノにしなければならない。

茶島、惜しかった。

ここ数ゲーム、浅野もそう、今日の茶島もそ。

チャンスは、決めてくれ。

いや、これからは決めてくれると信じてる。 続きを読む

サンフレッチェ広島対浦和レッズ

浦和レッズを迎え撃て‼︎ 広島の力を結集。22日はエディスタへ。天気は晴れ、気温も高い。

浦和レッズがやって来る。

サンフレッズとも呼ばれる、あの浦和レッズが。

しかも、レッズもサンフレッチェも、2勝勝ち点3同士。堂々の首位決戦。

私たちのエディオンスタジアムのピッチに、元は一緒にひろしまナイトを歌った、しかし今は、赤いユニフォームを着た選手達が、上がる。

負けるわけにはいかない。

引き分けもない。

勝つのは、私たち。私たちは勝つ。

広島をを愛する紫の戦士たちは、
広島に住んでいる、広島に関わる人たちのために、
勝利を掴んでくれるはず。

だから、私たちも、紫の戦士たちを後押ししよう。
ともに戦おう。 続きを読む

サンフレッチェ広島対浦和レッズ

早くも浦和レッズとの天王山。黒田投手登板予定のオープン戦もあるけど、3月22日は広島の人ならエディスタでしょう

3月22日。Jリーグ ディビジョン1は、第3節にして、早くも大きな山場を迎える。
サンフレッチェ広島浦和レッドダイアモンズ

プロレス的な言い方をさせて頂けば、
まさに、因縁の対決。

サンフレッチェ広島で活躍した選手を、抜くは抜くは。
柏木、槙野、森安、李忠成、西川周作、そして石原直樹。言わずもがな、監督のペトロビッチ。
レギュラーの6人、監督を入れると7人が、元サンフレッチェ広島。

図らずも、レッズサポから、「もはや、浦和レッズではない。サンフレッズだ」と自虐的な言葉も発せられるほど。

だから、レッズに、負けるわけにはいかないのだ。

かつては、自分のことをミスターサンフレッチェと自分で呼んでいた人もいる。広島ナイトが一番好きな歌だ、とか公言していた人もいる。でも、今は、We are reds とか歌ってる。

だから、負けるわけにはいかないのだ。 続きを読む

ゼロックススーパーカップ、ガンバがレッズに2対0の貫禄勝ち

ゼロックススーパーカップ、昨年は私たちサンフレッチェ広島がいただきましたが……。

今年は、ガンバ大阪対浦和レッズ。
ゲームは見ていないので何とも言えませんが、レッズはまた後半に、さらにロスタイムに点をとられてシャットアウト負け。

石原直樹はベンチにも入ってなかったみたいですね。
まあ、先日のACLに出場していましたからね。
ACL要員として、しばらくは行くのでしょうかね。

直樹に対しては、複雑だなあ。
続きを読む

石原直樹

さらば石原直樹。そこを埋めるのは、サンフレッチェ広島の若手であって欲しい

石原直樹選手が、サンフレッチェ広島を去った。
しかも、また、浦和レッズへの移籍だ。
もう随分前の話題のような気がするけど、自分の中でなかなか整理できず、今日まで書きあぐねている。
今日の記事だって、ちゃんと欠けているわけじゃないけど……。

前回の契約時に、クラブ側からの複数年契約に対して、石原選手の方から1年契約にしてくれ、ということだったと記憶しています。(違ったらごめんなさない)
だから私は、レッズ移籍の噂が出た時、もうちょっと諦めていたところはあったのです。

が、実際、移籍が決まり、その移籍先が浦和レッズで、正直、改めてがっくりしました。
続きを読む

とにかく強くなる、それがレッズなら、強くなろうとするプロセスの中で、愛され続ける、それが、サンフレッチェ広島の行き方だと思う

坂茂(ばん しげる)さん という建築家、ご存知ですか?
世界的な建築家。
それも、紙のパイプを使っていろんな建物を作られる方です。

震災後の仮説住宅なども作られる方で、東日本大震災後の避難所の間仕切りを紙のパイプと布で作った人です。
坂茂
もちろんそれだけではなく、世界各国の災害のあとで、たくさんの仮設の建築物を作られています。
紙のパイプでも、地震に強いし、耐火性も防水性も高いのです。(下の写真はクライストチャーチ)
坂茂クライストチャーチ

仮設の建設とは何か。坂茂さんがそのことについて、TEDで思いを語られていて、その内容に、サンフレッチェ広島のことで、あるいはJリーグのことで、また、それだけではなくいろんなことで思うことがあり、本日はそれを紹介しながら、サンフレッチェ広島について考えてみたいと思います。
続きを読む

浦和レッズのペトロヴィッチ監督は、なぜ、広島から選手を引き抜こうとするのか。

今日の結論を、先に、書いておきます。
それは
「もういいじゃん、別れた女子に、正当な方法でいじわるしているようなものだよ」
ということです。

ペトロヴィッチ監督には、私は猛烈に感謝しています。
今のサンフレッチェ広島の強さがあるのは
ミシャの力が相当大きいことも知っています。
ミシャのお陰で、サンフレッチェ広島は戦えるチームになった、と私は思っています。
さらに、降格寸前だった浦和レッズを、優勝の可能性があるチームに立て直したことは、さすがだし、素晴らしい監督だと思います。
そして、これから書くことが、これらのことを傷つけたりすることでは全くないことをお伝えしながら、少し、思うことを書かせてください。
続きを読む

石原直樹

「今は、何も言えない」 石原直樹に、浦和レッドダイヤモンズから正式オファー

またですよ、また。ご存知のようにレッズが今オフ、狙いを定めたサンフレッチェ広島の紫の戦士は、石原直樹。
報道の様子や、今シーズンの契約が1年だったことから考えても、なかなかワンフレッチェ広島にとっては厳しでしょうね……。

「今は、何も言えない」
と石原選手は取材に答えていますが、
この台詞は、何人ものサンフレッチェ広島の選手が口にして、次のシーズンは、赤いユニフォームを着ていた……。

もちろんレッズに悪いところはひとつもありません。クラブチームとして必要な人材であり、契約が切れる選手であれば、当然のことながら、狙いに行きますよね。

直樹、サンフレッチェに残って欲しい

もちろん、石原直樹選手には、サンフレッチェ広島の戦士として来年もプレイして欲しい。絶対して欲しい。
ただ、それは直樹が決めることだから。

この季節、毎年、センチメンタルな気持ちになってしまう。
大好きだった女の子が、「え? あいつとつきあってんの?」といった感じでショックを受けるような感覚に、私は近いものを感じます。

いつも言うように、私は、サンフレッチェ広島に恋をしているわけで。戦士たちにも、思い入れがあるわけで。
石原直樹という紫の戦士にも、当然思い入れがあるわけで。
いくつかのゴールが走馬灯のように思い出されますが、私の場合は、昨年の、優勝が決まった最終節の鹿島戦でのゴール。
その少し前の横浜スタジアムのマリノス戦で、いくつかのビッグチャンスを外して、「ああ、もう優勝はダメかなあ」と諦めかけさせられて、まさかの、最終節の逆転優勝。
昨年の逆転劇は、結構、直樹が絡んでたような気がします。

もう一回言わせてください。
直樹選手、ぜひ、来年も、サンフレッチェ広島で戦ってください。
サンフレッチェ広島での、直樹のゴールが見たいです。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします

 にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

ナビスコカップ 第2レグ 対浦和レッズ戦 上昇気流に乗ったサンフレッチェ広島が勝つ予感

さあ、今日はナビスコカップ 第2レグ。対浦和レッズ戦。
今日は勝ちたいですよね。
といっても、あまり力を入れすぎても、空回りするので、基本は、一戦必勝。平常心で行きましょう。
連戦中のサンフレッチェ広島ですが、浦和レッズもとりあえずは同じ条件ですからね。
期待は、青山敏弘選手と佐藤寿人選手のホットライン。連戦中だから、90分の出場は難しいでしょうが、それでも決めてくれるでしょう。
続きを読む

ナビスコカップ準々決勝 対浦和レッズ 第1レグ 0対0の引き分け だんだん良くなってきたような気がしますが

先ずは0対0の結果。ナビスコカップ、サンフレッチェ広島対浦和レッズ。
アウェイゴールを許さなかったのは、よかったですね。これで、サンフレッチェ広島が随分優位になったと、私は感じました。
なぜなら、サンフレッチェ広島のコンディションも、上がってきているように思えたからです。

続きを読む