タグ別アーカイブ: 日本代表

日本代表、勝つか負けるか 天国か地獄か。正念場とは、このことだ。

Pocket
LINEで送る

【今日の一言】
今夜は眠れない。昨日はほとんど徹夜だったけど^^;

今夜再開する、ロシアワールドカップ アジア最終予選。
日本は、アウェイのアル・アインの本拠地ハッザ・ビン・ザーイドスタジアム。
戦いの相手はUAE。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

ワールドカップ最終予選に臨む、元サンフレッチェ広島の戦士たち

Pocket
LINEで送る

【今日の一言】
なぜ、広島を出ていった選手にも、好き嫌いがあるんだろう^^;

折に触れて申し上げているように、私はサッカーの代表よりJリーグのクラブの方に興味があります。
そもそもワールドカップという国ごとに戦う、という概念が好きになれないんですよね……。
まあ、それはいいとして、
ワールドカップアジア最終予選に臨むメンバーがハリルホジッチから発表されましたね。

続きを読む

Pocket
LINEで送る

泣くな、浅野拓磨。君はもっと強くなる

Pocket
LINEで送る

昨夜(2016年6月7日)の日本代表対ボスニア・ヘルツェゴビナ戦。
観戦していた人の多くの人がため息を漏らしたのではないだろうか。
「ジャガー、なぜ撃たない?」

1対2でビハインドの場面。ボスニア・ヘルツェゴビナの右側の(ボスニア・ヘルツェゴビナからすれば左側)ペナルティエリア付近へ侵略に成功したジャガー=浅野拓磨は、観戦していた、また実際にプレイしていた選手の多くがシュートを選ぶと思っていた。
しかしジャガーはゴール中央へのパスを選んだ。

このバスは味方へは繋がらず、相手ディフェンダーが投げ出した脚にあたりクリア。ペナルティエリア外までふわりと戻されたボールは清武の前へ。清武はミドルシュートを放つがバーの上を通り過ぎた。

ジャガーと清武と。このゲームでのヒーローになるチャンスを逸した。しかし逸し度合いが大きいのは浅野拓磨だろう。

このゲームの中で、拓磨が件のシュートを打つその少し前にも同じようなシーンがあった。相手のペナルティーエリア付近に同じようなコースで侵略したジャガーはこの時はシュートを打つ。しかしこれも相手ディフェンダーがゴールを阻止している。
ニュースサイトの記事によると、
拓磨はロスタイムでシュートではなくパスを選んだ時、このシーンが過ぎったという。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

東アジアカップ 日本代表対北朝鮮 について  キャプテン不在の戦い、だったような……

Pocket
LINEで送る

素人の私が言うのも気が引けますが、とは言え、うち(サンフレッチェ広島)の水本裕貴と浅野拓磨が行っているので、昨夜のゲームを評することをお許しください。

あの戦い方では、20分もたないんじゃ……と思ってたけど

基本、代表にはあまり興味はなく、先発にサンフレッチェ広島の選手がいなかったので、ビールを飲みながら物見遊山を決め込んでいたのですが、
そんな私が見ても、「こんな戦い方して、大丈夫?」と思ってしまいました。
開始10分くらいだつたでしょうか。

日本代表の前線が、北朝鮮に対して激しくプレスをかけに行ったからです。

テレビでは、前線しか映らなかったのですが、おそらく日本代表は連動してラインを高く保っていたのでしょう。
あの、気温の中で。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

昨夜の対イラク代表戦。イラクちょっと酷すぎませんでしたか?

Pocket
LINEで送る

日本代表のゲームには余り興味が無いので、昨夜の代表戦もテレビ参戦はせず、スポーツニュース等でざっくりと見たのですが……。

イラクは何をしに日本に来たのだろう、というのが、率直な感想です。

私はいちサッカーファンなので、正直、テクニカルなことはわからない所も多いのですが、昨夜のゲームを見る限り、
日本代表の攻撃が凄かった、というよろ、イラクの守備がボロボロだった、と言う印象です。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

【速報】日本代表にサンフレッチェ広島からは選ばれず。残念だが妥当

Pocket
LINEで送る

日本代表にサンフレッチェ広島からは一人のメンバー入りもなかった。

今回は、残念、としか言いようがない。でも、仕方ないとも思う。

私は、常に、クラブチーム(サンフレッチェ広島)>日本代表 なのですが、今回はちょっと事情が違う。

なぜならハリルホジッチ監督率いる今の日本代表は、参加する価値のある代表だと思うからだ。

続きを読む

Pocket
LINEで送る

ハリルホジッチから、Jリーグに素晴らしい影響を与えてくれている

Pocket
LINEで送る

日本サッカー協会のスマッシュヒットは、代表監督としてハリルホジッチ氏を招聘したことでしょう。
偶然とはいえ、今回だけは、「持っていた」ということでしょうね。

今野泰幸選手のインタビューを聞いて確信しました

今野泰幸選手がジェイフットボールで、ハリルホジッチ監督に関してインタビューを受けていました。
今野泰幸選手は、ジーコ日本代表監督から、歴代の監督に招聘されています。
彼が、今、ハリルホジッチ監督に対して、感じていることが、
素人私が、感じていたことと、まさに一致していたので(ちょっと偉そうなこと言ってすんません)少しだけ書かせていただきます。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

浅野拓磨

【速報】浅野拓磨 ハリルホジッチが召集。ついに輝き始めた!!!

Pocket
LINEで送る

浅野拓磨、召集。

日本代表の国内でのトレーニングキャンプに拓磨が呼ばれた。

今回は、海外組は呼ばれていないんだけど、それにしても、凄い。

ついに、拓磨が輝き始めた。

マリノス戦のドリブル駆け上がりスピードは、半端無かった

続きを読む

Pocket
LINEで送る

青山敏弘

代表メンバーに、水本、青山。それから高萩も。バックアップに千葉、塩谷 選手。ホント、広島の宝なのに……

Pocket
LINEで送る

ハリルホジッチ監督が日本代表メンバーを発表した。

私のような素人の意見など、どうでもいいのだが、納得できる選手と、疑問の選手がいた。
特に海外組、どうなの? とも思うが……。

時間がなかったんだな、という印象の人選。

まあ、いいや。

基本、私は代表戦にはあまり興味がなく、Jリーグのほうが大事なので。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

水本選手、塩谷選手、代表入り。広島の人たちに認識して欲しい、サンフレッチェ広島は凄いチームだということを

Pocket
LINEで送る

いつもこのサイトで書いているのですが、あくまでも私見ですが。
私は代表至上主義、というのは好きになれません。
代表に選ばれる選手の方が、選ばれない選手より、上位、という考え方とうか、感じ方です。
実際、日本の人たちの間では、なんとなく、そういった代表至上主義になっているような気がします。
代表選手は、代表監督の考えたや戦術に大きく影響されませう。ザッケローニ氏が監督をやっていた時は、彼の監督としての力量でしか、選手は選べないわけです(いいわるいではなく)。

とはいえ、水本裕貴選手と塩谷司選手が、代表に選ばれたことは、喜ばしいことですよね、本人にとっても、サンフレッチェ広島にとっても。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

皆川佑介選手、代表戦、まさかの先発!!! キリンチャレンジカップ、対ウルグアイ戦

Pocket
LINEで送る

サンフレッチェ広島の、ド・ルーキー、皆川佑介は一体どうだったのでしょうか?
私は、仕事で代表戦は見れていないのです。
皆川佑介先発、の情報を私は仕事しながら、こっそに見たFacebookの書き込みで知りました。
マジか……。でも、アギーレ監督なら、いや、皆川祐介選手なら、ある、とは思っていましたが……。
面白い監督ではありますね。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

皆川祐介

明日は、代表戦。サンフレッチェ広島の皆川佑介選手に、ワクワクする

Pocket
LINEで送る


キレンチャレンジカップ。アギーレ監督率いるA代表の初ゲーム。相手はウルグアイ。FIFAランクは8月14日の段階で6位。強豪です。が、A代表がどのような戦いを見せてくれるのでしょうか。
ワクワクします。
この感覚、感情、久しぶりです。ここ数年、ザッケローニ氏が率いたA代表にはほとんど期待していませんでしたし。はっきり言って、ブラジルワールドカップより、ワクワクします。
何がそういう想いにさせてくれるのか……。
それはやはり、サンフレッチェ広島の次期エース:皆川佑介選手がA代表にいるから、でしょうね。

おそらく、スーパースターになる。それが皆川佑介選手だ

「おそらく」と書いてしまったのは、これ以降の記述が、私の思いだけで書くことになるからなのですが……。
皆川佑介選手は、あと、数年後、スーパースターに成ると思います。はい。いや、根拠と言われると、私の勘、としか言い様がないのですが、奇しくも、サンフレッチェ広島関連のレポートや著作で有名な中野和也さんが、J論で、皆川選手のことを書いていらっしゃるのですが、その内容に感銘を受けつつ、特に、次の部分で、なるほど、これはスーパースターに成る、と感じたのです。
引用させていただきます。

初めてJ1の練習に参加したクラブが広島だったのだが、その時の雰囲気の良さに感銘を受けてすぐにプロ入りを決め、他のクラブの誘いを全て断った純粋さ。J初得点を決めた柏戦で喜びの余り思わずサポーターのところに走ってしまい、その前後でアシストしてくれた石原直樹のところに行かなかったことを反省、それをそのままサポーターの前で口走る素直さ。これも成長のためには必要な条件だ。それがなければ「考える」ことを徹底して求める広島で、これほど早く台頭することもなかっただろう。

引用元:ポスト寿人の一番手。日本代表の新星・皆川佑介、台頭の契機は北海道にあった

この、脳天気さというか、素直さ、というか、すっとぼけた感じは、限られたスーパースターが持っている要件の一つだと思うのです。
私の仕事の中心の一つは、テレビCMを作ることなのですが、浮き沈みの激しい芸能界の中でも、スーパースターになる人は、実力はもちろんですが、ちょっと、人間離れというか、常識人ではない魅力を備えているのです。
これは、人間性がそのまま魅力になる、ということではなく、その人間性が、実力を高める、ということです。

だからこそ、サンフレッチェ広島において、絶対エースの佐藤寿人選手と、次期エースの皆川佑介選手の2トップとか、見たいけどなあ。

p.s.
アギーレ監督、ぜひ、皆川佑介選手に、出場機会を。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る