タグ別アーカイブ: 岩下敬輔

サンフレッチェ広島はなぜガンバ大阪の岩下敬輔を告発しないのか?……Jリーグなんて糞だな

ガンバ大阪の岩下敬輔は暴力を振るうことで有名だ。
先日のサンフレッチェ広島戦でも、サンフレッチェの清水航平の頭を掴んで自分の方を向かせ、その後航平の胸ぐらを掴んでいる。
はっきり言って、まともな人間のやることではない。

岩下敬輔は他にもたくさんの暴力をふるっている。Jリーグを見ている人の間では結名な話だ。ここにそれを記すと何ページ尽くしても足りない。
人間失格とまでは言わないが、プロフェッショナルスポーツの選手としては失格だ。

私が不思議なのは、なぜ、岩下敬輔の酷さを、誰も告発しないところだ。
岩下敬輔糞

 

 

岩下敬輔糞2

 ⇑
清水の頭を掴んで自分の方を振り向かせ、そのあと胸ぐらをつかむ。
今野もなんか吠えてましたけどね。 続きを読む

Jリーグ規律委員会の裁定が、全てをダメにする。無能とは、こういうことか……

(※事情が変わらない限り、この記事で、この話は最後にします)

結局、Jリーグの規律委員会の“厳重注意”という軽すぎる裁定が、
更なる炎上を招いてしまった。

そして、リーグ規律委員会、つまりはJリーグという幹部組織が、危機管理能力を含め、実力不足であることが露呈した。

ガンバ大阪に所属する岩下敬輔が、5月10日のサンフレッチェ広島戦で、相手選手を、プレイとは関係ないところで(関係あろうがなかろうが、それこそ関係ないが)肘打ち(あるいはフック)をボディに放ち、さらには顔面を平手打ちするという暴行を働いた。このサイトでも数回に渡り動画とともに紹介しています。

それに対し、5月12日、Jリーグ規律委員会は、本人を東京に呼び、事情を聞いた上で、「厳重注意」というあまりにも軽すぎる裁定を下した。

Jリーグ規律委員会の甘すぎる裁定は、大問題だ。

フェアプレイの何たるか以前の、人として当たり前のことが全くわかっていない。
人を殴っておいて、厳重注意で済ます、その感覚が、既に終わっている。

Jリーグ規律委員会が、厳重注意で済ませたことによる3つの悪影響

ゲーム中に行われた暴力行為を、厳重注意という処分に留めてしまったことで、これから、Jリーグに関わるいろんなところで悪影響が出てくるだろう。

1,Jリーグ規律委員会などを含めた、Jリーグの幹部組織には、自浄能力が無い、と多くの人に認識される

結局、Jリーグもなあなあの事なかれ主義で、自浄能力がないダメな団体、と多くの人に認識される可能性がある。
まあ、ダメな団体、というのは事実なので仕方ないのだけど。
Jリーグは暴力を厳重注意で済ます、という実績を作ったわけで、
Jリーグがダーティーなイメージにもなってくる。
いや、イメージではなく、事実、このことに関してはダーティーなんだ……。

2,ガンバ大阪というクラブチームの自浄能力も疑われる

Jリーグ規律委員会が裁定を出したわけで、ガンバ大阪は、それに従わざるをえない。
だからガンバには罪はない。(ここはハッキリ書いておきます)
続きを読む

Jリーグには、がっかりした。暴行した人間に対し、厳重注意だけどは……

Jリーグは、二度とフェアプレイを語る資格なし。

ガンバ大阪は、三冠王者の誇りを捨てたのか?

特にJリーグは、地に落ちた。

5月10日に行われたサンフレッチェ広島 対 ガンバ大阪 戦(エディオンスタジアム)にて、ガンバ大阪の岩下敬輔が、他の選手に対して、ボディに肘打ち(あるいはボディにフック)を当て、さらに顔面に平手打ちする、という暴行があった。

今日、Jリーグの裁定が出た。

なんと、厳重注意だけ。

人を殴っておいて、厳重注意だけですか……。

Jリーグ機構の暴力に対する考え方はその程度なんですね。

続きを読む

【新動画あり】ガンバの岩下敬輔、ボディへの右肘打ち(あるいはフック)からの顔面への平手打ち。明らかな暴力事件

改めて、動画を見ると、

ガンバの岩下敬輔が、清水航平選手の腹部か胸部に、右フックか猿臂(肘打ち)を当てている。
これは誰がどう見ても、意図的なものだ。
即ち、暴力であり暴行であり、刑事事件だ。

さらにその直後、選手の陰になってよく見えないが
おそらく、
岩下敬輔は、ボディの後、即、右の平手を、清水航平選手の顔面に入れている。

そして倒れていく清水航平選手を上から睨みつけている。

ガンバサポのツイートなどで、
「ボディを殴られたのに、顔を覆って倒れるのはおかしい」
といった趣旨のものがあったが、
これは二つの意味で間違っている。

まず、岩下敬輔がボディに暴行を加えたことがまず、おかしいというか、あってはならぬこと。

そして、清水航平選手が、顔を覆って倒れたのは、顔面に平手を食らっているからだ。

一体なぜ、マスコミはサンフレッチェ広島、ガンバ大阪、Jリーグは、岩下敬輔の暴行を問題にしないんだ?

動画をご覧いただければ、「悪質な暴行事件」である。
犯罪である。

しかし、被害を受けたサンフレッチェ広島や、加害者が所属するガンバ大阪は、何も声明を出していない。
明らかに、暴力事件が起きているのに。

特に、広島のマスコミは、何も報じていない。

これが、カープの選手が、他球団の選手に試合中に殴られたら、どう報道するのか?

Jリーグのフェアプレイなんて、こんなもの?

Jリーグのサイトに行くと
「Jリーグ 3つのフェアプレイ」
と銘打って、きれいごとが書いてある。

しかし、この事実。

暴行事件があっても、何のアナウンスもない。

一体なぜなのか、さっぱりわからない。

クサいものに蓋なのか?
岩下敬輔の暴行事件は、クサいものなのか?

ガンバをビッグクラブに育てたいから、あるいは、問題がレフリーの質の問題に飛び火するから(実際レフリーの質に問題があるので、飛び火とは言わないと思いますが)、騒ぎが鎮火するまで待つのか?

このまま、なあなあな感じで終わるのなら、本当にがっかりだ。
Jリーグ自体が、腐っているとしか言いようがない。

Jリーグは、起こった犯罪を、見て見ぬふりをするのか?

罪を憎んで人を憎まず、という言葉がある。
孔子の刑論や聖書のヨハネの福音書にある。

しかし、それは本人がその罪を認め、悔い改めた場合に通用する。

岩下は、実はこのような暴力を何度も繰り返している。

Jリーグは、このことをきっちり問題化してほしい。

今回はたまたまガンバに所属する人物が起こした暴行事件だが、
例え、彼が、サンフレッチェ広島に所属する人物であったとしても、同じことだ。

これは、サッカー以前の問題。

岩下敬輔がどうだとかいう問題ではなく、Jリーグの問題だ。

まさか、放置はしないと思うが、放置するのであれば
ファンは一気に減っていくだろう。

インテグリティの無い、言ってることとやっていることが違う人物や組織は、早晩、人気を失うことになる。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

【現行犯動画あり】ガンバ大阪 岩下敬輔の暴力シーン  審判は見逃す。サンフレッチェはクラブとして正式抗議を

5月10日のサンフレッチェ広島対ガンバ大阪のエディオンスタジアムでのゲームで、ガンバ大阪の岩下敬輔選手が、サンフレッチェ広島の清水航平選手に暴力を振るった。

これはゲームの勝ち負けとか、そういうことではなく、
サッカー選手としての適正の問題。
続きを読む