タグ別アーカイブ: 天皇杯

天皇杯準準決勝 対鹿島アントラーズ戦に関して 寿人選手の言葉が全てだと思う

【今日の一言】
良いときも、そうでないときも、歓びと辛さを分かち合う覚悟は在るか? 寿人選手は、私達にそう問いかけながら、サンフレッチェ広島を去っていった。

昨日の天皇杯準々決勝 鹿島アントラーズ対サンフレッチェ広島のゲームは、ゲーム終了後の佐藤寿人選手のインタビューが全てだと思う。
そして、サンフレッチェ広島が、これからどうなっていくのか、そのカギを握るゲームだったとも思う。

「ここで終わるつもりはなかったし、勝つつもりでプレーしていました。鹿島は3人主力が出ていない状況で、勝つ要素は僕らのほうが多いはずだった。それでも負けたのは、チームとして力がなかったということかなと。隙を見せてはいけないチームに対して、隙を見せたのが敗因。そこを突き詰められなかったのが、今季のウチを象徴している」

鹿島アントラーズはこの一戦に臨むにあたり、主力の3枚を落としてきた。
クラブワールドカップ決勝の疲れが残り、準々決勝のサンフレッチェ戦は24日。次の準決勝は29日。
過酷なスケジュール。だから主力3枚を温存させよう……。
「3枚落としても、勝てる」 そう思われているのが今のサンフレッチェ広島だし、事実、鹿島アントラーズは勝った。
ロペスのPKの失敗があり接戦のようにも感じられたが、全盛期のサンフレッチェ広島を知るものからしたら、正直、手も足も出なかった、というところだろう。

ここ数年、サンフレッチェ広島はクラブ史上最高の成績を残してきた。
私は、色々意見があるとは思うが、やはり佐藤寿人という稀代のストライカーがいたからだと思う。誤解を恐れずに言えば、寿人が得点を取るためのチームであり、それが成功していたから3度の優勝を成し遂げることが出来た。

時は流れる。
私は寿人が全盛期を過ぎたとは全く思っていない。
しかし、クラブは新陳代謝をしていかなければならない。
つまり、今は過渡期なのだ。
(このあたりのことは、また後日、書きたいと思います)

そして、寿人選手は、先ほどのインタビューの続きの中で次のように話している。

「(森﨑)浩司も引退、自分も退団して、(広島は)クラブとして転換期にあると思います。自分を含め、今までチームを作ってきた選手たちが代わっていくなかで、今いる選手はサンフレッチェ広島というクラブを作って行かないといけない。彼らには、しっかりその責任と覚悟を持って戦っていってほしいです」

つまりそういうことだ。
稀代のストライカーは、責任と覚悟という言葉を残した。
寿人はフィールドでプレイする選手だから、その言葉は選手に発したと思う。
サンフレッチェ広島に残る選手たちは、この言葉を重く受け止めたに違いない。
でも、この言葉は、私の心にも深く突き刺さった。

間違いなく、これから数年間は、サンフレッチェ広島は厳しい時代を迎える。下手するとJ2降格もありうるだろう。Jリーグはそれくらい過酷なリーグだ。
それでも私たちは、サンフレッチェ広島とともに在る。常に勁い気持ちでサポートしていく。
それは、佐藤寿人選手の魂の願いでも在るからだ。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

鹿島対広島 12月24日の天皇杯準々決勝は、注目必至

私の大好きな友人が、Facebookで次のような内容のことをアップしていました。

サッカー天皇杯準準決勝が楽しみです。
今回のクラブワールドカップ決勝戦で鹿島が健闘した事で、24日の準準決勝の注目度が確実に上昇しました。
昨年のJリーグ覇者広島対今年の覇者鹿島。
FIFAクラブワールドカップ2015年3位チーム対2016年2位チーム。
最近の対戦成績で見れば、広島は鹿島に勝てていませんが、鹿島は過密日程で、疲労が抜けていない筈ですから、広島にもチャンスがあります。
とにかく楽しみです。


確かに、そうなんですよね。昨年から考えると、ゴールデンカード。鹿島がクラブワールドカップで素晴らしパフォーマンスを見せてくれたので、日本においては注目が集まります。
そこで、私達サンフレッチェ広島としては、ここのところ、いいようにやられている鹿島アントラーズを撃破して、「やっぱりサンフレッチェ広島ここにあり」と日本中に知らしめたいところです。
それにしても、鹿島アントラーズもいいチームですね。レギュレーションを考えてしっかり仕上げてくるのですからね。底の部分に関しては脱帽です。

アントラーズはCSからクラブワールドカップとゲームが続き、たしかに疲労は蓄積しているでしょう。
でも、戦い方を知っているアントラーズは、24日においては、そのコンディションでしっかり戦ってくるでしょうね。
何より、レアル・マドリードに対してあそこまでのゲームができたということで、むしろ疲れは吹っ飛んでいるかもしれません。

少なくとも、絶好調の波に乗って24日を迎えるでしょう。
で、サンフレッチェ広島としても、それを望みたい。絶好調の鹿島アントラーズであって欲しい(間違いなくそうでしょうが^^;)。
絶好調のアントラーズを撃破するのが、私達サンフレッチェ広島の真骨頂なのですから。

それにしも、面白いゲームになるでしょうね。
佐藤寿人のハットトリックが見たい。
◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

今年の広島の12月24日は、ヴァイオレットクリスマス

天皇杯の準々決勝が近づいてきましたね。
私は未だに寿人ロスですで、きっと一生治らないと思いますが、
それでも、天皇杯の次のゲームの日は来るわけで。

12月24日 クリスマスイブの13時。場所は鹿島。

正直、鹿島スタジアムって、東京駅からシャトルバスで2時間位かかるんですよ。これって、もう、「アウェイは来るな」と言っているようなもんで、それでも私は何度も参戦しているのですが、何と、全敗……。
どうですか、これ……。
ということで、準々決勝は、私は現地参戦は今回はやめときます。行くと勝てない気がするので。
何と弱気なこと。

というわけで、広島の方々。
今年のクリスマスイブは、昼から広島の待ちを紫に染めましょう。
鹿島に勝って、夜は勝利のパーティーを。
ヴァイオレットクリスマス・イブを。

そしてそのまま、29日も、元旦も、勝利と優勝の紫へ!!

p.s.
2016年度のサンフレッチェ広島は、多分今が一番いい時期だと思うのです。
ASSISTで、キャプテン青山敏弘がロングインタビューに答えていましたが、青ちゃんの言葉の端々から、「今年は今が一番いい」ということを感じ取れるのです。
もう、森崎浩司と佐藤寿人と、プレイするのもあと2回。全部勝利で、つまり優勝で決めましょう。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

天皇杯は終わったけど……それでも前を向く

なかなか、乗り切れない。
天皇杯は、昨夜のガンバ戦で終わりました。
ただ、まあ、仕方ないのかなあ、とも思います。ゲームを見てないのでなんとも言えないのですが、私の信頼する人が、Facebookで「不甲斐ない、というのとは違う理由で負けたので」と書いていらっしゃったので、仕方ない、と思っています。仕方ない、と言ってもギブアップではないのです。
うまく表現できないなあ。
続きを読む

天皇杯ガンバ大阪

3冠の可能性があるのは、私たちサンフレッチェ広島と、今日の天皇杯の相手のガンバ大阪だけ 開けてびっくりの戦いが繰り広げられるはず

今、Jリーグで絶好調、と言えばガンバ大阪。7月からのリーグ戦では6勝1敗1分。
一方、私たちのサンフレッチェ広島も戦う体制が整い、上昇気流に乗り始めた所。ディフェンスもしなやかな勁さを取り戻しつつある。そして、この2チームだけが、リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯の3冠の可能性があるのです。
サンフレッチェ広島もガンバ大阪も連戦に次ぐ連戦。
ベスト8をかけた戦いは、予測不能な、壮絶な戦いになるに違いない。
続きを読む

佐藤寿人とともに生きる  改めて、昨日の水戸ホーリーホック戦で感じたこと

私は、サンフレッチェ広島が大好きです。そして、佐藤寿人選手が大大大好きです。
極論ですが、佐藤寿人選手とともに生きている。そういう感じでしょうか。
昨夜8月26日の、天皇杯3回戦の対水戸ホーリーホック戦で、あっさりと得点を決めてサンフレッチェ広島を勝利に導いてくれました。
その動画はこちら、(くま太郎さん、アップ感謝です)

続きを読む

天皇杯水戸ホーリーホック

キーワードは、友情。サンフレッチェ広島対水戸ホーリーホック 天皇杯三回戦at ビッグアーチ=エディオンスタジアム

友情……。サンフレッチェ広島と水戸ホーリーホックは、監督同士の友情で結ばれている。
森保一監督と柱谷哲二監督は、現役時代は二人とも、日本代表の同じ釜の飯を食った仲。
今や広島の顔の一人にもなった塩谷司が、ホーリーホック時代、いくつかのクラブから獲得オファーがあった時、柱谷監督が、熟考した上でサンフレッチェ広島を勧めたのは有名な話。そこには、間違いなく、二人の友情があった。
続きを読む

天皇杯水戸ホーリーホック戦

本日、天皇杯3回戦。水戸ホーリホック戦。注目は塩谷司でしょう、やはり。

8月20日、そろそろ夏もどこかへ行く準備をはじめているような今日このごろではありますが、
天皇杯3回戦、対水戸ホーリーホック戦が、19時からエディオンスタジアムで開催されます。
広島の天気は荒れ含みで、心配なのですが、今のサンフレッチェ広島も、なかなか調子が上がりません。
天皇杯は、リーグ戦を戦う時とは、一味違ったメンバーになるでしょう。
先発メンバーがどうなるか、今の段階では何とも言えませんが、皆川選手の活躍も気になるところですが、今夜でやはり最も注目すべきは、塩谷司選手でしょうかね。
続きを読む

森保監督の冷静な計算。育成と勝利の間で……。天皇杯2回戦。福岡大に5対2で勝利

昨日の7月12日は、サンフレッチェ広島は天皇杯2回戦。対福岡大戦。
しかし、サンフレッチェ広島は、7月15日に、Jリーグ戦 対マリノス戦があります。
ACL(アジア・チャンピオンズリーグ)を戦った、サンフレッチェ広島、横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、セレッソ大阪。この4チームにとっては、公式戦再開がいきなりの過密日程になります。他のチームは、1週間後にJリーグ再開ですが、私たちは中2日しかありません。
だから、森保監督は、「勝てる」計算をした上で、いつものメンバーから大幅に入れ替えてきました。温存できる主力選手は、温存。そして育成を兼ねて、普段は先発出来ない選手も登場しました。

⇑ 皆川祐介選手、公式戦初ゴール!(くま太郎さんから)

続きを読む