タグ別アーカイブ: 千葉和彦

千葉ちゃんの献身。サンフレッチェ広島の力が戻ってきてる、と思う 対甲府戦 その3

Pocket
LINEで送る

【今日の一言】
頭いいんですよ、マジで

もうみんな中野和也さんのレポートを読んでいて知ってると思うけど、
先日の対甲府戦で、塩ピーから皆川、ロペス、そして柴崎晃誠がゴールを決めて同点に追いついた時、
森保監督はピッチとは逆の方向に大きな声で叫んだ。
「お前らが同点ゴールを決めさせたんだ」と。

監督の目線の先には、ベンチがあった。
そう、お前らとは、ベンチに居る先発以外の紫の戦士たちだった。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

千葉和彦が、千葉ちゃんが帰ってきた!!!

Pocket
LINEで送る

千葉ちゃんが帰ってきた。
とにかく嬉しい。少し泣きそうになる。本当に良かった。

もちろん、千葉ちゃんを信じていた。信じていないやつなんてどこにもいなかったと思う。
でも、ドーピングで引っかかってしまうと、難しい。そう簡単には復帰できない。
正直、2年かかるかな、と思っていた。それでも私は、当然のように千葉ちゃんを待とうと思っていた。その間も応援し続けようと思っていた。
それがこんなに早く帰ってきてくれるなんて……。
実は、もう数十日前に、次のような文章を書いて、千葉ちゃんの処分を待っていた。

(ここから)
千葉ちゃんには、私たちは助けられてきた。

先ずは……芸人には敵わないけど、でも芸人顔負けのトーク力。エンターテイナーとしてもしっかり弾けてる。
そして私たちは知っている。私たちは分かってる。
千葉ちゃんは、その全ての行動は、サンフレッチェ広島に関わる人のためにやっているんだ、ということを。
その千葉ちゃんの想いが、最も行動となって現れるのがピッチ上であることも、私たちは、よく知っている。

千葉ちゃんがいるから、みんなが1つになれる。いつも上を向くことが出来る。
千葉ちゃんがいるから、優勝も出来る。

その千葉ちゃんが、苦しんでいる。
ミスしたのは千葉ちゃんかもしれない。故意ではないが。
しばらくは公の場所では千葉ちゃんには会えないだろう。
いつまで会えないのかわからない。
私たちは心配だし不安だし。
でも、一番不安なのは千葉ちゃんだ。
だから、私たちが千葉ちゃんに出来ることは、3つ。

信じること。
待つこと。
そして応援し続けること。

いつまでも信じて待っている。
私たちの千葉和彦を。
(ここまで)

この文章をそのままアップしなくていいようになり、本当に良かった。

また
サンフレッチェ広島の公式サイトに上がっている、今回のことに関する正式なリリースを掲載しておきます。

公財)日本アンチ・ドーピング機構よりアンチ・ドーピング規則違反の疑いがあるとして、暫定的資格停止処分を受けておりました、サンフレッチェ広島(以下「当クラブ」)所属の千葉和彦選手に対し、制裁措置が平成28年12月20日付で、下記の通り決定しましたのでご報告いたします。

 今回の違反は、当クラブが製造元に成分内容を確認し、ドーピング禁止物質を含まず安全であると判断したサプリメントを服用した結果生じたものであり、当クラブといたしましては、誠に遺憾の極みであるとともに、多くの関係者の皆様にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申しあげます。 

 今後は、アンチ・ドーピングに対する社内体制の抜本的見直しとともに、より一層の厳しい管理と指導をおこなってまいります。

                        記

日本アンチ・ドーピング規律パネルによる制裁の種類および内容等
(1)対象
    千葉和彦選手
(2)違反の種類
    アンチ・ドーピング規則違反(日本アンチ・ドーピング規程 2.1項)
    ドーピング検査による検体からの禁止物質「メチルヘキサンアミン」の検出
(3)内容
    資格停止をともなわない譴責(平成28年12月20日付)

 尚、上記の決定にともない、千葉和彦選手に対する平成28年10月21日付暫定的資格停止措置が同年12月20日付で解除されるとともに、同選手は、同日以降、公式試合への出場ならびにチーム練習および催事への参加が可能となりました。

                                                 以上

ということ。つまり、製造元に禁止の物質は入っていないと確認したサプリに、結局、禁止の物質が入っていたということだ。
おいおい、本当に頼むよ。
疑いが持たれてからの千葉ちゃんの不安や怒りや焦燥など思うと心が痛む。

横浜Fマリノスの斉藤学選手が本人のTwitterで
意外と伝わらなかった。 千葉さん悪くないということ。 なのに、練習も試合も出来なかったここまでの時間をどうするのってことですよね。
とつぶやいてくれている。
Twitterをやっている人は、ぜひ、斉藤学選手に感謝のTweetを。私は斉藤学選手が好きになった。
そして、斉藤選手のつぶやきに、全面的に賛同する。
練習も試合も出来なかったここまでの時間をどうするのか……。

そして改めて言おう。
私たちは、引き続き、千葉ちゃんを応援し続けるだけだ。


◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

サウザンドゴール

【アンガールズ参加 サンフレ劇場動画あり】千葉ちゃん、やったぜ、1000ゴール!! エディスタでも吹いた新しい風。2000ゴールへ向けて、2対0でエスパルスに勝利

Pocket
LINEで送る

先ずは、千葉ちゃん、サウザンドゴール、おめでとう。

千葉ちゃんサウザンドゴール。そして岳人が拓磨のアシストで1001本目のゴール。
全体の動きもクオリティアップ。寿人のゴールも近い。
アンガールズも劇場参加して、これからさらに人気もアップ。

ディフェンスの要なのはもちろん、千葉ちゃんの素敵なキャラクターでサンフレッチェ広島を一つにし、その結果サンフの力が1ランクも2ランクも上がっているのはサンフのファン・サポであれば、だれでも知っている。

そんなお祭り男が、サンフレッチェ広島のクラブとしてのJ1通算1000ゴールを決めてくれた。
ありがとう、そしておめでとう。
柴崎晃誠の優しいフリーキック(千葉ちゃんのアシスト)もよかったよ。

通算1000ゴール。でも、そのうちの15%近くを占めているのが、誰あろう、進化するレジェンド=佐藤寿人選手。
改めて凄いなあ、と思った。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

【動画あり】サンフレッチェ広島、今年は更にグレードアップする確信。池袋西武のトークショーを見て

Pocket
LINEで送る

池袋西武のトークイベント。佐藤寿人、千葉ちゃん、岳人の3人、最高に面白かったですね。Facebookに動画がアップされていたので、見ました。(アップしていただいた方、感謝です)
特に、寿人と岳人の登場シーンには、腹を抱えて笑いました。得に寿人が絶好調。面白かったなあ。

色んな意味で、「今年はいけるぞ」と感じたトークショーでした。
なるほど、サンフレッチェ広島の明るく楽しいサッカーは、こういうところでも遺伝子が受け継がれるんだなあ、と感じました。
この調子なら、勝てる!!!
続きを読む

Pocket
LINEで送る

サンフレッチェ広島不足が、ピークに達してきた。どうやって15日まで過ごすんだ? とうことで、千葉ちゃんとモンちゃんのトークショーをお届けします。

Pocket
LINEで送る

FIFAワールドカップに日本代表が登場していた時は、青山敏弘選手のことが気になって、サンフレッチェ不足を何とかごまかしてきましたが……、もう、ヤバイ。
吉田に行かれているからは、まだいいかもしれませんが……。
私のように、広島以外を拠点にしているファン・サポは、もう、ダメ……。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

今夜は、さらに新しいサンフレッチェ広島に出会えるかもしれない。……アジア・チャンピオンズリーグ FCソウル戦

Pocket
LINEで送る

セレッソ大阪が4対0で勝ち、マリノスは0対1で に敗れた。
アジア・チャンピオンズリーグで、勝利を上げているのは、Jリーグのチームでフロンターレとセレッソだけ。その2チームも1勝のみ。
私たちのサンフレッチェ広島も、まだ、未勝利。そして今夜、
ホームのエディオンスタジアムで、FCソウルを迎え撃つ。
今夜こそ、アジア・チャンピオンズリーグで、勝ち点3を挙げて欲しい。

586

続きを読む

Pocket
LINEで送る

サンフレッチェ広島の新2トップ  青山敏弘キャプテンと千葉和彦選手会長

Pocket
LINEで送る

ミキッチとカシッチ。
寿人・岳人・卓人。
森崎ツインズ。
などなど、
サンフレッチェ広島には、なんとなくのグルーピングができる選手たちがいるのですが……(まあ、お遊びですが……w)
今日は、サンフレッチェ広島の新2トップ、ということで、ご紹介しましょう。
新2トップとは……。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

千葉ちゃん、に全国区の光が当たり始めた……フォルランのおかげで、やべっちFCで千葉ちゃんのインタビュー

Pocket
LINEで送る

完璧には見てないんです。録画はしてあるのですが。起きたら千葉ちゃんのインタビューの途中だったんです。やべっちFC。
千葉ちゃんが、フォルランを完璧に抑えたことについて聞かれていて、軽妙洒脱に、しかしフォルランに失礼のないように、返答しているなあ、といった感じのことを、半分眠っている意識の中で感じてはいたのですが。そのインタビューに対して、やべっちがワイプで「千葉ちゃんイイね」とコメントしていたような……。
今、私は出張先で、自宅のハードディスクを確かめられません。故に、こんなもどかしい書き方になっているのですが……。

千葉ちゃんは、トリックスター的リーダーだ 続きを読む

Pocket
LINEで送る

進化する選手会長=千葉ちゃん  今年は、全ホームゲームでサンフレ劇場を!

Pocket
LINEで送る

サンフレッチェ広島のサッカーは、宮崎でキャンプを実行中。ということは、進化中、ということなのですが、
進化といえば、この人、新選手会長=千葉和彦でしょう。
面白いかどうか、は別として!
千葉ちゃんは、とりあえず、どんどん進化していってます。

サンフレッチェ広島キックオフミーティングで、千葉ちゃん、やってくれたみたいですね。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

千葉和彦 雨ニモマケズ……カッコイイとは、こういうことだ。優勝祈願での選手代表した挨拶は自作?の詩

Pocket
LINEで送る

仕切っていた女性アナウンサー的な人は、間違いなく、「佐藤寿人選手にお願い致します」と言った。
今、ツイキャスの録画を確認したのですが

「今シーズンの抱負と
 本日ここにお集まりいただいた皆様に、メッセージを頂きたいと思います。
 選手を代表して、佐藤寿人選手 ステージにお上がりください。」

 

と間違いなく、女性は言っています。
しかし、少し、やりとりがあって、登場したのは、千葉ちゃんこと、千葉和彦。
そして、そのメッセージが素晴らしいのなんの。本当に千葉ちゃんは、才能と人を惹きつける力が凄いなあ、と思います。 続きを読む
Pocket
LINEで送る

『見えてる男』 青山敏弘 青ちゃんと千葉ちゃんのオモシロエピソード 完結編

Pocket
LINEで送る

青山選手と千葉選手のエピソード。
今年の東アジアカップでの韓国戦での話。前半25分のちょっと前。千葉ちゃんが、自陣ゴール前から前線の柿谷に、ほぼノールックロングパス。これが通って、日本代表は先取点を上げるのですが。(このことをもう少し、詳しく書いた記事がこちら。まずはこちらを読んで、本記事に戻ってきてくださいね)

その時のことを、青ちゃんは、「あのパスはいつも寿人さんとやっていることだから出せました」と前置きし、さらに「あの時はスローモーションのように周囲が見えていて、点が入ってみんなが柿谷くんのところへ行っている間に、俺はベンチの方に向かって『俺、見えてたよ!』って叫んでいました(笑)
これですよ、これ。
実際、青山敏弘選手には、世にいうゾーンに入った状態で、まさに「見えていた」のですね。さらに
「たぶん、誰もあのコースは見えていなかった。でも、僕は見えていたから。後ろ向きでパスを受けて、普通はほぼ見えてないですよ。でも、見えたんです」と続けています。(インタビュー部分はエル・ゴラッソ年末特大号から)

で、『俺、見えてたよ!』と叫んだ時にベンチに、千葉ちゃんがいたんですよ、私たちの千葉和彦が。
これ、千葉ちゃんに見られるとヤバいでしょうw。

千葉ちゃんは、その時の青山のことを、からかうそうです。まあ、千葉ちゃんにとっては、絶好の素材ですよね。
練習中でも「トシ、見えてるねぇ」。
これ、笑えますよね。
青山選手は、そんな千葉ちゃんのイジりに対して「おお、見えてるよ」と返すそうですがw

青山選手らしい、そして千葉ちゃんらしいエピソード。いい雰囲気のサンフレッチェ広島。
私は、そんなサンフレッチェ広島が、大好きです。

それにしても、青山選手、凄いですよね。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

連覇を決めた鹿島戦、私が勝利を確信した理由……キックオフ直前、溢れる笑顔……千葉和彦マジック!

Pocket
LINEで送る

サンフレッチェ広島が連覇を達成!
のちのち奇跡の連覇と語り継がれるでしょう。そして、最終節の鹿島戦。
この一戦のキックオフ直前に、サンフのセンターバック千葉和彦が、優勝のためのマジックをフィールドの選手に仕掛けていたとは……。

◇鹿島戦のキックオフ直前で、私は勝利を確信
私は、BSNHKで生中継を見ていたのですが、キックオフ前にサンフレッチェ広島の勝利を確信しました。
なぜか。
それは佐藤寿人はじめ、多くの選手が笑っているのです。この、優勝が決まるか決まらないかの最終節の大一番のキックオフ直前に、笑っているのですよ。どういうメンタリティーなんだ、このリラックスぶりは、と感じ、まず、サンフレッチェ広島の勝利を確信しました。
一方の鹿島は猛烈に気合の入った表情だったと記憶しています。特に小笠原。
しかし、こういう大一番の時は、気合ももちろん大切ですが、リラックス、普段通りという方がえてして強いものです。

広島の選手の笑顔は、メンタリティーの強さだと思いました。森保監督が掲げる一戦必勝は、どんな試合であろうと、その一戦に勝つことを心がけること。134節という流れを大切にしながらも、一戦一戦に集中する、と2年近くやってきているわけで、そういうメンタリティーがこのゲームのキックオフ直前でも保たれていたのだろう、と私は考えました。
結果は終わってみなければわからないけど、最終節まで優勝を争うことができる、今はそのことに喜びを感じる、そういう笑顔なんだろう、と思っていました、ところが……それだけじゃなかったんです。千葉ちゃんが、とんでもないマジックを切っきオフ直前に仕掛けたんですね。 続きを読む

Pocket
LINEで送る