タグ別アーカイブ: こやのん

小谷野薫

サンフレッチェ広島の真の戦略家は……「こやのん」。その戦略と実行力を、次は何に活かせるのか? 問われるのは広島市民の意識

Pocket
LINEで送る

先週の土曜日、悔しい思いをした神戸戦。前半から、後半みたいに攻めろよ、そうれならカウンターの1点くらい何でもないって、って、今日は、ゲームの事じゃなく、特筆すべきは……

もう、雨がふることは確約されていた土曜日。お昼ではなくナイトゲーム。(なんでこの時期ナイト・ゲームするんだろう???)

それで1万1千人以上入ったエディオンスタジアム。

これを多いと見るか、少ないと見るか……。

私は、結構入ったなあ、と正直思った。

今は、コンスタントに1万人から2万人。

エディオンスタジアムの場所を考えたら、入るほうだと思います。
マジで。
このサイトでも何度か書きましたが、
親子三代のカープ女子=とにかくカープ大ファンが、
ズームズーズスタたジアムが、今のエディスたの場所にあったら
「絶対に行かない」
と断言しているほどの場所ですから。

で、思えば。

数年前までは、1万人もなかなか入らず、累積赤字がたまり、
言ってみれば「潰れる寸前」だったサンフレッチェ広島。

これを立て直したのは、
そしてコンスタントに1万人以上入るようにしたのは

誰あろう、
「こやのん」こと、小谷野薫 前社長だったわけです。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

広島に帰る飛行機の中で。今年のサンフレッチェ広島を思う

Pocket
LINEで送る

いろいろ思うことがあって、最近、このサイトの記事が、なかなか書けなくなってしまった。
小谷野社長が広島市長に立候補すると決めてから、突然、色めき立ったように、いろんなものが動き出したような気がする。
何なんだ、あの、市民球場跡地の屋根付き広場……。
本当に、広島市と経済界と、まあ、現市長も含めて、醜さが炙りだされてくる。

了見が狭い、私物化、律速、古い、邪魔……色々なキーワードが浮かんでくる。

一体何なんだ、と、呆れてものも言えないことがいろいろ飛び出してくる。

この件に関しては、サッカースタジアム問題も大きく関わってくる。
けど、あんまりこのサイトでは書かないようにしようと思っています。
公職選挙法もあるしね。
ということで、サンフレッチェ広島のことを書かなきゃね。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

こやのん

サンフレッチェ広島のためではなく、広島市のための、広島市長への立候補、こやのん=小谷野薫社長

Pocket
LINEで送る

本当だとしたら、凄い発想と実行力だ。
小谷野薫=こやのんが、広島市長戦に立候補。

なるほど。なるほど。

これ、絶対にありですね。

サンフレッチェ広島のスタジアム問題があるから「絶対にあり」と言っているのではなく、これからの広島市の行政は、経営に長けた人がやるべきだと思うからです。

広島市や広島県の人口は、どんどん減っていく

まず、日本全体がそうであるように、広島市も人口は減っていきます。
「いや、増えてるよ」と反論する方もいらっしゃるかもしれません。確かに、今現在は増えているかもしれません。ちょっとデータの覚えがあやふやでごめんなさい。
但し、増えていたとしても、それは65歳以上の人々。これは間違いないです。
つまり、社会的に、就業しお金を稼ぐ、事実として、広島市の経済を回していくメインのプレイヤーではない方々が増えているだけなのです。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

サンフレッチェ広島対大宮アルディージャ

えええっ???、今シーズンホームのゲームはあと2ゲーム??? サンフレッチェ広島、激しく逞しいシーズン

Pocket
LINEで送る

あと、残り2ゲーム。
サンフレッチェ広島のホーム・エディスタでのゲーム数は、あと、2ゲームになってしまいました。
疾い。
年を取ると、時が経つのが疾くなるのですが、それにしても、疾いなぁ。

春先、羽田空港で こやのんは呻いた。「スケジュールが……」

このサイトにこやのんのことを3回連続で書こうと思っいながら、こやのんのことを考えながら、羽田空港を歩いていたら、偶然、リアルこやのんが私の目の前に。
少しお話しをさせていただいたのですか、その時、こやのんの口から「今年はスケジュールが大変で」という発言。(その時の様子は、この記事で) 続きを読む

Pocket
LINEで送る

サッカーの神様に試されるサンフレッチェ広島 そして試されるファン・サポ

Pocket
LINEで送る

FIFAワールドカップ明け、攻撃も守備も芳しくなかった横浜F・マリノス戦。攻撃陣と守備陣がちぐはぐだった大宮アルディージャ戦。
いや、攻撃陣と守備陣を分けて考えることが既におかしいんでしょうね。

アルディージャ戦が終わった後に、こやのんが、Facebookで、次のような思いをアップされています。

サッカーの神様に私自身も試されているとも痛切に感じる。現場をこれまで以上に信じるとともに、あえて神様に「リーグ戦の連敗が止まってアウェーで勝ち点1をとれたこと」に感謝して柏戦、甲府戦の連戦に臨みたい。

私は、こやのんの、この文章を読んで、流石こやのん、と感動してしまいました。そうなんでしょうね。Jリーグを連覇しているチャンピオンチームに、神様の試練が与えられているのでしょう。

続きを読む

Pocket
LINEで送る

【個人的奇跡の報告】 リアル「こやのん」、降臨! 私の目の前に!  番外編

Pocket
LINEで送る

昨日と、一昨日と、このサイトでは、「こやのん」の記事をアップさせていただきました。(こちら【変身 篇】、と、こちら【降臨 篇】参照)
私は昨日、広島で仕事があり、早朝から羽田空港に向かいました。
頭の中は、3回連続でアップする予定だった「こやのん」の、3回目の記事の内容。
「タイトルは、どうしようなか……こやのん、危険な縦パス……こんな感じかな」と思いながら、羽田の搭乗ゲートに向かって歩いていたら、待合いの椅子がたくさん並んでいるところの最前列に、今まで頭で考えていた人物によく似た人が、座っているのです。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

こやのんは、熱く、優しい……第2回 降臨篇

Pocket
LINEで送る

本記事は、「こやのん」について書いた「第1回 変身篇」と続きです。よろしければ、そちらをまず、お読みくださいませ。

2013年シーズン。10月19日。日産スタジアム。横浜マリノスのホームゲーム。1位と2位を走る私達サンフレッチェ広島と横浜マリノスの戦いは、頂上決戦と称される優勝を左右する一戦でした。

雪さえ降ろうかという寒さの日産スタジアム。ゲームの流れは私達サンフレッチェ広島が掴みながら、斉藤のドリブル一発で、勝ち点0という結果になってしまったあのゲーム。
その結果から、多くのサポーター、ファンが、「厳しくなったなあ……」と感じたような気がします。
少なくとも私は(このアウェイの戦いを日産スタジアムで参加したのですが)、「正直厳しい。これだけ押していて1点が入らないということは……」といった、ほんの少しだけ、諦め風が吹き始めたような感じでした。
そんな気持ちで、スタジアムを出て、その周囲のエリアを、歩きながら駅に向かおうかとしてたとき、そこに 続きを読む

Pocket
LINEで送る

こやのんは、本当にすごい人だ。サンフレッチェ広島を、異次元に連れて行ってくれる人だ。 第1回 変身篇

Pocket
LINEで送る

小谷野 薫
もし、本人を知らない人には、この字面から、淑(しと)やかだが芯の強い女性を想像するかもしれません。
しかし、サンフレッチェ広島のサポーター、ファンの方であれば、
小谷野 薫さんは、誰あろう、「こやのん」であることを、知っていますよね。2013年シーズン、8月17日のホームでの名古屋戦から引き分けが2ゲーム、そして、甲府、東京、川崎とサンフレッチェ広島は3連敗。
このままズルズルと上位から落ちてしまうのか……と心配がリアルになり始めたその頃、
ゆるキャラ(と言っていいのか?)「こやのん」が登場したのです。 続きを読む
Pocket
LINEで送る