君は、進化するサンフレッチェ広島を見たか。……アジア・チャンピオンズリーグ FCソウルをエディスタで撃破

勝った。ついに勝った。
待ちに待った、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)勝利。
昨年度の準優勝チームFCソウルに2対1で勝利し、勝ち点3をゲット。星取表的には、振り出しに戻すことに成功したと言っていいでしょう。
連覇中のさんフッチェ広島=チャンピオンチームであるがゆえの厳しいスケジュール。
難しいコンディショニング調整。なかなか戻らない主力の調子。さらに選手会長千葉和彦の怪我……。

しかし勝った。しっかりとした強さを、サンフレッチェ広島らしさを見せつけて。

やはり、進化のプロセスを見せてくれたサンフレッチェ広島

3バックも大丈夫

千葉和彦が足首を痛めて出場できない。出場したのは、帰ってきた丸谷拓也
日テレの深夜にやっていたダイジェストを見ると、守備に緩いところがあったのは否めない。
前半、バーを叩かれたミドルシュートなど、ディフェンスの寄せが甘いところを、しっかり突かれているような印象だった。
後半の失点は、クリアミスのような印象も受けた。
が、最低限のディフェンスのレベルは保てたのだと思う。丸ちゃんがしっかりやってくれた。これからも大丈夫だ。

カシッチ、シバッチがいい感じ

ゲームをダイジェストでした見ていないので、なんとも言えないのだが、Twitterや、特派員(現地参戦した友人w)らの情報によると、カシッチとシバッチが、とにかくいい、ということだ。
シバッチ(あ、柴崎選手です)は、リーグ戦にも何度か出場していて、そのフィットぶりはもう、みなさん、納得だろうが、カシッチ(柏好文選手)はまだリーグ戦に出場していないけど、とにかく、いい、とのこと。
ごめんなさい、見てないので、猛烈にゆるい表現になっていますが……。
そして、後半途中から本家ッチミキッチ登場
広島の攻撃は、時間が経つとともに、衰えるどころが、まるでターボのように加速した。
さすがに、キャプテン青山敏弘選手は、疲れていたみたいですが……。

寿人のおしゃれパスから、高萩のおしゃれゴール

ゴール前がふさがってると判断した絶対エース佐藤寿人は、高萩洋次郎の前にスペースが有ることを、自分にパスが来る前から知っていた。だからボールを受けるや、躊躇なく、洋次郎にパス。これがおしゃれ。
そして洋次郎は自分の前にあったスペースを利用し、これまたおしゃれなループ。広島らしい先制点。


【現地映像アップ感謝です】

決勝ゴールは、塩谷司の「いつもの」ゴール

最近のターミネーターは、天才塩谷司
ゲームを決めるのは、この金狼。
相手陣サイドで、サイドラインギリに放たれた相手スローインを、キャプテンマークも凛々しい青山がカットして奪うと、やはりサイドに張っていたミカにパス。
ミカは、やや中央にまで攻め上がっていた司にパス。司は洋次郎にパスしてそのままゴールへ向かって走る。相手の最終ラインをスルスルっと追い越す直前に、洋次郎からワンツーで返ってきたボールを、詰めてきたキーパー。をかわす絶妙のタイミングで緩やかなループシュート。
ミカから司にパスが出た瞬間、既にゴールのにおいがした。どこまで伸びるのか、塩谷司は。
インタビューで「好調の要因は?」と問われて「金髪ですかね……」の受け答えも、らしくていい。


【現地映像アップ感謝です】

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を戦える歓び

やはりアジア・チャンピオンズリーグは、いい。
アジアオセアニアを相手に、戦うのは、リーグ戦とはまた違った歓びがある。
JリーグのDivision1の多くのチームは、昨日から始まったナビスコカップを戦い始めたが、私たちサンフレッチェ広島は、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を戦っている。そしてアジア・オセアニアで、威風堂々の戦いを繰り広げている。
罰ゲームだなんて誰が言った? アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)ば、Jリーグの強いチームに、トップチームに、チャンピオンに許された、世界へ通じるゴールデンロードなのだ。
確かに、スケジュールは厳しい。Jリーグは、そこをしっかり調整して欲しい。
しかし、それはそれとして、リーグ戦と平行して、アジア・チャンピオンズリーグを戦うことができる歓びを全身で感じて、さらに、応援し、勝利の後押しをしていこう。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です