サンフレッチェ広島、セレッソ大阪に快勝!……Jリーグ開幕戦、やはり主役はサンフレッチェ広島。

後半に入って、しばらくしてから、何となく守備位置が高くなり、前線からのプレスも効いてきて、
私たちのサンフレッチェ広島が、得点を取りに行っている、という雰囲気がプンプンとしてきていました。

24分頃、パクヒョンジンが左サイドの高い位置でパスカット。中央の岳人にパス。岳人はワンタッチで左サイド奥へ。そこに入ってきたのは、数分前に寿人と交代で入ってきた拓磨(浅野拓磨)。拓磨は躊躇せず、グラウンダーのセンタリング、そこに石原直樹が詰める。
残念ながら得点には至らなかったものの、明らかに、時間の問題。ゴールの予感は高まりました。そして……

そして、エクスタシーがやってくる

最終ラインを高めに取り始めたサンフレッチェ広島。千葉ちゃんがボールを持ってセンターラインを少し超えたところで、自分より少し後ろの右サイドにいた司(塩谷選手)にパス。
後半だいたい25分40秒ちょっと前。司から右やや前方で待つ岸さん(山岸選手)にパス。山岸選手は、拓磨が入ってからは、右サイドにポジションを変更しています。で、岸さんは、岳人トパス交換のち、上がってきた司にパス。司は青山?にパスを出して、さらに上がる。青山は更に前の岳人へ。岳人は前に走りだした直樹にパス。直樹はペナルティエリア直前で受けてドリブルでエリア内へ。セレッソのもうチャージもものともせず、ゴールに迫るも、やや右方向へ押しやられる。ゴールラインに近づいたところで体制を建て直して中へ中弾道のパス(本当に直樹さんは凄い)。そこに上がってきていた塩谷司が左足のボレー一閃!
25分55秒頃。千葉ちゃんからパスが出てから15秒後に、歓喜の瞬間が訪れた。

(現地動画、アップ感謝です)

その後も、ビッグチャンスが訪れる。
柴崎が相手ボールをセンターサークル内で奪いそのまま縦に上がっていき、自分の左後ろから駆け上がってきた拓磨にパス。拓磨は、やや左を駆け上がってきた岳人へ、ペナルティエリア内へのこれも絶妙なパス。しかし岳人、これをゴール右へ外す。
正直これは、入れなければいけないシュート。決定的でした。
次は決めてくれるでしょう。

また、ゲームの終盤では宮原も登場。これから経験を積んで、主力に育ってくれることでしょう。イケメンとしても、サンフ女子(腐女子じゃないよ)を増やしてくれるでしょう。

さらに強くなったサンフレッチェ広島を感じたゲーム

層が、本当に厚くなった

先週の土曜日のゼロックスから、今日が3ゲーム目。森崎ツインズ、高萩、ミカ、航平、カシッチ、そして今日、ファン・ソッコ(状況はまだわかりませんが)。
主力クラスの選手が7人も傷んでいるのに、ここまで強い。誰が出ても遜色のないチーム。層が厚くなったことを感じました。
しかし、ここまで選手が揃わないというのは、問題です。何が原因なのか、しっかり分析し、故障を極力少なくする体制を整えたいものです。

盤石のディフェンス

セレッソの決定的なチャンスは1回か2回くらいだったと思います。終盤に一度崩されました。これはヤバイと思いましたが
それ以外は、とにかく安定してました、ディフェンスが。シュートを打たれても、しっかりコースは切れているので、安心できます。
広島の場合、引いいて守る時間帯があるので、押し込まれているように見えるのですが、実は、そうでもない。しっかりブロックを作り、ディフェンスに引っ掛けてそこから反撃に転じる。まあ、ハラハラはしますが、大丈夫。
また、卓人がいいですね。長身ですし。卓人も含め、サンフレッチェ広島のディフェンスは、昨年より、さらに強くなっていますね。
ラインを下げる時と、上げる時と。切り替えがうまく行っていると思います。どういう時に上げるのか、下げるのか、ちょっとわからないのですが、きっと何かチーム内で決め事があるのだと思います。今度は、そのあたりも注目すると面白いですね。

フォルラン、やはり凄い

まだコンディションは上がっていないのでしょうが、やはり一つ一つのプレイは素晴らしいと感じました。ポジション取りや供給するパスが、いちいち局面を打開する、新しい展開のきっかけになる、そんなボールを供給できるのですね。
今後も注目でしょう。

開幕戦で、セレッソ戦で勝った意義

このゲームで、しっかり勝利したのは、色んな意味で大きいです。
柿谷、フォルランでマスコミ的に注目の集まる、またNHKの全国中継もあったゲームで、強さをしっかりアピールすることが出来ました。
また、サンフレッチェ広島以外の他の17チームも、「広島強し」の印象を抱いたことでしょう。まあ、実際強いのですが、とにかく、強い、ヤバイ、という印象をあたえることは重要です。戦う前から相手をビビらせる事ができますからね。
また、今季公式戦ほぼ1週間で3ゲーム目。主力クラスを故障で欠きながらも、飛ぶ鳥を落とす勢いのセレッソに対して完全勝利。
これはサンフレッチェ広島の選手のみんなにも、しっかりとした自信を持つことができたでしょう。いや、自信が確信に変わったことでしょう。
私なんかは、もう、3連覇は決まった。目指すは4連覇、とか思ってしまうのですが、
それでも、サンフレッチェ広島は、一戦必勝。平常心で、勝ち点をどんどん積み上げてくれることでしょう。

P.S.
NHKの実況のアナウンサー:松野靖彦 氏が素晴らしかったです。各チームの特徴をしっかり勉強し、状況を把握して、適切なコメント。また、タイムリーな質問を解説の福西崇史 氏に投げかける。
このアナウンサーの実況で中継を見た人は、面白さも増加したと思います。
これからも、松野靖彦アナウンサーで、中継を増やしてくださいませ。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です